2018-02-03 23:24 | カテゴリ:未分類
2月最初の練習でした。

仕事などの都合で数年足吹から遠ざかっていたメンバーも復帰しました。

定期演奏会の本番まであと1ヶ月です。

アンコールの曲も決まったので、ラストスパートです。

2018-01-21.png

今回の曲で、悩めば悩むほど吹けなくなる箇所があります。
譜面的にはたわいもない部分ですが、どうしても苦手です。

そろそろ確信の持てる演奏できるようになりたいです。

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-11-25 23:52 | カテゴリ:未分類
明日が市民音楽祭ということで、そちらの曲を中心に練習しました。
今回は「チャーリー チャップリン セレクション」です。
出演者もお客様もちょっと年齢が高めの方が多いので、先日のプロムナードコンサートの演目から、この曲をチョイスしました。
チャーリー チャップリンは言わずと知れた「喜劇王」ですが、決して恵まれた環境で育ったわけでなく、自分の才能だけで「サー」の称号(イギリスの栄誉称号)を拝するまでになった方です。
自分が演奏をする立場からすると、どうしても演技より音楽が気になってしまうのですが、チャップリンは音楽の才能も素晴らしいです。
音楽にも彼の優しさ、愛情、風刺、栄光、様々な感情が描写されています。
後々の音楽家たちにも影響を与えているのも事実です。

足吹は以前、「ニュー サウンズ イン ブラス」のシリーズでチャップリンの曲のメドレー(ライムライトとモダンタイムズがメイン)を吹きましたが、今回のメドレーは、その時と違い、色々な曲が入っています。
私も初めましての曲が結構ありましたが、実は聞いたことがあるような曲ばかりです。
改めてチャップリンに感謝ですね。

またラストの歌伴奏は「栃木県民の歌」と「足利市歌」。
一年おきのオーケストラと交代で歌伴をしています。

いい演奏ができるように頑張ります。
2017-07-29 23:26 | カテゴリ:未分類
木管はかなり出席率が良かったですが、金管は色々な都合が重なって残念な出席状況でした。
そもそもクラリネットはソロクラ以外は複数人で一つの楽譜を吹くので、パートが0人にはなりにくいですが、それ以外のパートは、1人休めば0になってしまいますね。

チャーリー・チャップリンのメドレーが新しく配られました。
ライムライトのテーマはとても有名ですが、それ以外もどこかで聞いたことのある曲です。

Ebクラリネットのソロがあるので(原曲通りだそうです)、ドキドキです。
こちらはモダンタイムスの曲で、最近CMで使われていたと思います。

新曲が配られるとちょっと嬉しいのは私だけでしょうか?

次の水曜日の練習の後、足吹は夏休みになります。
8/5(土)は足利市の花火大会のため、練習がお休みになります。
12、16はお盆絡みなのでお休みで、間の9日もお休みにしてしまったので、2週間のお休みとなってしまいました。
ただし有志でパート練習や個人練習をするので、私も参加したいと思っています。

久しぶりに楽器の写真も撮影。



金属のリガチャーから皮のリガチャーに戻しました。

2017-04-15 23:06 | カテゴリ:未分類
今日は年に一度の総会の日です。

そのためいつも土曜日は休憩を挟んで練習をするのですが、早めに合奏練習を終わらせて総会をやるため、休憩なしで20:15まで練習しました。

荒野の七人
サリュート・トゥ・ザ・シネマ
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ニュー・シネマ・パラダイス
パイレーツ・オブ・カリビアン
アナと雪の女王
遙かなる大地へ
ポーラー・エキスプレス

だったかな?

まだ通し練習のみです。

今のところ本番は10月の予定です。
まだどういう企画になるのかもわかっていないので、具体的な目標はありませんが、配られているのが映画音楽ばかりなので
・メロディーがわかりやすい
・知っている曲
・場面場面の転換が面白い
などで吹いていて楽しい曲ばかりです。

以前にやった曲、練習をしたけど仕上がらずに断念した曲、などいろいろありますが、また新たに練習が始まった曲は楽しいです。

今年もコンクールは出ない予定なので、課題曲、自由曲の練習はありません。

今までは3月に定期演奏会が終わると、すぐに5~6月のプロムナードコンサートがあり、続けて吹奏楽コンクール、と今の時期、予定のない曲を演奏しているなんて考えられなかったのですが、プロムナードコンサートの時期が9月はじめになったので、大分スケジュールが変わっています。

さらに今年はいつも使っているホールが改修で9月末まで使用不可なので、さらに日程変更になってしまいました。
10月分から会場貸し出しが再開され、運良く空いた日程を押さえることが出来たのですが、足吹としても10月のプロムナードコンサートは経験がなく、若干の戸惑いがあります。
ホールが使えないということで一度はコンサートの開催を諦めようという話しもあったので、ただいま仕切り直しの企画中です。

でもまた楽しいコンサートにしますよ!


さて予定通り練習を早めに切り上げ、総会を開催致しました。

2016年度の決算報告、2017年度の役員承認、2017年度の行事予定の発表、規約の改訂(団費の値上げ)、という内容です。
決算報告、規約の改訂が私(事務局)の役割です。

もちろん決算は事前に監査も受け、団費の値上げについては役員のミーティングで承認をいただいていますが、やはり総会で可決されるまでは、何かドキドキですね。



議案はすべて可決され無事に2017年度の総会が終了致しました。

また1年間お金の管理頑張ります.
もういい年なので定年も考えなければなりませんが・・・
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-03-11 22:51 | カテゴリ:未分類
先日の演奏会の映像ができたので、昨夜見ました。

細かいところを言えばキリがないですが、特に委嘱作品の「愛のうた」は大人の演奏ができました。


そしてもう一曲メインの「ローマの祭」

足吹3回目のチャレンジです。

結構難しいので、メンバーから「やめよう!」の声も上がりました。

しかしせっかくの記念演奏会なので、頑張りました。

完璧には遠いかもしれませんが、頑張りました。


そして今回の映像を見た後、25年前、第15回定期演奏会の「ローマの祭」を見ました。

何とこの時にのっていて今回ものったメンバー、15名です!

今回、お手伝いも何人かはいますが、約65名中15名が25年前にものっていたってすごいと思いませんか?

では、当時の美人コンミスの写真をご紹介!



後ろにうつっているトロンボーンは現団長。

お互い若いです。

このときは市販の楽譜でした。

個人的には今回の夫アレンジのものの方が好きです。
でも、難しいところは同じです。

この曲元々が管楽器も活躍している曲だから、聴かせどころは同じなので、編曲が変わっても原曲通りのところが多いです。

足吹を引退するまでにあと一回くらい吹けるかしら?
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)