2018-05-19 23:16 | カテゴリ:未分類
水曜日は集まりが悪かったのですが、今日はぼちぼちですね。

やはりある程度の人数がそろうと合奏も楽しいです。

慢性的に足りないパートもあるので、新入団員も常時募集中です。

個人的にはリードの選択ミスをしてしまい、ピッチが大荒れでした。
挽回せねば・・・。

先日購入した
譜面台用のトレイですが、こんな感じで使っています。

fc2blog_201805212337464ab.jpg

リードケースやボールペンなど置くのにちょうどいいです。
リードケースは足元に置くしかなかったので、取りやすくなりました。

でもリードのチョイスをミスったら、どうにもなりません。゚(゚´Д`゚)゚。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2018-03-04 23:04 | カテゴリ:未分類
今日は足利市民吹奏楽団 第41回定期演奏会 本番でした。
とてもいい演奏ができたと思います。

先週あたりからブログもサボっているので、細かいことは、あとでまとめなくちゃ、と思っています。
自分の記憶のために記録するという、安直な思いですが。

いろいろ差し入れいただき、ありがとうございました。
写真だけ掲載します。

















【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2018-02-03 23:24 | カテゴリ:未分類
2月最初の練習でした。

仕事などの都合で数年足吹から遠ざかっていたメンバーも復帰しました。

定期演奏会の本番まであと1ヶ月です。

アンコールの曲も決まったので、ラストスパートです。

2018-01-21.png

今回の曲で、悩めば悩むほど吹けなくなる箇所があります。
譜面的にはたわいもない部分ですが、どうしても苦手です。

そろそろ確信の持てる演奏できるようになりたいです。

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-11-25 23:52 | カテゴリ:未分類
明日が市民音楽祭ということで、そちらの曲を中心に練習しました。
今回は「チャーリー チャップリン セレクション」です。
出演者もお客様もちょっと年齢が高めの方が多いので、先日のプロムナードコンサートの演目から、この曲をチョイスしました。
チャーリー チャップリンは言わずと知れた「喜劇王」ですが、決して恵まれた環境で育ったわけでなく、自分の才能だけで「サー」の称号(イギリスの栄誉称号)を拝するまでになった方です。
自分が演奏をする立場からすると、どうしても演技より音楽が気になってしまうのですが、チャップリンは音楽の才能も素晴らしいです。
音楽にも彼の優しさ、愛情、風刺、栄光、様々な感情が描写されています。
後々の音楽家たちにも影響を与えているのも事実です。

足吹は以前、「ニュー サウンズ イン ブラス」のシリーズでチャップリンの曲のメドレー(ライムライトとモダンタイムズがメイン)を吹きましたが、今回のメドレーは、その時と違い、色々な曲が入っています。
私も初めましての曲が結構ありましたが、実は聞いたことがあるような曲ばかりです。
改めてチャップリンに感謝ですね。

またラストの歌伴奏は「栃木県民の歌」と「足利市歌」。
一年おきのオーケストラと交代で歌伴をしています。

いい演奏ができるように頑張ります。
2017-07-29 23:26 | カテゴリ:未分類
木管はかなり出席率が良かったですが、金管は色々な都合が重なって残念な出席状況でした。
そもそもクラリネットはソロクラ以外は複数人で一つの楽譜を吹くので、パートが0人にはなりにくいですが、それ以外のパートは、1人休めば0になってしまいますね。

チャーリー・チャップリンのメドレーが新しく配られました。
ライムライトのテーマはとても有名ですが、それ以外もどこかで聞いたことのある曲です。

Ebクラリネットのソロがあるので(原曲通りだそうです)、ドキドキです。
こちらはモダンタイムスの曲で、最近CMで使われていたと思います。

新曲が配られるとちょっと嬉しいのは私だけでしょうか?

次の水曜日の練習の後、足吹は夏休みになります。
8/5(土)は足利市の花火大会のため、練習がお休みになります。
12、16はお盆絡みなのでお休みで、間の9日もお休みにしてしまったので、2週間のお休みとなってしまいました。
ただし有志でパート練習や個人練習をするので、私も参加したいと思っています。

久しぶりに楽器の写真も撮影。



金属のリガチャーから皮のリガチャーに戻しました。