2007-01-29 07:32 | カテゴリ:未分類
良かったです!
でもさすがに疲れました。
感想諸々はのちほどゆっくり。
今朝やっとの事で起き出して、これから仕事です。
別な意味で気合い入れなくちゃ。
2007-01-27 00:34 | カテゴリ:未分類
練習です。
本番直前なので今日金曜日(あと10分で日付が変わりますが)も練習です。
仕事が終わらず、会社を出たのが20時、ホールに着いたときには合奏が始まっちゃっていました。
今日の練習は1部のマエストロがふる曲2曲が中心でした。
祝典序曲は毎度記念演奏会の定番ですが、私自身は今吹いている調がまだインプットされていません。
この調で吹くのは2回目(いったい全部で何回吹いているの?)。
なんて書いていたら、突然横から「今年の自由曲、決めたから!」とのお言葉。
「えーーーーっ。」っていう感じ?
曲目は聞いたけどまだ秘密。
本番前に衝撃の出来事です。

今回の曲はみんな良い感じの仕上がり具合です。
お客様もかなり入る見込みで、本当に記念の演奏会になりそうです。

マエストロの仕上がり具合も良い感じらしいです。
今日、マエストロにオフコースのベストアルバムを献上しました。
DVD付きの最近発売されたアルバムです。
ということで、今、そのDVDを見終わったあと、この間取り込んだレーザーディスク版のライブを見て(聴いて)います。
飲み物はさっきまで「グレンフェディック」、今は「ワイルドターキー」、昔はスコッチ一辺倒でバーボンは飲めなかったのに、最近はそれぞれの味を楽しんでいるようです。
ちなみに私が今飲んでいるのは焼酎です。
芋焼酎「魔界への誘い」、おいしいです。

あー、酒の話をしている場合じゃない!
オフコースの話でもない。
本番前ですよ!
・・・楽しい演奏会になりそうだから、いいかぁ。

書き込むときには当然、日付変わっていました。
今日の夕方にはゲネプロ、谷さんに会えます。
2007-01-26 00:37 | カテゴリ:未分類
昨日の練習は(練習報告遅れが続いています)戸田先生をお迎えしての練習でした。
当日指揮していただく「古都の夜明け」と「WARABE」です。
「古都の夜明け」は細かい部分をそろえるという感じでした。
この曲のために買ったマリンバ(個人持ち)の戸田先生への初披露でした。
前回、日曜日の練習の時、ステージ上ですごく響くのを実感しましたが、戸田先生も同じ感想を持

たれたようです。
今後、マエストロ(またの名を専属アレンジャー)の作品にはこのマリンバを多用するでしょうし

、戸田先生も、もしかしたら????

今日は会場準備で夜8時に会館集合でした。
ごめんなさい。私は仕事が終わらずいけませんでした。
明日の練習は頑張ります。

夕べ前売りの状況集計をしたら(済みません、話が時系列でなくあっち行ったりこっち来たりして

いますね。まぁ所詮独り言みたいなものなので、読んでくれている方がいたらご容赦くださいね)

、ほぼ座席数が埋まりそうな感じでした。
ということで非常に残念ですが、前売りをSold Outすることにしました。
今の状況でも読み通りのお客様が入ったら、立ち見の方が結構いると思います。
予想以上の売れ行きでした。
これはもちろんんゲストの効果ですね。
たぶん谷啓さんとスーパーマーケットのコンサートを東京で開いたら、足吹の入場券の4~5倍は

すると思います。
もちろん足吹もそれなりの価格を考えましたが、あくまで足吹35周年の「ファン感謝デー」のつ

もりなので超低価格です。
当日いらっしゃるお客様にお願いです(といっても声が届くことはないですが)。
1、1部の足吹の演奏には基本的にはギャグは含まれません。純粋に「曲」をお楽しみください。
2、2部は、足吹団員も観客の一人になりそうです(スタッフを除く)。一緒に谷啓さんの世界に浸りましょう。
3、3部はステージ(足吹とゲスト)と客席と一体になって、とにかく楽しみましょう。
4、もしかしたら座れないお客様もいらっしゃると思います。高齢者の方、妊婦さんなど譲り合っていただけたらうれしいです。
5、足吹にとって未曾有(←わかりますか?)の出来事です。団員一丸(←わかりますか?)となって頑張りましょう!!

いつの間にか日付が変わってしまいました。
本番間近です。
わくわく・どきどきです。
2007-01-23 01:21 | カテゴリ:未分類
1月20日(土)は中川喜弘さん(TP)にいらしていただいてのレッスン。
ほぼ及第点(もう古い言葉?)をいただいて一安心です。
心配は「ハロー・ドーリー」の「113」からかも?
がんばりましょうね。
この日、またまたトランペットパートのみ、特別レッスン。
個々の演奏技術は当然のことだが、やはり楽器・マウスピース・(木管はリード)などの仕掛けってすごく重要だと思う。
例えば「自分はこれ!」という信念があっても、「こっちが良いよ」と進められたら、私の場合、とりあえず試しちゃう。
だって楽器は簡単に変えられないけれど、マウスピースやバレル、リードだったらそんなに負荷なく試すことができると思う。

でも新しい楽器、欲しいよー!
ということであと2年後、ちょうどキリの年齢なので(具体的には聞かないで!)、トスカを買おうと思う。
でも今のフェスティバル(およそ18才)はとても元気でいい音を出してくれるので、迷ってしまう。
こんな好き勝手いっていると、楽器のことより自分の技術その他いろいろを心配しろって絶対言われそうですねぇ。
とりあえず今回の演奏会は「老フェスティバル+老マウスピース《バンドレンA1》+トスカのバレル《借り物》」で本番予定です。
あっ!リガチャーは迷っています。
みんな、私の音を聞きに来てねっ!
2007-01-19 01:09 | カテゴリ:未分類
演奏会、いったい何人くらいお客様が来るだろう。
ついこの間の試算では約1000人は確定。
ただし一番割合を占める団員のチケット売れ行き状況は年末の情報です。
その後(というか正月休みで)売れているはずだから、もうちょっと行くかな?

事務局宛に「本当に谷啓さんが来るんですか?」という電話があったらしい。
出たのがマエストロでさっき情報を聞いたばかりで私としては「へっ?」って言う感じ。
どういう意味かな。
1、市民バンドごときの演奏会に谷さんが出るはずない。
2、市民バンドごときに谷さんへのギャラが払えるはずがない。
3、足吹は入場券を売るために嘘をついている。
4、足吹の妄想。
5、谷さんの近い関係者から「出ない」情報をつかんだ。
6、etc

演奏会当日の「あしすい通信」ではゲストとして来てくださることになった経緯や、団員のがんばりも含め演奏会までのトピックスをご来場くださったお客様にお伝えしたいと思う。
確かに「たかが市民バンド」、一流のミュージシャンだったらお金さえ払えば来てくれるっていうもんじゃない。
でも谷さんは私たちと共演してくれる。
それは今の足吹の宝である「35年の歴史」&「団員」&「関係者各位」のおかげだと思う。
これだけは実際に積み重ねてきた私たちじゃなければ、わからないかも知れない。

まぁ、もちろんアクシデントはないとは言えない。
まして前売り1,600円で谷啓さん?と考えると疑心暗鬼になる気持ちもわかる。
だけど、私たちは「谷啓+スーパーマーケット」と一緒に演奏します。
2007-01-18 00:42 | カテゴリ:未分類
プログラムができました。
今回は35周年記念でボリュームアップ版。
今日持ち帰った団員のうち、何人くらいが「足吹の歩み」を見ただろうか?
4ページにわたる足吹創立からのトピックス。
結構、こういう記録は大事なんだなって、20周年の時に思いました。
たかが市民のサークルだから、記録なんてなくたって困るわけじゃないけれど、やっぱりたくさんの人が関わってきた「足吹」だから、何か残しておきたいというのが私の思いです。
いつか、暇になったら(なるかどうかが疑問だけど)本格的に記録をまとめたいと思う。
たぶん早くても5年や10年先だから、PCの環境やいろいろ進化するはず。
そうすれば個人でも良いものが作れると信じて、今は日々の記録を残すことを心がけよう。
思えば、1998年頃音源を取り込んでCD化できるとう環境が普及し始めて、とてもうれしかったです。
あの頃、わからないながらもいろいろ試して、演奏会のCDを作ったりもしました。
取り込んだ音が音飛びして、いろいろ条件を変えて試しても解決しない、とかありました。
PCのスペックだったかサウンドカードのスペックだったかわかりませんが試行錯誤の連続でした。
今、結構ストレスなくそういうことができる環境ですが、何しろ時間がない。
2006年は過去のコンクールの音源をデジタル化しました。
今後の課題は?
実は足吹の音源のほとんどはデジタル化されています。
アナログのオープンリールのテープも数年前、HDに取り込んであります。
転写が始まっていたけれど、とりあえずその時点のデータ化は完了しています。
DATも結構取り込み済み。

50周年までには(いくつになるんだろう!)頑張ろう、、、、と思い、、、ます。
2007-01-14 22:36 | カテゴリ:未分類
昨日の練習では音程のひどさが目立ってしまった。
自分の音が基準の音に対して、高いか低いかわからない人もいる。
でもこういう人は「違う」のがわかるだけ可能性があると思う。
自分の音を上げてみるか下げてみるかすれば合うはずだから。
困るのは、音程が違ったときに、アンブシャーで調整してそれで満足しちゃう人。
次に出す音はどのアンブシャーで出すの?
楽器なんて何年も同じ楽器を使うことが多いのだから、ピッチなんてせいぜい季節で若干変わる程度じゃないかな。
もちろんマウスピースを変えたり、体調の都合とかもあるかも知れないけど、自分の楽器の癖は把握して欲しい。
まったく狂いのない音は合奏の中では無理だと思うけれど、少なくとも許容範囲の中にいて欲しい。
その許容範囲は全国大会に出られるような一般バンドに比べたら、かなり広いはずだから。
音楽が好きだったら、絶対気持ちいい音程にたどり着けるはずだから、今苦手な人は頑張ってもらいたいと思う。
2007-01-12 00:50 | カテゴリ:未分類
ま、まずい。
あっという間に一週間過ぎてしまった。
このままではまた三日坊主に戻ってしまう、、、。
ということで気持ちも新たに仕切り直しです。

あと本番まで練習もカウントダウン状態。
今回は曲自体の演奏レベルはそんなに高くないのに、まとめるのが難しい。
昨日(水)の練習でも、つまらないところで、引っかかってしまう。
みんな、頑張って気合い入れようねー。
もっとも、気合いだけでうまく吹けるわけないけどね。
「楽譜の通りの音を出す」というのは基本中の基本だけど、それだけじゃ音楽にならないですよね。
基本をしっかりと、そしてあとは気合い?
自分の「音楽に対する気持ち」が最後に音の違いに出るんだろうなぁ。
あと約2週間。
演奏会が楽しくなるように気持ちを込めて、吹こう。
(間違うと隣の席からだめ出しもらうし、うちに帰ってからはマエストロにおこられちゃうし)

今回の演奏会、精一杯、楽しもうと思う。
こんな機会、なかなかないものね!

ホントに楽しくやろうね!みんな!
2007-01-03 22:33 | カテゴリ:その他
新巻鮭の解体ショー
1月2日に新巻鮭を解体した。
久しぶりの大きな魚なので「解体」。
確か10年以上前に一回「ぶりの解体」した記憶が、、、。
それ以外はさんまやあじくらいしか卸してないなぁ。
いやー、手強かったですね。
凍っていたのを解凍して卸したので、冷たいし、中骨に身がいっぱい残っちゃうし。
でも卸したのを早速焼いて食べたら、おいしかったです。
思っていたより塩が強くなかったし、脂も結構のっていました。
そして今日1月3日は(身がいっぱいついた)中骨と頭のあらを使ってみそ味の三平汁を作りました。
三平汁は本当は塩味なんだけれど、みそ噌味の方が好きなのでアレンジ。
おいしくできました。

今日、11月3日の原さんのコンサートのDVDを見た。
楽器が吹きたくなっちゃった。
6日の練習はじめが会社の新年会でお休みするから、あと1週間、楽器吹けない。
吹けないというのは間違いですね。
吹かない、が正解。
吹こうと思えば明日でも吹けるわけだから。
でも、イメージトレーニング止まりかな、明日は。(←なまけもの!)
2007-01-01 00:36 | カテゴリ:未分類
とうとう2007年です。
今年はどんな年になるかな。
まずは定期演奏会を成功させたい。
それから去年よりは少し上手になりたい。
今年は細かいパッセージを娘に頼るようなことは(なるべく)しない。

でも何はともあれまた1年間、音楽を楽しみたい。
去年過去のコンクールの音源をデジタル化したので、次は他の音源もデジタル化したい。
もちろん最近は演奏会の録音も整理していないので、それもやらなくちゃ。
やりたいことはいっぱいある。
あとは実行に移すだけ(これが一番難しい)。