2007-03-20 12:41 | カテゴリ:未分類
最近、加齢による視力障害疑惑が持たれていたT氏ですが、このたび検眼の結果、裸眼で0.4程度の近視であることが判明いたしました。
すなわち指揮台に置いたスコアの小節番号が判読できなかったのは、近視のせいであることが証明され本人は胸をなで下ろしているようです。
しかし眼鏡仕様はやむなく、今後も「近視のめがね」とことあるごとに解説な状況ではあるが「温かく見守って欲しい」とはT氏の美人妻M子さん談。
2007-03-16 23:50 | カテゴリ:未分類
「お気に」だった末娘が家を出てしまって(自分の夢のため都会へ旅立ってしまった)急に寂しくなってしまったマエストロ。
昨夜、私が家に帰ったら(10時頃?)長男と二人、クラシック三昧でした。
シベリウスやチャイコフスキーなど(今回はベートーベンじゃありませんでした)、楽しそうに聴いていました。
私も相づちを打ちながらも「きらきら○○○、見たいなぁ」と心の中で考えていました。
コンクールの自由曲、まだ全くの白紙ですが、昨夜の様子ではチャイコフスキーあたりのクラシックも覚悟しておいた方が良いかもしれません。

明日(17日)は長女の卒業式。
午前卒業式で午後は卒業演奏会です。
演目はこてこてのモーツァルト、楽しみです。
私も昔、2楽章を吹きました。
今回、娘は1楽章です。

あぁ、やっと子育てが終わる・・・。
寂しいようなうれしいような。
さて、落ち着いたら「トスカ」買っちゃおうかなっ!
2007-03-14 00:43 | カテゴリ:未分類
昨年11月に共演した(というほどではありませんが)鈴木直樹さんのコンサートに行ってきました。故鈴木章治さんの甥御さんです。
「鈴懸の径 Old Good Concert」と題されたこのコンサートは少し前の時代のJAZZのナンバーを中心にしたコンサートでした。
バックのメンバーは鈴木章治さん縁の方々もいらして、とてもほっとする演奏でした。
少し残念だったのは、「ワインを片手に」というコンサートじゃなかったことですね。
帰ってきて先行発売されたCDを聴きながら、グラスを傾けました。
鈴木直樹さんはお酒を召し上がらない方なので、「一緒に飲みましょう」というわけにはいかないので、「一緒に演奏してください」とお願いしてきました。
もちろんん個人的にではなく、足吹とですよ!
快諾していただきましたが、これから日程や共演のスタイル(吹奏楽との共演は今までないようです)など打ち合わせして決定したいと思いますが、ぜひ実現したいです。
クラリネットの皆さん、お楽しみに。
そしてサックスの皆さんも!
今回のコンサートではカーブドソプラノサックスでの演奏も素敵でした。