2008-09-30 23:13 | カテゴリ:未分類
10月5日にいつもお世話になっている原正夫さんの音楽活動40周年を記念するコンサートが行われます。
2006年11月の原さんのコンサートで足吹の一部ですが参加させていただきましたが、このときと基本的には同じメンバーで今回もまた参加することになりました。

下↓はそのときブログに書いた内容です。(このブログはアクセスの際にエラーになってしまうことが重なったため、今のブログに移ってしまいました)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2006/11/7「(無題)」  
11月3日、5日と本番が続きました。
11月3日は足利在住のジャズピアニスト、原正夫さんのコンサート。
なんと「サプライズ」ということでプログラムにも出演は伏せて、演奏に参加してしまいました。
曲目は「聖者の行進」。クラリネット、トランペット、チューバ各1本とトロンボーン4本の超変則編成です。
プロミュージシャンに混ざって、「演奏させていただいた」状態でしたが、楽しかったです。途中歌まで歌ってしまいました。しかも、マイク有りで!

その夜の地元ライブハウスでの打上を兼ねたライブコンサートでは、プロの演奏を改めて間近で聴けて得してしまいました。
ライブ後もプロミュージシャンを一人、ほぼ独占状態で話し込んでしまいました。
そのミュージシャンは鈴木直樹さんというクラリネット奏者で、あの鈴木章治さんの甥御さんなのです。
まだお若い方なのですが、とても優しい方で楽器の話、マウスピースの話、奏法の話などいろいろなお話をさせていただきました。
楽しい時間でついお酒もすすみ、翌日は二日酔いでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このときのご縁で鈴木さんと共演することができたのですが、今回は残念ながら鈴木さんは他のお仕事で出られないそうです。
前回サプライズと言うことで足吹の名前は出していなかったのですが、今回はポスターにも載ってしまっています(汗)。

原さんはじめプロのミュージシャンの中で演奏するのは、超ドキドキです。
プロの方々の演奏にちょっとだけおかずを付け加える程度だし、個人的な演奏がそんなにクローズアップされることはないはずですので、それほど心配することはないのかもしれませんが、なにしろゲネプロでサイズが変わったりは普通に起きる世界なので、楽譜頼りの私としては何気にびびっています。

今回は歌はなさそうですねー。

マウスピースは旧クリスタルを使う予定です。
新クリスタルはまだ私のものになってくれません。
いっそのこと旧が割れるまで浮気をやめようとも考えています。
割れてしまったら、新とパートナーをくもうかと・・・。
(何かいいマウスピースに巡り会ったら・・・・ですが。)

原さんのコンサート、前回より狭い方の会場なので、きっと満員になると思います。

2008-09-29 22:39 | カテゴリ:未分類
今年5月にこのブログを始めた際に我が家のAV環境を載せましたが、その後少し進化しました。

壊れたカセットデッキ → TEAC V−7010
DAT(その後壊れた) → Pioneer D−07

いずれもオークションで落としました。
一時期とりつかれたようにオークションにはまりカセットデッキとDATを落札しました。

どうにか環境も整いオークション熱も収まりましたが、今はオフコースのレコードとかかぐや姫のレコードとかをオークションで見つけて買っているようです。

買ったレコードその他を夏休みに数枚PCに取り込みましたが挫折したようです。
macにWin vistaをのせてwavデータを加工する設定までしたのに・・。
Winで何をしているかと「A列車で行こう」をやっています。
レコードのCD化は難しいでしょうね。

少しそっちにはまってくれれば、アレンジのペースが落ちるかも???
2008-09-27 23:58 | カテゴリ:未分類
マーチ ブロックM 錨を上げて 星条旗よ永遠なれ 1941(?)
ポピュラー 数曲
カルミナ・ブラーナ

10月12日のコンサートの練習がメインです。
比較的集まりが良かったです。

ポピュラーで「竹内まりあ」の曲がありましたが、娘は「知らない」ということでした。
山下達郎さんと結婚してからあまり目立った活動をしていないので、確かに名前もわからないかもしれません。
声はドラマの主題歌などで聴いていると思うのですが・・・。

今月最後の土曜日の練習なので、練習会場のお掃除をして解散です。
お疲れ様でした。
2008-09-25 00:19 | カテゴリ:未分類
今日は仕事を頑張って終わらせて、なんとか合奏前に練習に行くことができました。
10月12日の養護学校でのコンサートに向けて、ポピュラー中心の練習でした。

クラリネットの集まりが悪く反省です。
人数が少ないと、合奏全体のバランスは取れないので申し訳ないのですが、ステージで練習しているのと同じように自分の音が良く聞こえます。
たぶん同じ音を複数で吹いていると、音が混ざりすぎて耳の良くない私には自分の音か他の人の音かわからなくなってしまうのかもしれません。
個人練習をしていても気づかない部分が、合奏中の自分の音を確認したとき、気づくことがあります。

やらなきゃいけないリードの調整もできていない私。
今週末はリードの調整します。
先週末はお仕事のお持ち帰りとボーリング大会で何もできなかったので、ここで約束します。
・・・と自分で自分の首を絞めている?
まぁ、いずれにしても今あるリードの調整をするか、新しいリードを買うかのどちらかなのですが、2.1/2は若干薄く3では若干厚いという微妙な状態では3を調整するのがエコ?(ちっともエコじゃない!)


2008-09-23 22:35 | カテゴリ:未分類
今日は秋分の日で世間的には赤い日です。
それなのに仕事。
午前中は見積もりのまとめ。
どうにか間に合って良かったです。
でも明日はその見積もりの仕上げを手伝わなくちゃなりません。
頑張って早いうちにおわさないと練習に遅れてしまいます。

ソロクラの足吹きが明日いないので、私が行かないとマエストロのご機嫌が超巨大台風並みになっていまいそうなので・・・。

常々思うこと。
足吹らしさって何だろう?
理想を言えば・・・・
曲の仕上がりのためだけに(たとえコンクールでも)「トラ」を入れることはしません。
今いるメンバ、それぞれが自分のできる範囲で努力します。
パートリーダーやスタッフは自分だけでなくパートなどのレベルアップに協力を惜しみません。

自分の努力は、周りからは自分の思った通りには評価してもらいにくいです。
これはどんな場面(仕事とか)でも同じことです。
結果として誰が見ても「この人は頑張った!そして結果を出した」なんて言うことは簡単に判断できる事じゃありません。
これは今はやりの成果主義とやらでも同じ。

まして私たち音楽をしている者にとって「結果って何?」という感じですが、それはコンクールの結果でしょうか?
だとすると足吹はあまり実績を出す努力をしていません。
ここで言う努力とはあくまで全員一致の努力です。
一部の団員だけの努力ではコンクールは勝ち抜けないでしょう。
それほどコンクールは「コンクール突破の手段」が必要なものになっていますから。

そろそろ本当に足吹が「コンクールの結果」を目指すバンドになるか、「コンクールは参加することに意義がある」というスタンスを取るバンドになるか決める必要があると思います。

マエストロはたぶんこのブログを見ることはないので、誰かこのことをスタッフミーティングで提案してください。

私?
私が提案したら家庭崩壊かもしれません。
2008-09-21 17:34 | カテゴリ:未分類

足吹のボーリング大会が開催されました。男女ともに優勝は高校生。若いパワー?オーバー40は翌日の筋肉痛は必須です。くじ引きの優勝チームはチューバです。次回の幹事をお願いします。私のスコアは・・・言えません・・・。 そのあとはもちろん打ち上げです。ボーリングに参加したのが団員の家族も含め40人ちょっと。打ち上げに参加したのは30人くらいです。盛り上がりました。その後うちに10数名が引き上げてきて、3時近くまで飲んでいました。近所迷惑ですねぇ。 さすがに今朝はかなり寝坊してしまいました。
2008-09-18 00:40 | カテゴリ:未分類
ポピュラー 4曲
1941
カルミナ・ブラーナ

カルミナ・ブラーナの追加分を配布。
2回目にやったとき、1小節早く入ってしまいました。
油断大敵!ちゃんと数えなきゃ!

新しいマウスピースを使ってみました。
今までのとほとんど違和感がありません。

判明したこと・・3番のリードはやはり無理でした。
今までクリスタルのマウスピースには2・1/2を使って今のですが、M30で3番を使っていたのでそのままでいけるかと・・・。
結果=音はもちろんちゃんと出るが、何曲も吹くのはちょっとつらいです。
ルピックを2箱も買うんじゃなかった・・・。
日曜日により分けたルピック3番の「私には厚い3番」は娘行きです。
M30でちょうどよくて、クリスタルにはちょっと厚い残りの3番は少しいじるか、寝かせておくか、どちらかですね。

さて今回、カルミナをやるので、昔のテレビから録画した映像をDVDにして団員に見せることにしました。
1992年9月15日に放映されたネスカフェ・ゴールドブレンド・コンサートを録画したものです。
指揮は石丸寛さん、東京交響楽団の演奏で語りは江守徹さんです。

私自身も曲を聞くよりも曲を見るとよくわかるものもあったりします。
普通の交響曲でも映像があるとソロの部分が強調されたり、指揮者の表情が見えたりして面白いです。

この夏休みにビデオの映像をDVDに変換する作業をせっせとやりましたが、結構進みました。
いずれライブラリをまとめます。
モーツァルトのクラリネット協奏曲は、バセットクラを使っているのと低いどの音が出る楽器のと2つあります。


次の土曜にはボーリング大会をやるため練習はお休みです。
パート対抗戦です。
優勝パート(得点)には豪華トロフィーが贈呈され、次の大会の幹事権を獲得することができます。
そして優勝、準優勝その他、個人賞があります。
またハンディキャップをパートでくじ引きして決め、実得点にプラスして賞金獲得パートが決まります。
すなわちどんなに高得点でもハンディキャップくじ引きの結果で賞金獲得はできない可能性も多々あります。
ちなみに昨年、特典優勝はユーフォニアム、そして賞金獲得はパーカッションでした。
たしかパーカッションは優勝賞金に自己負担してタンバリンを買ったかな?

今年はどうなるでしょうね。

2008-09-15 21:27 | カテゴリ:未分類

1990年代に生産中止となってしまったバンドレンのクリスタルマウスピースを見つけました。
ずっと使っていたマウスピースで、割れたらどうしよう、と思っていたので良かったです。
今日届いたので(きのう頼んだのだけれど)、早速音を出してみました。
ただし私がクラリネットを吹くと、おびえる子がいるので(みぃが怖がって逃げちゃうんですよ)、ほんのちょっと吹いただけです。
だからどんな感じかまだよくわかりませんが、そんなに悪くなさそうです。
もちろん同じ型式でも個体差があるので、実際に合奏で吹いてみないと何とも言えませんが・・・。

7月に楽器を替えてからマウスピースもM30に替えようと使っていますが、やっぱりしっくりきていません。
昨日どうしようかな、とリードを試し吹きしながら悩んでいたのですが、しばらくあきらめていたネットでのマウスピース検索をしたところ、わださんという方のブログでなんと5月に大久保の楽器店で試奏したとの記事を発見。
さっそくお店の開店を待って電話で確認すると在庫が1ヶだけあるとのことでした。
本当なら吹いてみて買った方がいいのですが、次にこのマウスピースが見つかる保証はないので、購入してしまいました。

まぁ、今使っている古いのが割れなければあと10年使えるかもしれないし、樹脂製のマウスピースに比べると摩耗が少ないと思います。
今回購入したマウスピースは保険のつもりで、もし吹いてみて差がなければうれしいし、もしかしたら今のよりいいかもしれないし(ちょっと期待?)。

写真左が今使っているもの。
中央が今回購入したもの。
右はバンドレンのが割れたときにシフトしようと2年くらい前に購入したポマリコ。

私はマウスピースをあまり深く加えないので、幅が広めのマウスピースは苦しいです。
幅が広いタイプの方が息がいっぱい入って、豊かな音が出るようなので何度か浮気をしていますが、やっぱり挫折してしまいます。
一番の要因は樹脂のマウスピースを吹くと、なんか音がびりびりしているような気がして落ち着かないことなのですが、実際はどうなのでしょう。
一昨日の練習では何か音がおかしいと感じていたら(マウスピースはM30)、目の前にあった扇風機のせいらしかったです。

とりあえず、クリスタルのマウスピースとよりを戻したい(?)と思います。
2008-09-14 00:32 | カテゴリ:未分類
今日は土曜日なのに仕事でした。

そんなに忙しくないだろう、と思い、献血に行ったのですが比重が足りずOUTでした。
ここ1年半献血不可の不健康体です。

しかし献血から帰ってきたら大きなユニットの見積もりが待ち受けていました。
しかも期限は来週末。
それの準備で定時上がりできず・・・。

マーチ ブロックM
オリジナル チェスター
ポピュラー 坂本九メドレー、崖の上のポニョ、ジャパニーズ・グラフィティー、第三の男
ジョン・ウィリアムス 1941
カルミナ・ブラーナ

ポピュラーはリズムが適当な人が多い。(自分も怪しいが)
早めに直そうね!それで覚えちゃうとあとで困るよ!

カルミナ・ブラーナは楽譜の展開がどうも足吹向きじゃないみたい。
というか、「どんな楽団を想定してアレンジしているんだろう」的な雰囲気が感じられる。
どうみても一般的な吹奏楽の編成じゃないでしょう。

まぁ、もともと独唱&合唱メインのような曲なので、吹奏楽のみの編成だとあまり面白くない。
そんなわけで足吹としての調味料をプラスして、ひと味違うカルミナをつくりたいなぁ。
2008-09-08 23:32 | カテゴリ:未分類
マーチ
オリジナル2曲
カルミナ・ブラーナ
交響曲第五番
ポピュラー2曲

カルミナ・ブラーナは第16回定期演奏会にやった曲です。
16年前ですね。
細かいところは忘れているけれど、全体の雰囲気は覚えていました。
何人くらいいるかなぁ、16年前にも吹いたメンバー。
こういう久しぶりの曲を配っても、吹いたことのあるメンバーが10人くらいいると、何となく曲が通ってしまいます。

カルミナ・ブラーナはやっぱり「歌詞」を知らないと面白くないです。
ラテン語の歌詞、フランス語の歌詞といろいろあるし、内容も様々です。

みんなCDでいいから買って聴いてね。
おすすめはPHILIPS 小澤征爾指揮ベルリン・フィルのです。


2008-09-04 00:41 | カテゴリ:未分類
仕事のキリが悪く遅刻して練習に参加。

まだまだ暑い。
練習していると汗が流れてくる。

練習もあつい!
今のところ細かい練習はせずに、通し練習が中心。
長い夏休みで衰えた分のリハビリにはうれしいけれど、結構きついですね。
自分が怠けたせい?(そうだ!そうだ!)
少しずつは戻ってきているような気がするので、もう少し頑張ろう!

話は変わってDSのドラクエ5の報告
結婚前に2データセーブして一つはビアンカ、もう一つはデボラ。
PCでカンニングをしながら(ゲームのダンジョンでも方向音痴です)どうにかクリアしてその後の世界をやっていたが、エスちゃんが倒せず何となく保留中。
実はDSでドラクエ4が出たとき購入して始めたが、どうにもやりにくくてやめてしまっていたが(大丈夫、うちは私がやらなくても子供がやるし無駄にはなっていない?)、引っ張り出してやってみるとそんなやりにくくもない。
画面が今のDS Liteのほうが明るいからかもしれない、と思いつつ、お盆休みはゲームにはまっていた。
といってもドラクエ4を始めたのはマエストロ。
なにしろドラクエの中で4が一番好きだとか。
で、私は5章になってからデータを移して始めたというわけ。

おかげさまで無事クリアして今は打倒エビちゃんのためにレベルを上げている。
たぶん5同様に倒せずそのうち飽きるんだろうなぁ。