2010-02-28 19:57 | カテゴリ:未分類
クラリネットの鈴木直樹さんのコンサートに行ってきました。
直樹さんにお会いするのは久しぶりですが、相変わらず素敵な音です。
お客様は年配の方が多く、ジャズのファンがほとんどのようです。
時々客席から掛けられる声援はまるでライブハウスの雰囲気です。
演奏された曲も懐かしい曲が多くとってもほっとするコンサートでした。
直樹さんは新しいソプラノサックスを吹いていました。
直前のメールで「ソプラノサックスを買いました。調整中です。」とのことだったのですが、そのサックスでしょうか?
音は以前のオールド・コーンの方が良かった気がしますが、まだ馴染んでいないのかもしれません。
何よりクラリネットと同じように自由に吹いていたので、きっとレパートリーも広がったのかなと思いました。
(以前の楽器は吹けるキーが限られているとおっしゃっていました)
後半にはお父様でなく(お父様は当日別の場所でライブだそうです)、同じジャズクラリネット奏者の花岡詠二さんでした。
花岡さんのクラリネットも良かったです。
途中「新しい楽器で一曲」と取り出した楽器はトスカのようでした。
テネシーワルツを吹かれたのですが、それまでの楽器と音色がまったく違いました。
花岡さんもこれからトスカを吹くのでしょうか?!

コンサートの後、無性にクラリネットが吹きたくなりました。
まぁ平日吹くのは難しいですが、今週から水曜日の練習も始まるので、体調と相談しながらたくさん吹きたいです。

2010-02-28 19:09 | カテゴリ:未分類
午後3時頃から不調になったため、練習は無理かと思いましたが、1週間ぶりなので、頑張って参加しました。
ところがいざ吹こうとすると息が思うように吸えません。
ゆっくりなら吸えるのですが、瞬間的に息を吸うのができないのです。
無理しても仕方ないので、ぼちぼちやることにしました。
練習の最後の頃にはどうにか息もだいぶ吸えるようになりましたが、演奏はぐだぐだでした。(すみません)

練習した曲は先週配ったホルストの組曲、ドン・キ・ホーテ、レ・プレリュード。
新譜は課題曲とアダムスの曲、そしてハチャトゥリアンの仮面舞踏会のワルツです。

仮面舞踏会のワルツといえば真央ちゃんですね。
金が取れなかったのは残念でしたが、銀だってすごい成績です。
足吹だって金がなかなか取れないのですから(ってレベル違うし)。
とりあえず、「真央ちゃん銀メダルおめでとう」演奏です。

課題曲はいつものことだけど「なんだかなぁ」な曲ばっかりです。
今日のところは?〜?まで吹いてみました。
?はまた後で・・・。やらないかもしれませんが。

アダムスの曲は非常に難解で、多分相当練習しないと曲にならないような気がします。
そもそも吹けるようになるかどうか不安ですね。
何が難しいって、普通の曲のようにメロディーがあってハーモニーがあって対旋律があって・・・じゃないんです。
マエストロいわくそれぞれの吹いている音がぴったり合わないと曲にならないそうです。

まだスプリングコンサートの曲は決まっていないので、今練習している曲は本番にのせるかどうかもわかりませんが、新しい曲を吹くのはわくわくします。
吹けるかどうかは別ですが、新しい曲はまず初見の楽しみがあります。
初見の緊張感は大好きです。その次の練習からは苦しいですが・・・。

そんなこんなでどうにか練習最後の曲「レ・プレリュード」まで無事たどり着きました。
とりあえず発作もおきず、練習できてよかったです。
健康の大事さを実感いたしました。


2010-02-22 22:32 | カテゴリ:未分類
夕べ夜中に呼吸が苦しくなり小一時間苦しみました。
まるで喘息の発作のようなので、今日午前中医者に言ったところ、やっぱり喘息だそうです。

思い起こせば同じ症状が12/6、12/19、1/23とありました。
1月の時は普通の内科にかかりアレルギーと喘息の飲み薬、喘息の吸入する薬を処方してもらいました。
2日くらい飲み薬を飲んだのですが、症状が治まっていたのと、翌日手が震えたのが気になって、後は飲みませんでした。

症状が続くわけではないのであまり大事に思わなかったのですが、ちゃんと治療をしなければだめなようですね。
CTも撮って他の病気(肺がんなど)でないことも確認し、朝晩の薬(吸入する薬)を処方してもらい帰ってきました。
発作が起きた時は1月に処方された吸入する薬で大丈夫なようです。

しばらくつきあって行かなくてはならないようですが、楽器を吹くのは問題ないとのことで一安心です。
でも本番中に苦しくなったら大変なので、きちんと治療をしようと思います。

ただ残念なことにお茶、コーヒー、アルコールはだめ、と言われてしまいました。
「絶対だめですか?」とは聞かずに来ましたが、当面控えましょう!
2010-02-21 22:37 | カテゴリ:未分類
演奏会後、しばらくぶりの練習でした。
・・・楽器ケース、今日始めてあけました。
マエストロのアレンジ曲が3曲、後はホルストの組曲1、2、イギリス民謡組曲、バンドのための民話、ベンクリシュートーさんの曲です。
早めに行って、十分ウォーミングアップしたつもりだったのですが、やっぱりだめですね。
口はもちろん、指が思うように動きませんでした。
速いところなんて論外で、普通の何でもないところで指が意図しない動きをしてしまいます。
あー、もう歳かしら。
また頑張って練習しましょう。

マエストロの曲ではリストが手強いです。
途中何回か止まりながら最後まで吹きましたが、簡単に仕上がるような曲ではありませんね。
いつものことですが、また原曲を聴いてくださいね。
コマーシャルでも使っていますね。
しばらく練習するという宣言がありましたので、譜読みもしっかりしましょう!
2010-02-13 22:28 | カテゴリ:未分類
朝起きたら、真っ白!(屋根の上が・・・)
道路は路地じゃなければ大丈夫そうです。
晴れているので本番の頃には問題ないと思います。
良かったー。

午前中はゲネプロです。
と言っても司会の合わせはエンディングのみなので曲間は省略で主に曲の確認と照明の確認ですね。
何となく慌ただしいのがゲネプロらしいといえばらしいのですが・・・。
ほぼ予定通りにゲネプロは終わり、プログラムの挟み込みや本番の準備をこなし、やがてチューニングをもって本番の心の準備ができてくるという感じでしょうか。
いつも通り12時半頃には結構お客様が並んでくださいました。
あまりに寒いので1時の開場を待たずにロビーへの客入れを開始しました。

1時半、定刻で開演です。
まず足吹の会長であり、元市長の吉谷先生にご挨拶いただき、演奏開始です。
一部は吹奏楽のオリジナルです。
ミュージック・フォー・ア・フェスティバルでやってしまいました。
一緒にソロを吹いていた我が息子、焦ったことでしょう。
申し訳ありませんでした。

戸田先生の「かごめかごめ」は和太鼓を使った曲で、今回のアンケートでも一番評判が良かった曲です。

第二部はスター・ウォーズ、ポギーとベス、パイレーツ・オブ・カリビアン、ロード・オブ・ザ・リング。
映画音楽とオペラの曲、4曲ともよく知られている曲で、お客様にも喜んでいただけたようです。
しかし、一曲目のスター・ウォーズが終わったところで、結構疲れてしまいました。
ボリューム的には演奏会のトリをとっても良いくらいの曲です。
でも、ここで力尽きてしまうわけにも行かず、残りの曲もがんばりましたよ!

おかげで最後まで良い演奏ができました。
アンコールのベイ・ブリーズもパーカッションの大活躍で盛り上がりました。

大きな事故(?)もなく演奏会終了です。
2010-02-08 23:05 | カテゴリ:未分類
前日リハーサルです。
ゲストコンダクターである音楽顧問の戸田先生と、いつもお手伝いいただいているハーピストも加わってのリハーサルです。
ハープの入る曲は、スター・ウォーズ、パイレーツ・オブ・カリビアン、ロード・オブ・ザ・リングです。
もう何回かお願いしているハーピストなので、数カ所のチェックだけでOKでした。
戸田先生の曲も事前に一度合わせているので、確認程度のリハーサルで済みました。
他の曲も特に問題なく(今更ジタバタしても仕方ない??)前日リハは終了です。
ちょっと心配なのはお天気だけ。
お隣の県(の山沿いですが)では大雪注意報が出ているし、昼間かざはなだったのが、夕方雪に変わっていたし・・・。
2010-02-06 15:25 | カテゴリ:未分類
ホール練習です。
やっぱりステージの上で吹くのは気持ちが良いですね。
自分の音も周りの音もよく聞こえます。
狭い練習会場とは響き方も違うので、慣れるまでがちょっと不安ですが(自分の音がよく聞こえすぎてしまうので)。

日曜日の練習ではプログラムの曲を全て吹くことができました。
午後の時間だけなので細かいところまでできないのが残念ですが、そんなに長い時間吹き続けることももうできないので(個人的にねっ)ちょうど良いですね。
録音してプレイバックを聴きましたが、1週間前のホール練習としてはこんなものかな?という出来です。
楽譜通りに吹いただけでは音楽ではない、ということはよくわかっているのですが、楽譜通りにすら吹けない部分もあり(ちょっとだけですよー、ホントに)本当の音楽にたどり着くのはまだまだですね。

水曜日、金曜日は週の途中なので、練習に出られないメンバーもいます。
なかなか最後のまとめまで行けませんが、それでもホールの練習が続くと、音がまとまってくるのでうれしいです。

ただし今回、諸事情でクラリネットが少ないです。
特にアレンジ物はヴァイオリンのパートを吹くことが多いので、クラリネットが少ないと結構大変です。
もう少しクラリネットの人数を増やさなきゃ!
クラリネットとチューバの人数が同じくらいって、いったい
どんなバンド何だか・・・。
2010-02-05 07:12 | カテゴリ:未分類
あっという間に1月が終わってしまいました。
演奏会まであと1週間。
演奏の方はだいぶまとまってきましたが、あと一歩、と言うところでしょうか。
明日の日曜日はホール練習。
そして水、金、土とホールで練習になりますので、ステージでの音作りを進めたいと思います。
客席で自分の演奏が聴けるわけではないので、客観的な音作りはできません。
ホールでの練習は特に「もう少し自分の耳が良かったら・・・」と思ってしまいますね。
音程だけでなく、バランスなどどうして良いかよくわかりません。
でも頑張ってホールの音に慣れて、良い演奏がしたいです!