2010-07-29 01:00 | カテゴリ:未分類
仕事の帰りがけに上司につかまり、ちょっとバトル。
で、練習に遅刻。
不安定な気持ちを抑えつつ、練習に参戦。
課題曲は終わっちゃって、自由曲へ。


曲の情景を再確認します。
出だし・・・プログラムノートによると「死」のイメージ。
私的には・・・自分の内面を見つめながら、「あれ?」・・・「あれ?」・・・「これじゃいけない」・・・「こんなのは本当の私じゃない」・・・「心を見つめる」・・・「心を見つめる」・・・・・・・・・「これは?」・・・「これ?」・・・「これ」・・・「これ!」

なんて感じで自分で勝手に解釈している私です。
だって勝手なイメージだけど自分のイメージって表現しやすいかなぁ、なんちゃって。

もうここまで来ると「イメージ」だけかな?という気持ちです。
技術的な所は日々の練習で何とかなりますが、曲そのものの解釈は「イメージ」を持てるかどうかで違ってきます。
これも私の勝手な解釈ですが・・・。

どんな音楽も最後は気持ち次第、かなと思います。
レベルの足りない私はコードがマイナーのところで「おどけたように」と言われても、技術的にどうにかするものは持ち合わせておらず、「気持ちだけ」みたいになってしまいます。
それじゃいけないんでしょうけれど、音色の違いが出せるほどの技術がなく、悩みどころですね。
コンミス失格ですが・・・。

こんな事を悩んでいても仕方ないので、今のできる限りのことをしてコンクールに挑みます。
几帳面なA型なのに、O型に見られてしまうコンミスでした。
2010-07-26 21:52 | カテゴリ:未分類
先日の健康診断で視力がかなり落ちていました。
コンタクトレンズをして0.3と0.5。
なるほど最近、遠くが見えにくくなっていたはずです。
なので、今日眼科に行って来ました。
元々0.02とか0.03みたいな視力なのでこれ以上進んだらどうなっちゃうんだろう、という感じです。
とりあえずお試しに付けたコンタクトレンズは今までよりはよく見えますが、両眼で0.7程度です。
これ以上強くすると近くが見えにくくなるので、悩みどころです。
結局処方箋では購入せず、来週くらいまで様子を見ようと思います。
次の度数の方が圧倒的にきれいに見えたのですが、サンプルの新聞や本の活字が気持ち見えにくかったです。
つまり遠くをとるか近くをとるか?
そのうち、コンタクトしてて老眼鏡を掛ける、ということになってしまうかも?
2010-07-25 21:03 | カテゴリ:未分類
コンクールまであとわずか。
練習も最後の追い込みです。

でも練習中、雷がすごかったです。
一回大きな音の時に窓ガラスが揺れました。

実は毎年のコンクールは雷にヒヤヒヤしながらです。

栃木県は雷が多くコンクールの会場である宇?宮も、毎年コンクールの時期は結構雷が鳴るんです。
停電してしまうこともあり、それがもし演奏中だったら???
私達が演奏する一般部門は夕方からの本番が多く、従って「演奏中に停電等で演奏を中断した場合、当日のプログラムの最後に再演奏をする」という内容が実施要項に記載されています。
でも一度中断したらテンションも中断してしまいそうですね。

雷の被害がないように祈りましょう。

今年は雷の被害が多いような気がします。
7/1夜の雷のせいで会社も被害にあったし、我が家のテレビも共同受信のアンテナに落ちたらしく、翌日お昼頃までテレビが見られなかったようです。
昨夜も同様に共同受信のアンテナが駄目で今日のお昼頃までテレビが砂嵐。
リビングだけはWATVで受信しているので、見られたのですがそれ以外の部屋が全て駄目でした。

ちなみに我が家の一帯は東側(少し距離はありますが)に雇用促進住宅ができた時電波障害が発生し、その時に共同受信になりました。
その頃からリビングだけWATVで地デジも早くから対応していたのですが、この共同受信も何ヶ月か前に地デジ対応になっていました。
長男がテレビを入れ替えたところきれいに地デジが受信できていたため、昨日PC用の地デジチューナーを付けたところ、私のメインPCでも地デジが映ることが判明しました。
地デジ対策はどうしようかと考えていましたが、いつの間にか済んでいましたね。
ただし日本テレビの電波が弱いのでコマ落ちします。
長男の部屋はどうなのでしょうか。
ブースターが必要なのかな?
やっぱり地デジ対策は必要?
2010-07-23 23:36 | カテゴリ:未分類
仕事を終えて帰宅すると、スピーカーから音が出ている様子。
9時前なのにもうレコードタイム?と思いきや録画した映画を見ていたのでした。
「ドラムライン」というアメリカのマーチングバンドが主人公(?)の映画です。
面白かったです。
日本のコンクールでも「マーチング」部門はあるし、地元足利にも「サザンクロス」というマーチングバンドもありますが、全然違うジャンルのように思えました。
とにかくかっこいい!

私もマーチング経験者です。
なーんて書くと誤解を生みそうですが、中学校の時に市内のお祭りでパレードに参加したのと、運動会(体育祭ではありません)でグラウンドを使って演技をしました。
その時の指導者はマーチング界の名指導者、山崎昌平さんでした。
マエストロはその後(高校選抜で渡米した時)も山崎昌平さんの指導を受けたそうです。

今となっては「暗譜で吹きながら1〜2時間歩いた」「暗譜で吹きながらフォーメーションをした」なんていう信じられない思い出ですが、まぁ写真も若干残っています。

ちなみに前述の映画がステージ化され(ちょっと違うかも知れませんが)、公演されるようです。
「ブラスト」もかっこよかったらしいですが(すみません、見ていません)、これも面白そうです。
興味のある方は http://www.drumline.jp/ です。

2010-07-22 00:41 | カテゴリ:未分類
暑いっ・・・。
でも今年はエアコンが使えるのでうれしいです。
去年のコンクール前はエアコンが壊れていたので、スポットクーラーを購入して何とか凌ぎました。
8月末の選挙のおかげでエアコンが新設され、以降は快適な練習会場となりました。

足吹の練習会場である第三中学校の音楽室は昔は当然エアコンなどありませんでした。
技術家庭科室と隣り合わせにあった古い音楽室でした。
あの頃は暑いと感じた記憶がないのだけれど、記憶力の悪い頭のせい?
その後プレハブ音楽室を経て、今の音楽室となりました。
できた当初はエアコン完備、音響もできる限りの吸音材を入れて普通の部屋のように響きすぎないように考えられた画期的な部屋でした。
ここ数年、エアコンの調子は悪くなり(それもそうです、20年くらいはたったと思います)、吸音効果は足吹の人数では全くのキャパオーバー。
でもエアコンは直り快適だし、なんと言っても毎週決まった日時にお借りできる会場があるのは、とても有難いです。

コンクールまであと3回しか練習できません。
もうこの後は楽譜にかじりついていても駄目でしょう。
楽譜は頭に入った(つもりな)ので、後は周りの音を聞いたり、マエストロ(の顔色)を見たりして、みんなで音楽を作っていきましょう。
今度の週末(コンクール一週前)は全員、もう一回改めて「レ・プレ」のオケ版を聞きましょう!
練習を重ねた後なので、新たな発見があるかも知れません。

最後にフィルムスキャナ・ネタ。
ある女性の写真のバックに足吹演奏会のポスターが・・・。
これは初めての足吹演奏会のポスターです。
記念すべき1枚です。
プログラムは残っていますが、さすがにポスターはありませんでした。
ちなみにポスターの絵を描いてくれたのは私の同級生で今はプロの漫画家になっています。
高校はリリアン女学園と同じくあいさつが「ごきげんよう」の市内の某女子校です。


2010-07-19 23:20 | カテゴリ:未分類
戸田先生のレッスンでした。
前回よりも前進したレッスンが受けられました。
ある程度、曲が仕上がってからでないと手を付けられない部分も当然あります。
だから計画的に練習をしないと、練習時間がいくらあっても足りませんね。

コンクールまであとわずかですが、良い演奏ができるように最後まで頑張りたいと思います。

さてしばらくブログの更新をサボっておりました。
このところネガフィルムの取り込みをしていたので、つい・・・。
安価のフィルムスキャナを購入して、我が家のと実家のネガフィルムをせっせと取り込みました。
1万円程度の物なので、取り込んだ写真はそんなに期待できる物ではありませんが、そこそこの写真が取り込めます。
取り込んだ画像のきれいさから言えば、インクジェット複合機のフィルムスキャナ機能の方が数段上です。
ただしこちらは取り込みにすごい時間がかかります。
だいたい6カットになっているネガ1枚を取り込むのにほどほどの解像度で20分くらいかかります。
1枚、(スキャナの)最高スペックで取り込んだら40分もかかり、途中居眠りしてしまいました。
フィルムスキャナだとネガのセットを含めても1枚30秒から1分。
なので使い分けをすることにしました。
とりあえず全部フィルムスキャナで読み込んで、その中でチョイスした写真だけ高解像度で取り込もうかと思います。
もちろん画像の補正もしますが・・・。
取り込んだ画像はこちら↓
2010-07-07 00:03 | カテゴリ:未分類
実に何年かぶりで「田園」を聞いています。
もちろんベトベンさんですよ。
確か中学校の時に必ず聞く曲だったかな?
音楽の時間に「音楽鑑賞」と称してレコード(今はCD)でクラシックなどを聴く機会が度々ありました。
その時に聞いたのが多分初めてかも知れません。
かも知れません、というのは幼少の頃、我が家にはライトクラシックのレコードらしきものが結構あり、それを聴いて育ったのです。
母親が音楽好きだったせいもあり、いろいろな曲を聞いていたようです。
その時に聞いていた可能性もあります。
もちろん記憶力の怪しい私ですので違っているかも知れません。
頼りは実の妹、これも私よりちょっとまし、程度かも知れませんが。

どこで聞いていたかはさておいて、そんな感じでクラシックに触れていた私ですが、中学校三年生の時にある人との出会いがあり、人生が一変することになりました。
その人は中学三年まで「クラシック以外は音楽じゃない!」と思い込んで育ってきた人で、なにしろ大事にしているステレオで弟がクイーンのレコードをかけた時、「プレーヤーが腐る!」と激怒したというエピソードが残っているような人なので。
その人の影響を受け、散々クラシックを聞かされる人生を送ることになってしまいましたが、正直言って「記憶に残っていない」曲もたくさんあります。
題名もフレーズもぜーんぜん覚えていません。
でもそんな私でも、別の機会にテレビなどでその曲を聞いたりすると「聞いたことがある!」まではたどり着けます。
(それがたまに「吹いたことある!でも何だっけ?」という情けない時もありますが・・)

まぁ覚えられなくても名曲と言われるクラシックは絶対聞くべきです。
幸いにも(?)ある人(マエストロ)との出会いでたくさんの曲に巡り会うことができました。
今はネットのサイトなどで無料でクラシックを聞くこともできるようですし、廉価版のCDもたくさんあります(100均にも!)。
通勤途中の車の中やお掃除をしながら、家事をしながら、ネットをしながら、比較的BGM風に聞けるのがクラシックの良いところでしょう。
もちろん(マエストロのように)しっかり聞くことも大切ですが、まずはBGM程度から「聞く癖」を付けてください。
2010-07-04 21:26 | カテゴリ:未分類
職場・一般部門出演順です
1.矢板ウインドオーケストラ
2.宇都宮音楽集団
3.小山市交響吹奏楽団
4.足利市民吹奏楽団
休憩
5.宇?宮ウインドクルー
6.真岡ウインドオーケストラ
7.作新音楽会
8.宇?宮北高吹奏楽部OB・OGバンド
9.ゼーレン・フォルクス・オルケスター
10.宇短附OB・OGウインドオーケストラ

出演順としては可もなく不可もなく、というところです。
くじは指揮者見習いのバスーン吹きです。
トップバッター オー・マイ・ゴッド!(マエストロはここが好き!)
ラスト えー!うちに帰れるのは何時?
という波乱もなく、寂しい限りですが、実力(があれば)を出すにはちょうど良いポジションです。

中学校の出演順も決まり、唯一心配していた足利K中の先生(指揮で出演)兼足吹団員(演奏者で出演)は日程がずれたので、問題なく出場可能です。

取りあえず代表者会速報(遅報?)でした。
2010-07-04 01:13 | カテゴリ:未分類
先日の戸田先生のレッスンに注意しながらの練習です。
特に課題曲は細かい注意をいただいたのでしっかり体にたたき込みましょう。

あと未だに楽譜からなかなか目が離せませんが、もう少し余裕を持って指揮と周りに目を向けられるようにしましょう。
最後の数小節ですら楽譜に釘付けはありえないかな。
テンポの変わり目や、テンポは同じでも曲の変わり目など、指揮や指揮者の表情を見てください。
楽譜ばかり見ていても合奏はできませんよ。

とは言いながらなかなかバンド全体のリードができないへなちょこコンミスで申し訳ないのですが、みんなが合わせようとすれば音楽は合うともいます。
そのためにも楽譜に釘付けは脱しましょう、せめて課題曲と自由曲の2曲だけでも。

個人的に・・・。
マエストロのリクエストでマウスピースをクリスタルに戻しました。
せっかくヴィルシャーにも慣れてきたのですが、マエストロの強いリクエストなので今回は受け入れることにしました。
これでまた当分はクリスタルを使うことになるでしょう。
ただし一つだけヴィルシャーに浮気してまた戻って良かったことは、予備に購入したクリスタルもあまり抵抗なく使えるようになったので(それまでは予備のクリスタルはとても吹きにくく感じていました)、予備が予備として役に立つことがわかりました。
2010-07-04 01:12 | カテゴリ:未分類
朝、会社に行ったらネットワークが大変な事になっていました。
昨夜の雷のせいで、ネットワークのどこかに障害が起こったらしいのです。
サーバの再起動等しましたが、不安定な状態が改善せず、情報システムの人(一人ですが)が懸命の復旧を試みました。
我が社の元情報システム部の私としては当然サポートに入り、数少ない社内の生きているシステムの優先使用権やらなんやら調整役に回りました。
夕方までかかっても原因(どこが悪いのか)が特定できず、仕方なくサーバー室のすぐ隣のフロアに一回線のみ生かし(それ以外は全部LANケーブル抜きました)土曜日の現場用の入力PCを確保しました。
土曜日、情報システムの人が出勤して対処するということでしたが、週明けまでになんとかなるかな?
2010-07-04 01:12 | カテゴリ:未分類
7/1は会社がお休みだったので(メインユーザーの創立記念日)、南部クリーンセンターへ古い布団など持ち込みで処分しました。
私のお嫁入り道具の客布団などですが、今は重くてとても使えません。
29年前のお嫁入り道具には自分達の寝具(ベッド)の他、お客用の掛け敷き布団2組、夫婦座布団の他、お客用の座布団10枚など、今じゃ「持ってきても邪魔だからやめて」と言われそうなものも含まれています。
当然その頃の布団なので、中は綿(わた)でとーっても重いです。
それでも結婚したばかりの頃は、足吹のメンバーが練習のあと飲んでそのままお泊まり、ということが毎週のようにあったので、活躍しました。
子供が一人、二人と増えていき、住むところもアパートだった時代もあり(この頃も結構泊まり組いたなぁ)だんだん客布団の出番も減ってきました。
そのうちにわたの布団から羊毛の布団(厚さ、重さが全然違う!軽くなりました)が主流となったため、いつしか重い布団は押し入れの一番下にしまい込まれました。
それでも処分することはできず、一時期子供の二段ベッドの布団として使った時期もありました。
そのうちに子供も使わなくなり、またもや押し入れも不動在庫に・・・。
そしてようやく今回処分することができました。
あ、客用の座布団は実家が引っ越した際、隣組の人をお招きするのに使って、そのまま置きっぱなしです。

今は掛け布団は羽毛という贅沢な生活ですが、結婚した頃はわたの布団が高級だったんですよ。

そんなわけで押し入れの何割かを占めていた、古い布団の処分と古い衣類の処分をいたしました。

今回大掃除っぽい事をしていますが、目的はピアノの移動です。
一番下の娘が川口に越してから、帰宅した時だけの寝室となっている部屋にピアノを移動することにしました。
もともとピアノがあったリビングのステレオ横には、我が家のCD、DVD、レコードを収納できる棚を製作予定。
業者に特注、ではなく、日曜大工をこよなく愛するマエストロに発注する予定です。
もっともいつできあがるかはマエストロの気分次第ですが。

そのためにいらない布団や衣類(10年前のスキーウェアもあった)など整理して収納の見直し中です。
近々選挙のため帰ってくる娘に、置いていったものの「仕分け」もしてもらえば、更に整理が進みます。
7月中に終わらせたいな。
2010-07-01 22:44 | カテゴリ:未分類
6月最後の練習、そして戸田先生のレッスンです。
課題曲の練習がメインでした。
課題曲ならではの細かい曲作り。
足吹が一番苦手なところですかね。
でもコンクールには必要な練習です。
自由曲もやはりコンクールに向けた作り方が必要です。
コンサートでもコンクールでも曲を仕上げる行程に変わりはないですが、両者の違いは仕上げの重点項目をどこに置くかということでしょうか。
まぁ、両方の重点項目をきちんと仕上げられれば、全国大会に出られるはず?

練習後はお好み焼き屋さんで練習の打上です。
戸田先生2回目のお店です。
足利 旧市内中心部の路地裏にある「きんこ」というお好み焼き屋さんです。
戸田先生も気に入ってくださったお店なので、今回はこちらで打上です。

その席で話題が出て、私、戸田先生とマイミクになりました。
足吹関係者からのマイミク申請が続くかも知れませんが、その時はよろしくお願いします。