2011-02-28 23:38 | カテゴリ:未分類

この間年が明けたと思ったらもう2月が終わりです。
1年の1/6が終わってしまいました。
今年になって、何とかブログを続けています。
日が変わってから書き込むこともありますが、一応毎日続けています。
いつまで続くか疑問ですが、頑張りたいと思います。


でも結構ネタがなくてどうしよう、っていう時もあります。
てきとーな内容の時は「ネタがみつからなかったんだ」とご理解ください

2011-02-27 21:53 | カテゴリ:未分類

昨日からやっていたお持ち帰りのお仕事が午前中片付いたので、午後は実家に行って帰りゆっくり買い物ができました。
買い物はマミーマート。
野菜が安いスーパーです。
大根が58円、キャベツも58円。
それほど遠くはないのですが、「仕事の帰り道」とか「自宅のすぐ近く」に別なスーパーがあるので普通の日に行くことはほとんどありません。
マミーマートは「ビバ・ホーム」と「PCデポ」の同敷地内なので、どちらかに行ったときは必ずこのスーパーに寄ります。
全商品安いかというとそういうわけでもなく、お肉や魚は別のスーパーのが良かったりします。
本当は一つの店に決めてポイントとか貯めたほうが良いらしいのですが、なかなか一件だけ、というのは難しいですね。
そんなわけで、今日の夕飯は58円の大根を使った、「サバの塩焼き 大根おろし添え」です。

2011-02-26 23:50 | カテゴリ:未分類

課題曲(V以外)、ラプンツェル(アッペルモント)、ノアの方舟、God Speed、狂詩曲スペイン、イタリア奇想曲。
狂詩曲スペイン、イタリア奇想曲は難しかったですね。
イタリア奇想曲はA管で少し楽しちゃいました。
当分ダブルケースを持って行く必要がありそうです。


みんな原曲を聴いてくれたかな。
聴いていないメンバーもだいぶいそうな練習でした。
絶対聴いてくださいね。


月末の練習日なので、定例のお掃除日。
練習会場をお借りしている感謝の気持ちを込めて、簡単ですが毎月月末にお掃除しています。
たまに練習前に軽く掃き掃除をするときもあります。
私にとっては母校なので・・・。
でも、その頃使っていた音楽室ではありません。
卒業後だいぶたってからですが新しくなりました。


足吹の練習会場として、ずっと使わせていただいているので、旧音楽室→プレハブ音楽室→新音楽室の経過をずっと見てきました。
今はもうだいぶくたびれた音楽室になってしまっていますが、大事に使いたいと思います。

2011-02-25 23:54 | カテゴリ:未分類

昼間すごく暖かいと思ったら、夜になってすごい風です。
冷たい風が吹いています。
そして道路で多分空き缶が転がっている音がしています。
結構ああいう音は響くんですね。
と言っても今テレビもステレオも付いていないので聞こえたのかも?
さっきまでマエストロがDVDやCDやレコードをかけていたので・・・。
聴いていた曲?
E.T、祝典序曲(ショスタコ)、etc・・・。


あ、やばい。
明日の練習で先週やり残した 狂詩曲スペイン、イタリア奇想曲 、多分やるでしょう。
楽譜見とかなくちゃ。
YOU TUBEあたりにも有るから、みんな聴いておいてね。
聴いたら「ハァ・・・・、これやるの?ちょー大変そう・・・・。」ってなるかもしれませんが、ぜひ原曲は聴くように!


ついでに業務連絡。
ウォーミングアップ用にホルスト第1組曲を用意してください。

2011-02-24 23:50 | カテゴリ:未分類

録画していた番組を見ていたら、入浴時間6時間、というのがあってびっくり。
まぁ平均は14分くらいだったので納得ですが・・。


私、長く湯船に入っていることができません。
最近は大丈夫になりましたが、以前はちょっと長い時間入っていると、出るときに必ず立ちくらみが起きたので、できるだけ短時間の入浴を心がけていました。
だから温泉に行っても、ずーっとお湯に浸かっていることができないので、もったいないですね。
最近はだいぶ平気になりました。
たまに遅い時間にお風呂に入って、ついうとうとしてしまうことがあります。
おぼれたら大変!

2011-02-23 23:19 | カテゴリ:未分類

ニュージーランドの大地震。
ほとんど地震の起きたことのないお国柄だったそうです。
連絡が取れなくなっている日本人もいるようです。


足利も普段あまり大きな災害がない地域なので、油断している住民も大勢いることでしょう。
もし足利で大きな地震が起きたらどうなってしまうでしょう。
我が家は3階なので、震度3位でもかなり揺れます。
5階建てを支える事のできる鉄骨が入っているので、家が倒壊したりすることはないと思いますが、家の中には危険がたくさんあります。
高いところにも物が置いてあるし、家具が倒れたりしてしまう可能性があります。


日頃からきちんと対策をしておく必要がありますが、なかなかできません。
こういう機会に地震対策を考えたいと思います。

2011-02-22 23:12 | カテゴリ:未分類

演奏会に来てくれた京子さんからお菓子を頂きました。
次の練習の時に配りますね。


演奏会の評判は上々で、あちらこちらからお褒めの言葉を頂きました。


いつもそうですが、終わってしまってしばらくは何か落ち着きませんが、2週間くらいすると次の練習も始まり、日常が戻ってきます。
終わりは次の始まり。
さぁ、頑張って練習しましょう。

2011-02-21 22:55 | カテゴリ:未分類

本屋さんで「SWAN モスクワ編」を見つけたので、いても立ってもいられなくなり、買ってしまいました。
私のバレエのバイブルである「SWAN」の続編です。
といっても私はバレエを踊れるわけではないので、バイブルというのはおかしいですね。
私にとってバレエの教科書的存在です。
未知なる世界ですが、音楽を通して何となく近く感じる世界です。
今回ご一緒したマツエ牧バレエスタジオさんには「SWAN」がおいてありました。
そしてマツエ牧先生には「アラベスク」を勧められましたが、まだ読んでいません。
だれか持っていたら貸してください!ってやっぱりバレエは畑違いですね。


ちなみに吹奏楽のバイブル的なコミックってないですよね?
「ブラブラバンバン」・・・ちょっと読んだことがありますが、吹奏楽の話じゃない気がしました。
ネットで検索すると「放課後ウインドオーケストラ」とか「ブラボー」とか出てきましたが、もちろん読んだこともないし、どうやら舞台は学校のようだし・・・。
「市民バンド」いう位置づけで密かにバイブルにしている作品(小説)はありますが、舞台はオケだし道ならぬシチュエーションだし、最近はプロになってしまっているので、当てはまりません。
しかし初期の頃は「アマオケ」が舞台で、所々にアマチュア音楽家、そしてアマチュア団体の悩みなどがリアルに表現されていて共感できるところがたくさんありました。


野球なら「ドカベン」「タッチ」、ゴルフは「プロゴルファー猿」、釣りは「釣り吉三平」、テニスは「エースをねらえ」、ピアノは「いつもポケットにショパン」または「のだめカンタービレ」。
私が読んだことのあるコミックばかりですが・・・。
吹奏楽はないんです。
ちょっと寂しいかな。


なにかおすすめのものがあったら教えてください。

2011-02-20 22:12 | カテゴリ:未分類


昨日の練習で頂きました。
とてもシュールなパッケージの中身はチョコボールです。
作っているのは「となりのみよちゃん」というふざけた名前の会社らしいです。
ホームページで見たら、他にも面白いお菓子や雑貨を作っているようです。


そう言えばこれをくれた彼女、前にも↓こんなのをくれたことがあったっけ。
これは「となりのみよちゃん」じゃないですが。


2011-02-20 09:29 | カテゴリ:未分類

定期演奏会後の初練習です。
大月先生との思い出の曲も演奏しました。
サスカッチャンの山、中世のフレスコ画、シンフォニア・ノビリッシマ、エルザ、ノアの方舟。


課題曲5曲。


マエストロの新譜は、魔弾の射手、ラプンツェル(アッペルモント)、狂詩曲スペイン、イタリア奇想曲。
狂詩曲スペイン、イタリア奇想曲は時間切れで次回に回しました。


課題曲は相変わらず「何だかなぁ・・・」という感じです。
?はいつもよりマシかと思ったのですが、やっぱり足吹には合わないようです。
さぁ、今年はどの曲と半年おつきあいすることになるんでしょうか。

2011-02-18 23:00 | カテゴリ:未分類

明日は演奏会後の初練習。
マエストロがまたまた新譜を配るらしいです。
他にもライブラリアンにリクエストしている曲もあるらしいので、盛りだくさんの練習になりそうです。
まぁたまにはこんな息抜きも・・・。
実際には息が上がってしまうほどきつい初見大会ですが。


定期演奏会後、見学の問い合わせが何件も来ています。
先日水曜日には練習会場に来てくださった方もいたようです。
足利TEのおじさん達が応対してくれたようです。
明日の練習でまた来てくださいねっ!


何を配るのかまだ見ていません。
紙袋に入っている楽譜の存在は知っているのですが、怖いので見ません。


明日をお楽しみに!

2011-02-17 23:18 | カテゴリ:未分類

亡くなられた大月先生のかなり若い頃の映像を取り出して見ました。
40代後半のお歳の頃です。
だいぶ昔の映像なのでかなり不鮮明ですが、足吹の演奏会で指揮をしてくださっているお姿です。
30年位前の映像です。
当然マエストロも20代、団長が30代、今の足吹の古い団員も10代〜20代ですね。
その時からいるメンバーはほんとにわずかですが、この頃があったからこそ今の足吹があるのです。
1/19のブログにも書いた、オーボエの京子さんも高校の制服姿でステージにいました。
また今回バスクラリネットでお手伝いをしてくれた方のお母さんものっていました。


演奏はかなり下手ですが、一生懸命でしたね、あの頃は。
今ももちろん一生懸命ですが、あの頃はもっと切羽詰まっていた一生懸命さです。
一度なくなりかけた足吹を何とか立て直し、毎年演奏会が開けるようになり4〜5年の頃です。
この時期を乗り越えられたから創立40年という長い歴史を刻めたのでしょう。


いろいろな意味で懐かしい映像でした。

2011-02-17 00:07 | カテゴリ:未分類
水曜日ですが、練習はお休みです。
代わりに(?)足利TEが練習しました。
今度の日曜日にいつもお世話になっている小島先生のピアノ教室のお楽しみ会があり、そのゲスト出演のための練習です。
娘もこの教室の出身なので(超劣等生でしたが)同じく準ゲストとして演奏します。
どちらも生徒さんに楽しんでもらえる演奏をしてくださいね。
2011-02-15 21:36 | カテゴリ:未分類

中学時代の恩師であり、足利市民吹奏楽団の育ての親とも言うべき大月先生の訃報が届きました。
今朝8時頃のご永眠だったそうです。
私たち夫婦が吹奏楽にここまでのめり込むことになったのもこの先生がいらっしゃったからです。
しかし先生が足利を離れられてかなり長い時間が過ぎたため、なかなかお会いすることもできずに居りました。
足吹35周年の折にもぜひ演奏会にお招きしたいと思ったのですが、お体の具合があまり芳しくなく実現できなかったことがとても悔やまれます。
遠方のためマエストロのみお悔やみに伺うことにいたしました。


谷啓さんに続く、ショックです。


ご冥福をお祈りいたします。

2011-02-14 22:33 | カテゴリ:未分類

昔はドキドキの日だったバレンタインデー。
最近は「バレンタインってなぁに?美味しいの?」という感じ?
会社での義理チョコも特に必要ないので、お気楽なバレンタインデーです。


でもホワイト・クリスマスならぬホワイト・バレンタイン・デー。
仕事帰りの8時頃には車に雪が積もっていました。
その時からずっと降っているようで、道路も結構白くなっている感じ。
明日の朝まで降っていたら、ちょっとヤバイかもしれません。


先週末の「大雪っ!」という予報がほとんど当たらなかった足利ですが、今日は予報通り。
明日の朝も寒そうです。

2011-02-13 21:17 | カテゴリ:未分類


今日はマエストロの好きな「もつ煮込み」を作りました。
豚の中トロモツと胃袋です。
柔らかく美味しくできました。
あまり私はモツが好きじゃないのですが、今日のは臭みもなく、柔らかかったので私も食べられました

2011-02-12 22:43 | カテゴリ:未分類


昨日DVDを受け取りに行った帰り「どまんなかたぬま」で買ったタラの芽、椎茸、舞茸を天ぷらにしました。
あとは海苔、という地味な天ぷらです。
あ、ねぎと納豆のかき揚げ、というびっくりなものも作りました。
大根おろしたっぷりで美味しかったです。
揚げた本人はちょっと胸焼け状態で、あまり食べられないのが天ぷらの宿命なのですが・・・。


あとは菜の花のおひたし。
写真はありませんが、もうすぐ春ですね。
そういえば昔々、高校生の頃、華道クラブに所属したことがあり、その時使った花材の菜の花を見て「おいしそー」って思った事が有りました。
今でも袋川(地元の人しか知らないよね)の土手が菜の花で一杯になると「おいしいかなー」と思ってしまいますが、食べる菜の花は若い菜の花なんですよね。
多分食用のものと種類は違うのでしょうけど視覚的に「おいしそー」と感じてしまう私って・・・。
ちなみに似てる食用の葉っぱに「かき菜」があります。
多分北関東のあたりでしか食べないと思いますが(他の地域では名前が違ったりするかもしれません)、ちょっと育ちすぎたかき菜を頂くと菜の花風の花が付いています。
ほうれん草のような「アク」がないのでこれからの時期、よく食卓にのります。
おひたしで食べるのが定番ですが、私はマヨネーズでサラダ風に食べるのも好きです。


あ、変なこと思い出しちゃった。
子供に授乳中、かき菜を食べたら子供のウ○チが緑色に・・・。
あぁ、母乳ってストレートに母親の食べたものが影響されるんだな、と思い知らされた瞬間でした。
「これ位は・・・」と思ってお酒なんか飲んじゃいけないんだ、と反省(?)した思い出でもあります。

2011-02-11 20:05 | カテゴリ:未分類

DVDできました。
午前中、雪がひどくならないうちに受け取りに行って来ました。
帰り「どまんなかたぬま」に寄り、野菜やいろいろ買って、お昼を食べたあと、見ました。
良かったです、すごく!
特にクラリネットが(昨日からこればかり)。


バレエを正面から初めて見ました。
場当たりの時や、後ろから見ていたのとは全然違います。
バレリーナさん達も本番は気合いの入った踊りをしていたので、改めて感動です。
お二人の先生を含めた小学6年生から高校3年生までの生徒さんによる踊りです。


吹奏楽の演奏会にバレエを入れるなんて邪道だという人もいるかもしれませんが、今回の演奏会はとても芸術的でした。


バレエの次はオペラでしょうか。
もちろん本格的なオペラはできませんが、ガラコンサート的にお客様が楽しめる企画になれば、チャレンジしたいと思います。


当分、今回の感動が尾を引きそうです。

2011-02-11 00:14 | カテゴリ:未分類

DATを聴きました。
全体的には良い感じで鳴っています。


特にクラリネットが良いです!


白鳥湖の細かい音符をさらっと吹いている私達ってすごいです。(soloクラを除くという声もありますが)
Eb、Bb あわせてたった9人で頑張りました。
トランペットと同じ人数だけど負けません。


そうそうDVDも出来上がったので明日受け取りに行ってきます。
白鳥湖のバレエを見るのが楽しみです。


マエストロが「俺だけバレエを見ていない」と言っていました。
確かに演奏者は吹きながらバレリーナ達が視界に入ってきます。
いえ、見てはいません、演奏に集中していましたから!


マエストロはバレリーナに背中を向けていたので、見えませんね。


演奏会に来てくださった方から、お礼状をいただきました。
演奏会から帰り、久しぶりにカラヤン指揮の「白鳥の湖」のレコードを聴いたところ、今回見てきたバレエの様子が浮かび、今までとは違うレコード鑑賞ができたとのこと、これからもこの曲を聴くたびに思い出すことでしょう、と、うれしいことが書いてありました。


私たちにとっても「白鳥の湖」は特別な曲になりました。


こうして演奏会のたびに特別な曲がどんどん増えていきます。


長年足吹をやっていると本当にたくさんの曲を演奏します。
白鳥の湖は2回目ですが、アレンジ違うし(同じマエストロのアレンジなのですが)、調も違うし、別な曲ですね。
14年くらい前なので一から練習し直しだし。


さぁ、また来週から練習が楽しみです!

2011-02-09 23:03 | カテゴリ:未分類

戸田先生のブログに足吹での「菩薩」初演の事が掲載されました。


http://tubium-akira.cocolog-nifty.com/blog/


 

2011-02-08 23:48 | カテゴリ:未分類

戸田さんに「菩薩」の音源を送りました。
喜んでいただけました。


今回の演奏会の感想もいただきました。
企画を含め概ね良かったとのことでしたが、今後の課題は基礎力のようです。
基礎は一生涯忘れてはならないことですね。
基礎がきちんとできている人は維持継続を、そして基礎に自信がない人はもう一回やりましょう。
中学生に戻ったつもりでロングトーンから。
その次はスケール、タンギングの練習、etc・・・・・。
なかなか時間を作れませんが、みんなでぜひ心がけましょう。

2011-02-07 22:42 | カテゴリ:未分類

さて昨日の演奏会のレポートを少々。
9時少し前に会場入りしました。
早速ゲネプロ開始です。
ほぼプログラム順に進めますが、朝一番は音が出ません・・・。


2〜3曲吹くとやっと音が出始めます。
バレリーナの皆さんも衣装、メイクともにばっちり本番モードで、ウォーミングアップに余念がありません。
そうですよね、あんなに高く足を上げたり、飛んだり、ウォーミングアップをしておかないと無理ですよね。
その甲斐あって、エンディングのナレーションあわせまで、ほぼ一回でうまくいきました。


ゲネプロがうまくいくと、やっぱり何となく安心です。


開場1時なのに12時にはお客様が並び始めました。
駐車場が少ないのと、自由席なので、早くからいらしてくださるお客様が大勢います。
定期演奏会の時期は寒いので、1時まで待たずに開場することもあります。
今回も少し早く開場いたしました。
チューニングも早めに始め、余裕を持って開演です。
バレエの効果もあり約1,000人ものお客様です。


1部は足吹だけの演奏で、戸田顕さんの新曲など演奏しました。


2部はもちろんバレエとナレーションを入れて、足吹版「白鳥の湖」です。
バレエが素敵です。
私たち演奏者は後ろからバレリーナさん達を見ることになりますが、見とれていると自分の出番を忘れたりしそうなので、ここは冷静に指揮者と楽譜に集中です。
客席からはどのように見えていたのでしょうか。
来てくれた知り合いは皆さん「良かった!」と言ってくださったので、ひとまずは大成功です。
マエストロが1曲スルーしてしまいそうになったのは、内緒です。
罰として「乾杯の音頭」をすることになったのは当然のことですね。


打ち上げにはバレエ団の先生(お二人はステージで踊ってくださいました)も参加されて、あっという間の2時間でした。
皆さん、お疲れ様でした。

2011-02-07 08:16 | カテゴリ:未分類

 


定期演奏会本番です。
いらしてくださったお客様、いろいろご協力くださった皆様、そして団員諸君、ありがとうございました。
おかげさまで盛会でした。
いろいろなハプニングもありましたが、良い演奏会だったと思います。


詳細は徐々にupします。


↓ゲストのバレエ団の方にいただいたお花です。


2011-02-05 23:36 | カテゴリ:未分類

今日は戸田先生のリハーサルです。
ステージも山台や椅子、譜面台を本番用にセッティングしました。
ハープも入り、さらに本番モードです。


客席で聞いたマエストロの談によると、金管と木管のバランスも良く、音もなかなか良いらしいです。
明日の本番が楽しみです。(個人的にはボロボロだったので、ちょっとヤバイですが・・・)

2011-02-04 23:40 | カテゴリ:未分類
ステージで練習です。
今日もバレエあわせをしました。
今日はMC無しなので、ピースごとの練習となりました。
バレリーナさんたちは回を重ねるごとに足吹の演奏にも慣れてくれて、ますます本番が楽しみです。
どうしても演奏が走ってしまったり、重くなってしまったりすると踊る方は大変です。
生演奏で踊っていただくというのは、ホント、大変なんですね。
演奏だけなら、その時の雰囲気でテンポが変わることも良くあることですが(フェルマータの長さなんて、もう、指揮者の気分次第?)、踊りが入るとなると、テンポの変化は厳禁ですね。
安定したテンポでの演奏を心がけましょう!
2011-02-03 22:52 | カテゴリ:未分類

課題曲の楽譜が届きました。
参考音源は聞いていませんが、スコアを見た限りでは?もあまり変な曲ではなさそうです。
今年はどの曲になるのか、それともコンクールに出るのか・・・。
多分演奏会が終わったら、ライブラリアンから楽譜が配られると思います。
自由曲は全く白紙なのでドキドキですが、練習して楽しい曲だといいなぁ。


今日木曜日はフリーですが、明日はまた練習があります。
金曜、土曜と練習をして、いよいよ日曜日は本番です。
雪が降ったら困るなぁと思っていましたが、大丈夫そうなので一安心です。

2011-02-03 01:56 | カテゴリ:未分類

今日もステージでの練習でした。
この間の日曜日、ぼろぼろだった演奏もだいぶ落ち着いたようです。
日曜日はバレエの皆さんと一緒だったので、きっと団員が変なテンションだったのでしょうね。
落ち着いて演奏できるように頑張りましょう。


練習後、客席2列の撤去をしました。
団員も慣れているので段取りよく、短時間で作業が済みます。
私?もちろん手は出しません。
若い人が頑張ってくれます。


「あしすい通信」完成しました。

2011-02-02 01:21 | カテゴリ:未分類

「あしすい通信」の原稿書きなぅ。
ちょっとバレエのことをお勉強しようと「SWAN(秋田書店 全14巻)」を出してきました。
危なかった・・・。
読み始めちゃうところでした。
まぁ読むの早いんで、朝まではかかりませんが、読み始めたら完璧寝不足&原稿落ち必須。
自制できたので半分出来上がりました。
残りはまた明日。


あー、明日は練習だ!
だからもっと早く始めれば良かったのにぃ・・・。