2013-04-23 12:43 | カテゴリ:その他
昨日も9時半まで残業。
今日も仕事が進まないので残業必須です。

一時期はずっと定時帰りができる位の仕事量だったのですが、人の異動や退職があったりして、年明けからずっとい忙しいです。

といってもなるべく8時頃には帰れるようにしています。
もう9時、10時まで残業する体力がありません。

一度定時帰りの楽さを味わっちゃうと、残業がとても面倒に感じます。

定時で帰れば、買い物をして夕飯を作って、のんびりドラマを見て、ってできるのに、8時帰りだと夕飯も作れません。

まぁ小さい子供がいるわけじゃないから良いけど・・。
2013-04-21 19:28 | カテゴリ:その他
選挙の都合で練習が休みになったので、万座温泉に行ってきました。

「満天の星空を見ながらの露天風呂」に期待していたのですが、あいにくの曇り空。
そして山に入ると、まさかの雪。



みるみる周りが白くなって来ました。



満天の星空が一転して雪見風呂になりました。

夕食はバイキングと飲み放題。



お風呂に夜3回、朝1回入り、お肌がスベスベになりました。

そして翌朝起きると、何ということでしょう、辺り一面の銀世界、車も真っ白です。



何とかチェーンを巻かずに下山することができました。

渋川の辺りはまだ桜が咲いていました。
散ってしまった木もずいぶんありましたが、雪とのコントラストが綺麗でした。



そしてこもちむらの道の駅では八重桜が綺麗でした。



赤城山も上の方は真っ白で写真を撮ったのですが、iPhoneなので遠すぎてわかりませんでした。
近いところを撮るだけならiPhoneで十分ですが、景色を撮るにはやっぱりちゃんとしたカメラじゃないとダメですね。

次回出かける時は、デジカメを忘れずに!
2013-04-13 23:16 | カテゴリ:吹奏楽
今度のコンサート(スプリング 改め プロムナード コンサート)のメインの曲、「ビート・ザ・ブルース」のアレンジが終わり、楽譜が配られました。
ゲスト 小山太郎さんの作曲した曲で、アルバムのタイトルにもなっています。

楽譜自体は難しくないのですが、曲にノリきれるかどうかが心配です。

今回のコンサート、1部はクラシックがメインです。
テレビでよく流れる曲を集めてみました。
まだ最終決定していない部分もありますが、核になる曲はほぼ決まったようです。

あとは練習あるのみ。

そして1部と2部の曲のギャップに慣れることが重要です。

楽しいコンサートにしますよ!
2013-04-12 12:37 | カテゴリ:未分類
4/7(日)足吹女子有志で日本酒友の会が開催されました。
しばらく前から開催が噂されていましたが、なにしろ私が体調を崩して飲めない時期があり、そんなときにはもちろん開催しませんから。

ようやく体調も戻り飲めるようになったので「お待たせしました!」

お酒やお料理を持ち寄って、昼間から宴会です。

写真をほとんど撮らなかったのですが、立派な真鯛の塩焼きです。
これだけはしっかり撮影しました。
こんな大きな魚を焼いたのは、私も初めてでした。



次回はいつにしようかな?
今度はしっかり写真も残します。
2013-04-03 23:24 | カテゴリ:吹奏楽
今日から新年度の練習開始です!

課題は山積みなのですが、個人的には楽しく楽器が吹けるのが一番です。
もちろん「ただ吹いているだけ」では必ず飽きてしまうので、それぞれの目標を持って練習に取り組みたいです。
まぁ仕事や勉強と一緒だけど、何でも目標がないと続かないですね。

例え趣味であっても目標がないと「休んでもいいかな」「やめちゃってもいいかな」と安易に考えてしまいそうです。
だからといって、とてつもなく高い目標も、達成できずに挫折する、ということになりそうです。

時々マエストロから「今回の演奏会に向けて、○○を目標に練習しよう」と言われることがあります。
ダイナミクスだったりアインザッツだったり様々ですが、要求されるということはできていないということですね。
一般バンドは学生の時と違って「それを解決するためにはどうすれば良いの?」というところは親切に教えてくれたりしないのです。
こんな時、頼りになるのがパートリーダーです。

どうしたら良いか聞いてみましょう。
基礎をあまりやらずにそこそこ吹けるようになってしまうと、肝心なことがわかっていなかったりします。
また、先輩方は長年の経験で、役に立つ知識を持っていたりします。

自分がここをできるようになりたい、と思ったら遠慮しないでできている人に聞いて教わるというのが、一番良い方法だと思います。
一般バンドはそれができるんです。
パートリーダーに限らず、また自分のパートだけでなく、頼りになりそうな人にどんどん聞いてみましょう。

今よりも少しでも上手になったら、今吹けないところが吹けるようになったら、また新たな課題を見つけてチャレンジしていきましょう。

なんて、新年度なので、とてもそれっぽい内容を書いてみましたが、実際にできることですので、ぜひ実践しましょう!