2014-04-30 23:40 | カテゴリ:吹奏楽
次の土曜日はGWで練習がお休みになります。

それなので(個人的には)次回の分まで頑張って吹きました。
・・・なんていうことはできません。
吹き貯めはできません。

でもエルカミーノ・レアル、課題曲のマーチ2曲、しっかりと練習しました。

少しずつEbクラにも慣れてきました。
クラリネットと同じことをやったり、時にはフルートやオーボエと同じことをやります。

なかなか微妙なポジションですが、エルカミーノ・レアルはマエストロにお願いしてお休みのところにBbクラのパートを入れてもらいました。
なぜかフルートのパートも入っていましたが、それはそれで楽しいです。

ソロクラを吹いていたときは、オーボエのキューが楽譜に書いてあることがあり、いなければ当然入れますが、キューのない楽譜でも抜けてしまうと思われるソロは事前に拾っておいて吹いていました。

Bbクラの時はオーボエのCの楽譜を見ながら一音上げて吹けたのですが、まだEbクラでは慣れていないので、たぶん楽譜を書かないと吹けない気がします。
Ebクラを吹いているうちにEb、Bb、Cの読み替えがスムーズにできるようにしたいです。

(以下はご存じの方、スルーしてくださってOKな基本的な話です。)

ちなみに吹奏楽でCの仲間は、ピッコロ、フルート、オーボエ、バスーン、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、ストリングベース、鍵盤打楽器、ピアノ。
BbはBbクラリネット、バスクラリネット、コントラバスクラリネット、ソプラノサックス、テナーサックス、トランペット。
EbはEbクラリネット、アルトクラリネット、コントラアルトクラリネット、アルトサックス、バリトンサックス。
Fがホルンとイングリッシュホーン。

こんな感じで分かれます。
Bbクラ、Ebクラとクラリネットはそのままの調をつけて呼ばれていますがサックスはアルトとかテナーとなります。
一応Bbクラはソプラノ、Ebクラはソプラニーノと区別されることもありますが、その名前で呼ばれることはほとんどありません。

あ、ユーフォニアムは本当はBb管で、Cの楽譜を吹くための指使いが基本で・・・みたいな話を聞いていますが、よくわからないのでとりあえずC管グループに分類です。
詳しいことはユーフォ吹きに聞いてください。

C管に対してBb管は#を2つ付けます。
Eb管は3つ付けます。
クラシックで使われる調はAが多く、そうするとBb管は#が5つ、Eb管は#6つ。
高音のピッチと#が多くなることが今のところEbクラ吹き(私限定か!)の課題です。

どうしても吹けなかったらU田さんのCクラを借りればいいですか?

今回のプロムナードコンサートではクラシックのアレンジものがないので、#の嵐はないのですが、今のうちにEbクラの指の感覚をインプットして、#と戦えるようにしておきたいと思います。

2014-04-29 23:54 | カテゴリ:その他
祝日です。
しかし出勤しました。
いつもの通勤路が浅間山(あさまではなく、せんげんやま、ペタンコ祭りで有名)の下を通る道なのですが、丁度、渡良瀬橋が今工事中で、毎朝信号2回待ち位の混雑です。

ところが今朝は、1台も前に車がない状態で、信号まで到達。
もちろん赤だったので、止まりましたが、他も道が空いていました。

しかし、落とし穴はあるもので、前に他県ナンバーの車がいて、これが超ゆっくり!

帰りは違う道を通って帰るのですが 、ここでも前に他県ナンバーのゆっくりな運転手さんがいました。

しばらくすると、その車は、有名なもなか屋さんへ、これまた、ゆっくりと入っていきました。

さすがGW!
あちらこちらにこんな車が一杯のようです。

知らない場所で必要以上にゆっくり走るのはやめて欲しいです。
2014-04-28 18:33 | カテゴリ:その他
会社の同僚と話をしていたら「ガラスの仮面が読みたい」と。
あと「キャンディキャンディ」と「エースをねらえ」も。
全部持っています。

ということでまずは下の2タイトルを貸し出しました。





どちらも愛蔵版なので4-5冊。
ガラスの仮面はコミックだし、50冊位あるのでまた今度にしました。

早速「キャンディキャンディ」を読んで泣いたそうです。
泣きますよ!
「エースをねらえ」はもっと泣きます。

そんなわけで貸本屋を臨時開店いたしました。
2014-04-28 06:23 | カテゴリ:その他
衣替えの季節です。
だいたい毎年GW頃に衣替えをしています。

私はかなり寒がりなので、4月の終わり頃にならないと冬服がしまえません。
そして4月も後半になると結構暑い日もあり、夏の支度も必要になります。

するとどうなるかというと、オールシーズンの服がしまえずに散乱することになってしまうのです。

fc2blog_20140427222021f33.jpg

恥ずかしいのでちょっと写真を加工しました。
(恥ずかしいなら載せるな、と言われてしまいそうですが)

もうすぐ着なくなる冬服を洗濯した後、普段使うタンスにしまおうか、それとも押し入れの季節外の衣装ケースにしまおうか、あぁ、時間がないからとりあえず、ここに置いて・・・・、と汚部屋になりそうな危険信号です。

畳んだ洗濯物を大急ぎでリビングから寝室へ避難させたときもつい放置状態になります。

その積み重ねで上の状態になったものを片付けました。

fc2blog_201404272220528f3.jpg


そんなにたくさんあるわけではないので、すぐ終わったのですが、最近ゲームしたり本を読んだりしてだらしない状態になっているので、反省しなければ・・・。

やらなければならないことを先にやってしまうのが苦手です。
つい先送りして自滅の一歩手前でやっつけるような時もあります。

やり始めると、一気に・徹底的に、という感じになりがちなので、あまりいい性分ではないですね。

ちょっと自戒の意味も込めて、片付けbefore afterをやってみました。
2014-04-26 23:21 | カテゴリ:吹奏楽
前半は1部の曲、後半は2部の曲を練習しました。

足吹の練習スケジュールは水曜日は19時から21時30分、土曜日は18時から21時30分です。
最初の1時間は個人のウォーミングアップや個人練習、パート練習の時間に充てています。

本当は最初から合奏練習をしたいのですが、特に水曜日は仕事のある人はなかなか集まりにくいので、実際に合奏練習が始められる時間は20時頃になってしまいます。

個人的には最近は仕事が落ち着いているので、水曜日も19時までには行けるのですが、忙しいときには合奏が始まる時間ぎりぎりや遅れて滑り込むこともありました。

でも少しでも早く行って個人練習をしないと、どんどん指が動かなくなりそうなので、ここ何年かは水曜日も早めに行けるように調整しました。
そのしわ寄せで他の曜日に9時頃まで残業、なんて言うこともありましたが・・・。

そしてコンミスを退いてからは(大袈裟か?)土曜日はなるべく18時前に行くようにしています。
マエストロが17時頃鍵を開けるために出かけてしまうので、早く行って手伝うときもあります。

だいたい早く来るメンバーは決まっています。
パーカッションのメンバーは楽器出しに時間がかかるので、早めに来ますが、パーカッションよりも早く来て、楽器出しを進めてくれるメンバーが2~3人います。

以前は私もティンパニを運んだりしたのですが、最近は年のせいにして遠慮させてもらっています(すみません)。
その代わりに基礎練習などをやるようにしています。

Bbクラからバスクラに移った頃、バスクラの基礎練習とBbクラの基礎練習もしたくて、早く行くようにしたのですが、これからもなるべく継続したいと思います。

さて私もそうですが、自分のチューニングにはこういうチューナーを使っている人が多いです。

fc2blog_20140427221916806.jpg

手前のクリップ上になっているマイクをクラリネットならベルに挟んでチューニングすると、騒がしい場所でも自分の音だけ確認できるので便利です。
トランペットなどはクリップ状になったチューナーを目の前につけて使えるのでもっと便利そうですね。

img59351172.jpg

クラリネットは本体を譜面台などに置く必要があるので、合奏中には邪魔になってしまいます。
あ、最近は譜面台につけるチューナー置きもあるので、それなら楽譜が見えなくなったり、本体を落としたりしなそうですね。

こんな風に各自音を確認してから合奏前の全体のチューニングが始まります。

ほとんどの学校や団体が使っているハーモニーディレクターで基準の音(Bb)を出して全体を合わせるのですが、水曜日(だったと思います)はなかなか音があってきません。
もちろん真冬の練習は楽器が暖まらないこともあり、合いにくいのですが、今の時期にはそんなに全体が合わないことはありません。

それなのにみんなが合わない、私も合わない、なぜ?

で、思い出したのです。
以前にも同じようなことがありました。

ハーモニーディレクターの出す基準音が違っていたのです。
私たちが使っているハーモニーディレクターは、練習会場としてお借りしている中学校の音楽室に置いてあるものをお借りしています。
自前のものももちろんありますが、練習のたびに入れ替えてアンプをつなぎ直したりするのも手間なので、そのまま使わせてもらっています。
当然、その吹奏楽部もチューニングは同じ442HzのBbなので、ハーモニーディレクターも当然そのままという先入観があり、基準音を出したのですが、その日はたまたま違っていたようです。

このハーモニーディレクターは優秀なので442HzのBbでも純正調か平均律かで数セント、ピッチが変えられるようです。

そんなわけで、基準音を出し直して、今度はある程度音が合いました。

ちゃんと楽器が吹けるメンバーはチューナーがなくても基準の音に合わせることはできるし、たとえ基準の音が違っていても、その違っている音に合わせることのできる耳は持っています。
でもチューナーだけに頼っていると、ほかの人の音を聞いて合わせるとか和音を組む、とかができなくなってしまうので、ちょっと注意ですね。

かくいう私はまだEbクラの音程に慣れず、チューナー必須です。
Ebクラはマウスピースが小さいので、ちょっとアンブシュアが変わると音程がすごく変わります。
楽器の癖もあるので、はやく慣れてストレスなく音程を合わせるようにしたいです。

2014-04-23 23:43 | カテゴリ:吹奏楽
今日は「エルカミーノ・レアル」をメインに練習しました。
メインと言うより水曜日で時間も短かったので、ほぼ一曲で時間がいっぱいでした。

今になってつくづく思います。
学生時代はなんてすばらしかったんだろう、毎日毎日部活があって、何時間も吹けて、夏休みなんて一日中楽器を吹いていられました。
もちろん、その頃はそんなこと考えたこともありません。

そしてその頃は課題曲と自由曲のたった2曲を何ヶ月も練習しました。

そりゃ、暗譜もできるし、指だって動くようになりますよね。

学生時代は質より量で練習をこなしました。

社会人になった今、量を満たすことは難しいです。
だとしたら練習の質を上げないとだめだと思います。

社会人の特典の一つに多少お金を使えることがあげられると思うので、これで質を上げましょう。
きちんと整備された楽器でマウスピースやリードもよいものを使いましょう。
チューナーやミュート、スタンドなど演奏の改善に役立つものはそろえましょう。
参考になるコンサートに行ったり、CDを買ったり、教則本や楽譜を買ったりしましょう。

時間を作って、カラオケボックスに行って、練習しましょう。

まずは今よりうまくなることを目指そうと思います。

まぁ、お金を使って簡単にうまくなる、なんて言うことはあり得ませんが、多少は使った方が楽器を吹く環境はよくなるのではないかと思います。

はい、リペアに出していたEbクラリネット、調子が良くなって戻って参りました。
自分の指もリペアできたらいいのに・・・・!
2014-04-21 22:56 | カテゴリ:その他
この間はなかったのですが、今日見つけたので買ってしまいました。

fc2blog_20140421223321e1f.jpg

ちゃんと村岡花子さんの訳です。

1-5まであったので、大人買い!
6以降は妹が大人買いしてくれるようです。

さっそく読み始めましたが、ちょっと文体が古風なので、最近軽いものばかり読んでいたので、慣れるまでいくらか時間がかかりそうです。

慣れればあっという間に読んでしまうのですが。

しばらくは読書がメインになるかもしれません。
2014-04-19 23:53 | カテゴリ:吹奏楽
Ebクラ(RC)をメンテナンスに出しているので、久しぶりにセルマを吹きました。



40歳位の古い楽器ですが、まだまだ鳴りますよ。
問題はピッチが低い事。

ずっと吹くことになれば、短めのバレルを探しましょ。
そのうちトスカ買うかもしれないし。(ナイ、ナイ)

水曜日にゲストの原さんが来て2部の曲を集中的に練習したので、今日は1部の曲をメインに。

最近の足吹は金管より木管の方が結構充実しています。
ただし、フルートは団員募集中。
そしてオーボエも1本不足です。

金管は全般的に募集中です。
特にトロンボーンは高齢の方3名と若い人が1名だけなので、若い方2名急募らしいです。
メインは若い方に吹いていただいて、おじさん達は美味しくて楽なところをちょっと吹く、のが望みらしいので、よろしくお願いします。

足吹は難しい曲ばかりやっていると思われがちですが、聴くと難しい吹くと楽しい曲も多いので、若い方にもぜひ仲間になって欲しいです。

2014-04-18 12:32 | カテゴリ:クラリネット
先日facebook内のクラリネットコミュニティに入れていただきました。
早速、おいしそうな記事に出会い、入った早々、図々しく書き込みしてしまいました。

それはさておいて、その中でご自分のマウスピースやリガチャーなどをずらっと並べている写真があったので、真似をしてやってみました。

fc2blog_20140417224159a3f.jpg

わーお!ありますねぇ。

自分で買ったものとU田さんから借りっぱなしのものと、すでに混ざっておりますが、たくさんありますね。
ぐるぐるリガチャーはもう使えなくなってしまったものもあるのですが、捨てられないので全部とってあります。
再生すれば使えそう、とケチっている私でした。

fc2blog_20140417224340494.jpg

クリスタルのマウスピースがいっぱいあります。
一番最初に使ったクリスタルはセルマのもので、今は入手不可能です。
あ、そういえばオークションで昨日見かけた気がしますが・・・。

最初のセルマは見事に落として割りました。

その後バンドレンのA1に出会って、ずっとA1一途でした。
たまに樹脂のマウスピースに浮気しながらも、マエストロがクリスタルの音を気に入っていて、結局戻ることになりました。

さすがに近年はクリスタルではきついのと、バンドレンのM30が割と良い感じだったので、それで吹いていました。

でもバスクラに移動した直後は、練習のためBbを吹くと、樹脂のマウスピースでは息の量が入りすぎてコントロールができなかったのですが、クリスタルのマウスピースなら、ちょっと抵抗があり、コントロールすることができました。

そのときは借り物のポマリコの青を使いましたが、今度時間があったら、もう一度順番に吹いてみようと思います。
まず手始めに次の練習はA1かな?

樹脂のマウスピースもいろいろな種類を持っています。

やはり中学生の頃、最初は楽器についているヤマハのマウスピースを使い、その後足吹にはいり(確か中2?)社会人や高校生の先輩にバンドレンの5RVを勧められ、使い始めました。

やがて社会人になり、いろいろなマウスピースが良いと聞く、買ったり借りたり試奏したりで試してみました。

結局長い時間使ったのは、5RV、A1、M30です。

貸してそのままになったのもあれば、譲ったマウスピースもあります。
私も借りっぱなしのものがあったり(使わない、というので借りっぱなしです)ちゃんといただいたり買い取ったのもあります。

リガチャーもいろいろ使ってみました。
試奏して良いと思っても、実際合奏練習で吹くと気に入らなかったりします。
娘に貸したり、団に新しく入った人に試してもらったりしています。

金属のリガチャーはほとんど持っていません。
以前使ったものは壊れました。
金属のねじの部分がだめになったり、折れてしまったり、皮や布のものも今持っているのは写真の2つとあともう1つです。

Ebクラのリガチャーも探さなきゃ!
2014-04-17 00:13 | カテゴリ:PC関連
surface pro購入から半年以上経ち、ようやく純正のキーボードを購入することができました。

それまで使っていたのは、ipadの時に使っていたこれです。

fc2blog_20130916215933cab.jpg

ずっと我慢していたのですが、これはmacのキーボードなので、入力切り替えがうまくいきません。
windowsの標準であれば、いわゆる漢字キーを押せば切り替わるのが、いろいろやっても切り替わりません。
マエストロ(mac使い)に聞いて切り替えをやってみたのですが、だめで、仕方なくsurfaceのソフトウェアキーボードを一度呼び出して、そちらで入力の切り替えをして、キーボードで入力、ということをやっておりました。

仕方ないかな、という気持ちとやっぱり純正を買おうかなという気持ちの間で、乙女心は揺れ動き(違う?)ましたが、7ヶ月が過ぎ、タイプカバー2でマゼンダが出たので、買ってしまいました。

fc2blog_201404170006531e8.jpg

fc2blog_201404170007097e8.jpg

マエストロには「何だ!その色は!」と言われましたが、女の子なのでいいでしょう?
・・・・女の子じゃないけど・・・・

やっぱり入力が快適です。
そして純正なので、磁石でドッキング、カバーにもなります。
キーのタイプ具合は良好です。

もうちょっと安くてもいいと思うんですが、マイクロソフト強気ですね。
でも快適になったから、よしとします。

もう、ブログもじゃんじゃん書いちゃう・・・かも?
2014-04-16 23:07 | カテゴリ:吹奏楽
今日の練習はゲストの原正夫さんがいらっしゃいました。
いつもは教室(中学校の音楽室で練習しています)の一番後ろに置いてあるピアノをセンターに持ってきました。
なので私の席はピアノの鍵盤がよく見える位置でした。

うちのピアニストはゲストが来ると降り番になってしまうのでヒマですが、今日は私の横に椅子を置いて、ゲストの手元をガン見でした。

一曲目のレッスンが終わったところで、私の席の方がよく見えるので替わることにしました。

原さんとうちのピアニストの関係は昨年の小山太郎さんがゲストだった時に特別にレッスンをお願いしたという師弟関係にあります。
ピアニストさん、師匠の技を盗んでね!

ゲストの入る曲はアンコールを入れて6曲です。
以前に演奏した曲もありますが、今回新たな曲があるので楽しみです。



2014-04-12 23:36 | カテゴリ:吹奏楽
プロムナードコンサートの練習です。

次の水曜日にゲストの原正夫さん(ピアノ)がいらっしゃるので、そのリハーサルも兼ねて、2部の曲を確認しながら練習しました。

今回のメインの曲でもある愛情物語はご存じの通り、テーマがショパンのノクターンです。
ということで原曲をうちのピアニストさんに弾いてもらいました。

練習会場の調律がイマイチのピアノでしたが、やはりこういう曲は目の前で弾くのを聞くに限ります。
CDやYOUTUBEで聞くのとは違います。

ピアニストさん、無茶振りしてごめんなさい。

さて練習を早めに切り上げて、今日は足吹2014年度の総会です。

総会の議題は前年度の決算報告、役員等人事の承認、今年度の行事予定の発表などです。
今年度の予算は立てていません。
一般バンドなので、余計に使える予算もなく、また潤沢に有り余るほどの会費を徴収している訳ではないので、赤字にならず、当面の活動資金さえあればいい、という状況です。

以前は会費と楽器購入用の資金と分けて徴収していたのですが、主立ったものは購入済み(高価な個人持ちも多数!)なのと、結局会費が足りなければ楽器購入資金から補填せざるを得ないので、金額同じで名目を会費だけにしました。

うちの団体は夫婦会員が多いので奥様は割引にしています。
もちろん、社会人、大学生(専門学校含む)、高校生と会費額は違います。
学生は親にお小遣いをもらっている、とみなして低額にしています。
中学生も若干いるのですが、たいてい親が入っているし、研究団員ということで無料にしています。

他の団体の運営資金等、とても興味がありますが、なかなか公開しづらいところですね。
20年くらい前にバンドジャーナルという雑誌で一般バンド特集をやったときに、会費も記載されていたのですが(もちろんうちも載りましたよ)、だいたい平均的な金額だった記憶があります。

今時はどんな感じなのでしょうか。
いろいろな運営状態のバンドがあるので、きっと以前よりも高低差があるような気がします。

本番に向けて短期集中で練習する団体は、年間通しての運営費は不要だろうし、団で所有する楽器がなければ、メンテナンス費も個人持ちだろうし、場合によっては楽譜も借り物で済まそうとするイケナイ団体もあるかもしれません。

さぁ、今年度も赤字にならないようにがんばらなくちゃ!
2014-04-09 23:14 | カテゴリ:吹奏楽
私のブログの写真、トスカのEbクラリネットをあたかも自分のもののように載せてありますが、これは嘘です。
どうしても欲しかったので、あぁ~ごめんなさい。
つい出来心で、この間お借りして吹いた時の写真を使ってしまいました。

吹かせていただいた記念と、ずっとEbクラをやることになったら絶対買うぞ!という決意の気持ちとして載せておきます。
ブログのテンプレートを変えたら、きえるかもしれませんが。

今吹いているEbクラはこれです。



クランポンのRCで実はこれもU田さんの所有物です。

写っている楽譜は、リードのエル・カミーノ・レアルです。
オープニングの曲はこれになるようです。

練習頑張りましょう!
2014-04-08 23:08 | カテゴリ:未分類
ちょっと本を探しに行って、目的の本はなかったのですが、つい購入してしまいました。



新しく始まったNHK朝ドラの原作です。
読み終わった後なので、ちょっと表紙がめくれあがっています。

もちろん3時間くらいで読み終えました。

朝ドラの最後にナレーターの美輪明宏さんが「ごきげんよう、さようなら」と言うのですが、ルーツがわかりました。
もちろんネタばらしはしません。
ドラマでは違う設定になっているかもしれませんし。

この「ごきげんよう、さようなら」は足吹の演奏会に来てくださった方なら、必ず毎回耳にしている言葉です。
エンディングのナレーションの最後はこの言葉になります。

曲はいろいろですが、エンディング・ナレーションの最後はこの言葉に決めています。

私の母校で以前は伝統的に使われていたご挨拶です。

結構歴史のある女子高で、私の時代には家政科がありました。
私も家政科の出身で、この科目、調理や被服という科目の先生は母校の出身者も多く、それこそ一昔前の世代の方なので、多分、「ごきげんよう、さようなら」が日常的に使われていたかもしれません。
もしかしたらルーツは村岡花子さんかも?

ちなみに我が母校は私の時代には結構独特のルールがありました。

セーラー服なのですが、どんなに暑い夏でも、素肌に制服はNG、肌着着用は必須です。
また寒い時期のカーディガン着用もNGで通学時は黒、または紺のコート着用。
制服のセーラー服は胸当てがないタイプ(V字)ですが、この胸元から見える下着はNG、下に着るセーターが見えるのもNGです。
ヒートテックもない時代なので結構大変でした。
靴下もワンポイントはOKだけどラインはNGの白でハイソックスは不可。
冬は黒のストッキング。

その頃は胸ポケットに名札をつけていましたが、学校から外(通学時)に出る時はポケットの内側に向けて名札をつけ直す事になっていました。
うっかりそのまま市内を歩いていると、見知らぬおばさまに「名札が出てるわよ」と注意されました。

まぁプライベートは「ごきげんよう、さようなら」にはほど遠い生活ですが、演奏会の最後はこの言葉で締めくくっています。
足吹の司会をずっとやってくださっている方も同じ高校の出身です。

娘達は残念ながら私の母校には進学してくれなかったのですが、もしかしたら孫娘が?と今からひそかに期待しています。
ママは娘達と同じ高校だから、そっちかな?

2014-04-06 22:26 | カテゴリ:クラリネット
BbクラとEbクラ兼用出来るスタンドはないかと探していたところ、K&M 152/2 が使えることがわかりました。
昨日ネットで価格を見ると最安値1,250円 最高値3,132円と凄い差がありました。

もちろん安いところでお買い上げ。
最安値ではありませんが、在庫有りで1,274円(税込み、送料別)です。
最高値の3,132円は送料込みでしたが、こんなにも価格に差があるんですね。
ドラクエのバザーみたい ← 知らない人スルーしてください。

もちろん今日届きました!

早速、組み立てて楽器を立てて確認しました。

まずEbクラ

fc2blog_20140406214641252.jpg

そしtBbクラ

fc2blog_20140406214622f10.jpg

折りたたんだ状態はこんな感じです。

fc2blog_20140406214608a0e.jpg

楽器ケースには入りませんが、とっても軽いので楽譜と一緒に持って歩けます。

Bbクラ専用のスタンドはベルの中に入るこれもあります。

fc2blog_20140406214534757.jpg


fc2blog_20140406214548c5a.jpg

スタンドは持ち替えの必需品です。

持ち替えしなくても、あるととても便利です。
2014-04-05 23:42 | カテゴリ:吹奏楽
プロムナードコンサートの練習です。
今回はほとんどの曲が決まっているので、あとは練習あるのみ。

しかしオープニングの曲がまだ決まっていません。

天国の島(何年か前の課題曲)が候補にあがっていましたが、今日、新たに候補曲が配られました。

ともにリードで「カーテン・アップ」と「エル・カミーノ・レアル」です。

前回の定期演奏会には「音楽祭のプレリュード」を演奏しましたが、今回はどちらになるでしょうか。
はたまた、全く別の曲になるか・・・・。

アルフレッド・リードさんの曲は、何故かテンションが上がります。
メンバーも何度か吹いている人が多いので、慣れているせいもあるかもしれませんが、ついつい吹きすぎてしまいます。

でもリードの曲は楽しいですね。

今、Ebクラで、どの楽譜でも新鮮なので、余計楽しい気がします。
でも楽譜を見切れていないので、ちょっとダメですね。

なんども(Bbクラで)吹いている曲なのに、失敗しちゃいました。

マエストロは私には厳しいんです!

がんばって練習しなきゃ!

2014-04-02 00:33 | カテゴリ:クラリネット
早いですね、日本の流通は!

昨日の14:00頃頼んだリードが、今日の11:00頃届きました。

まぁ東京からなので、近いですが。

自分で見たり触ったりして確認しなければならないもの以外は、やっぱり通販は便利です。

まして近くの品揃えが良くない場合は、つい利用してしまいます。

早速開けて、一度水で湿らせて、リードケースに整列。
Bbクラ用で使っていたリードケースを、Ebクラ用にしました。
もちろんBbクラ用も残しましたよ。



Bbクラのリードと娘に貰ったリードと今回買ったリード2箱、勢揃い!
小さいケースは裏側にも6枚入っています。
比較的キレイなリードで一安心しました。
たまに色が茶色いのとか、筋っぽいのとかあるのですが、今回のはありませんでした。

あとは鳴るかどうか。
少しずつ慣らしていくと長持ちするようですが、ある程度は消耗品なので仕方ないですね。

消費税UP前に買った大事なリード(笑)、次にいつ買えるかわからないので、大事に使いますねっ!