2014-06-30 15:09 | カテゴリ:クラリネット
セルマのEbクラリネットの調整をお願いするために上京。
ちょっと気になっていたマウスピースの試奏もしてきました。

調整をお願いしたのとは違う楽器屋さんなのですが、近所なので徒歩で。

もちろんマエストロと一緒に行ったのですが、1件目の楽器屋さんで下ろしてもらい、別行動をしました。

さてお目当てのマウスピースはアレクサンダー・ヴィルシャーのF115というマウスピースです。
NEWタイプだそうです。

さすがに試奏しているものの写真を撮るのも何なので、Bbクラのものですがその楽器屋さんの画像をお借りしました。

f105-t_web.gif

ハイパフォーマンスポリマー(硬質樹脂)で作られたマウスピースです。
受注生産のため、サンプルで試奏できます、とのことでしたので、予約して行ってみました。

印象ですが、まずレスポンスが良いです。
マウスピースの開きが今使っているもの(バンドレンM30)と近いものを試奏したのですが、リードとの相性は同じくらいです。
マイナス面はピッチが上がってしまうことです。
Bbクラのアレクサンダー・ヴィルシャーのマウスピースを持っていますが、こちらはピッチがかなり低くなってしまいます。
そのつもりで臨んだ試奏でしたが、予想外でした。

そういえばバスクラリネットのヴィルシャーも低めにはなりませんでしたね。

あ、どうせ行ったのならBbクラのマウスピースも試してみれば良かったです。

もう一つ吹奏感はとても良かったのですが、自分で感じた音色がちょっと固いと感じました。
固いというより明るすぎるという感じかもしれません。

試奏するときはたいていマエストロに聞いてもらうのですが、今回は聞いてもらうことができませんでした。

購入を取りやめた一番の要因は納期です。
受注生産ということで1~2ヶ月かかるそうです。

そのうち量産体制になったら購入を再検討してもいいかな?


2014-06-28 23:42 | カテゴリ:未分類
6月最後の土曜日です。
もちろんコンクールの練習です。

だいぶ突っ込んだ練習をしているので、書き込みも徐々に増えてきています。
一番困るのが、(自分で)書いたことが「意味不明?」だったとき。
本日練習の終わりに団長から「今日受けた注意等を、家に帰って復習するように」とコメントがありました。

確かにそうですね。
次の練習の時に「これなんだっけ?」とか注意されたことが全く抜けていたり、ということがないように復習、復習。

「練習、お疲れ~!」と飲んでばかりいてはいけません。
・・・・といいながら、しっかり飲んでいますが。

年々記憶力も鈍るので、復習は絶対必要です。
2014-06-25 23:21 | カテゴリ:未分類
今日は課題曲をメインに練習しました。

前回の練習でDの音がものすごーく高くなってしまったので、今日はセルマを使いました。

fc2blog_20140616233128a54.jpg

音程はまずまずなのですが、キーのバランスがかなり狂っているようです。

たぶん最後に調整したのはいつかわからないくらいなので、思い切って調整に出そうと思います。

ホントは次の土曜日に行きたかったのですが、会社の行事BBQがあるので、日曜日に行こうと思っています。
日曜日は市内の中学校にレッスンに行く日なのですが、私の出番は取りあえずなさそうなので・・・。

お給料日後だし、Ebクラになって初めての上京(わー!田舎者!)なので、いろいろ欲しくなってしまうかもしれませんが、せいぜい買うものなんてたかがしれているものばかりです。

試奏してみたいマウスピースがあるのですが、日程が合えば、試して見ようと思います。

古いセルマですが、まだまだ使えそうなので、調整に出して使ってみて、最終的に本番、どちらの楽器を使うか決めようと思います。

何も考えずに音階を吹いたときに音程のばらつきが少ないのがセルマ。
音程のばらつきがかなりあるもののキーのバランス、息の入り方が良いのがクランポンです。

今のところ一長一短、決めかねています。

2014-06-21 23:47 | カテゴリ:吹奏楽
今年も足吹はコンクールに参加します。

コンクール、何のために?などと悩み始めると出口がなくなってしまうので、そういうことは考えず、コンクールは当然のイベント(失礼!)なので、頑張りますよ!

足吹は創立5年目からずっと吹奏楽コンクールに参加しています。
当時、栃木県は一般バンドの参加が足吹のみで、参加当初は銀賞で代表になったこともあります。

40年近い年月のうち、コンクールに出なかったのは確か1回だけです。
一般の部の日程が土曜日だった年、足吹は参加しませんでした。
もちろん週休2日の団員もたくさんいましたが、敢えて不参加としました。
足吹なりの抵抗でした。

近年は成績が今一つ奮いませんが、コンクールのためだけにやたらな補強をするのも足吹の方針に合わないので、基本メンバーのみで今年も頑張ります。

もちろん休団中のメンバーには、無理矢理応援を頼んだりしますが・・・。

そういうわけで、メンバーに気合いを入れ直し、コンクールへの参加を再確認しました。

頑張りましょう!!!!!
2014-06-15 14:50 | カテゴリ:クラリネット
今日はマエストロがTEのお仕事(結婚パーティーの依頼演奏)で朝から軽井沢に行ってしまったので、久しぶりにのんびりとした休日を過ごしました。

キッチンの片付け&模様替え的なことと、前からやろうと思っていた手元にあるクラリネットの棚卸(?)をしてみました。
写真だらけ(しかも縦だったり横だったり)なので、興味のない方はスルー願います。

まずはコントラバスクラリネット。
ルブランです。
団所有です。
昔はコンクールの課題曲、バスクラのパートをコントラバスクラリネットで吹いても大丈夫だったのにね。



次はバスクラ
LOW C(セルマ)は元団員からの借り物。
LOW Eb(セルマ)は元団員から買い入れたもの。
もう一本、写真を撮り忘れましたが、YAMAHAのLOW Ebがあります。
これは元団員からの永久貸与品。



アルトクラはセルマとYAMAHA。
セルマは中古品を楽器屋さんから購入。団所有です。
YAMAHAは元団員が購入したものの使わなくなったということで購入。その後専属でアルトクラリネットを吹いていた別の団員に譲渡。
その団員がクランポンの新品を買ったので、永久貸与品になりました。





そして次はA管。
まずは中古で購入したYAMAHA カスタムモデルです。





そしてクランポンのA管 R-13です。
知り合いからB管と一緒に永久貸与していただいたものです。

一時期、足吹がAの曲をたくさんやった時期があり、その頃にこの2本を入手しました。





やっとBbクラにたどり着きました。

今使っているのはビュッフェ・クランポンのToscaです。

blog_import_4eecb8bf39063.jpg

おまけでBb、C、Ebの大きさ比較~。

IMG_7001.jpg

Toscaを買ったのは2008年7月1日、一緒にソロクラを吹いていたU田さんはすでに使っていたのですが、2008年に鈴木直樹さんとご一緒して、やはりToscaだったのを見て、どうしても欲しくなり、購入しました。

それまで使っていたのは同じくクランポンのフェスティバルです。
こちらを購入したのは1989年の2月頃だったと思います。
およそ19年半使用し、今は足吹の若い子に使ってもらっています。

フェスティバルを購入する前はR-13です。
買ったのは高校生の頃だったと思います。

今は楽器を吹かなくなった先輩から永久貸与して頂いているR-13とともに楽器を持っていない団員に貸し出したりしています。





さてラストはEbクラリネット。
YAMAHAは元団員からの永久貸与品。



こちらはセルマ。





そして現在使用しているクランポンのRCです。
これはU田さんからお借りしている楽器です。
U田さんはToscaのEbクラを持っています。

fc2blog_20140420190605764.jpg

こちらがU田さんのTosca、一度お借りしたときにまるで自分の物のように写真を撮っておきました。

fc2blog_2014030923444799f.jpg

2014-06-14 15:51 | カテゴリ:PC関連
ホームページ作成用にずっと「ホームページビルダー」を使っていましたが、PCを変えたのを機にソフトを変えてみました。

Microsoft Expression Web4 という無料ソフトです。
元々有料で販売していたソフトが開発経費を消化したということで、2012年に無料のソフトとなったそうです。

ホームページといっても最近はほとんど更新ができていなくて、近々管理を誰かに引き渡そうと思っています。

しかしいくら更新をしないといってもコンサートの案内くらい必要なので、当面は新しいソフトで頑張ります。

こんなソフトです。

fc2blog_201406141524070ab.jpg

まだ使い方がよくわからないのですが、現在のページをインポートして、トップページだけ直してアップロードできたので、大丈夫でしょうね。

ホームページをリニューアルしたいのですが、全部変えるには結構時間がかかります。
そもそもそんなに知識やセンスがあるわけではないので、大変なのです。

ホームページ>ブログ>facebookというように作業の重さを考えると、どうしてもついつい手軽なfacebookやブログに書き込みことが多くなってしまいます。

ホームページもブログ程度に簡単だったらいいんですが。


2014-06-12 12:45 | カテゴリ:PC関連
先日四国地方などで豪雨による土砂崩れが起きましたが、先週から足利もかなりの量の雨が降っています。
梅雨なら雨が降るのは当たり前なのですが、ここのところの雨はいわゆるゲリラ豪雨。

ものすごい量が一気に降るので、道路の排水などが間に合わず、冠水することもあります。

特にこの間の日曜日の夕方から強くなった雨は長男の自宅付近の道路が冠水してしまいました。
またアンダーパスに水がたまり、乗用車も被害に遭ったようです。
新聞の栃木版にも写真が載っていたのですが、アンダーパス全体に水がたまり、池のようになっていました。

通行止めになる前に気付かずに突っ込んだら大変なことになりますね。

私の通勤路にある「男浅間(おとこせんげん)」の登り口も若干土砂が流れ落ちていました。
ペタンコ祭の前だったら大変でしたね。

さてさて本題のPCの話です。

先日3年近く使用していたノートPCを娘に譲り渡しました。
娘はずーっと私のお下がりPCを使っていました。

しばらく自作PCを使っていましたが、3年ほど前の夏にノートPCをメインに使うことにしました。
そのときのいきさつはこちら →PCが新しくなりました


たぶん今まで娘が使っていたPCは5年以上は経っている、ということですね。

少し前にsurfaceproを購入したことで、ノートPCの出場がずいぶん減りました。
普段のインターネット検索やブログを書く、などの作業はsurfaceproで十分です。
起動後wifiを認識するのに数十秒かかるのが弱点ですが、ちょっとした調べごとはiphoneやipadがあるので、起動のストレスはあまりありません。

ノートPCを使うのは足吹関連の書類作成がメインです。
surfaceproでもできなくはありませんが、画面が小さいのがネックでした。

(娘にノートPCを譲るので)どうしようかなー、新しいノートPCを買おうかな、と考えていましたが、会社でsurfaceproを社内では外付けのモニタ、キーボード等を設置してあたかもデスクトップPCのように使用しているのを見て、真似しました。

娘にPCを譲るのを口実に新しいのを買っちゃう気満々でしたが、今回は見送ることにしました。
たぶんsurfaceproは2年くらいが限度かなと思っているので、そのあとはまたその時考えることにします。

とりあえず今回は数千円のキーボード&マウスと2万円弱のモニターの購入で、PC環境を新しくできたので、良しとします。


fc2blog_2014061221215632f.jpg

こうして見ただけではデスクトップPCと変わりません。
左隅にちらっと見えているのがsurfaceproです。

excelだってこんなに快適です。

fc2blog_201406122212204c5.jpg

21.5インチのワイド画面が最安値で12,000円台、私は今回iiyamaという一流メーカーを選んだので17,000円台でした。
ちなみにスピーカーもついているタイプなので、YOUTUBEとか見るのにもいいです。

1991年9月25日、私のPCデビューから20年以上経ちましたが、ものすごい進化を遂げました。
当然windows95の前です。

その頃には考えられなかった環境になっています。
あと20年したら(その頃には私は生きていないかもしれませんが)どんなことになるんでしょうね。



2014-06-11 23:31 | カテゴリ:吹奏楽
コンサート明けの練習初日です。
練習開始直後は集まりが今一つでした。
まぁ水曜日なので、仕事上がりのメンバーがほとんどで、「徐々に」という感じで集まりました。

コンサートが終わって10日。
恥ずかしながら楽器を一度も触ることがありませんでした。
正直なところ、練習日以外に楽器を吹くことはほとんどありません。

だからこそ練習日を大事にしたい私です。

早めに(マエストロが椅子並べをしている時間に)行って、椅子並べを手伝い、パーカッションの楽器出しを(ちょっとだけ)手伝い、やっと自分の楽器を出すことができました。

当分Ebクラでいく予定なので、課題が山積みです。
特に高い音のピッチ!

トスカ(定価100万超え)を買えばすべて解決、というなら買っちゃうのですが、そうとばかりもいえないので、自分の耳とテクニックの向上あるのみです。

今日はマエストロのアレンジ物がいっぱい配られました。

スーパーマン組曲、バック・トゥ・ザ・フューチャー、ロード・オブ・ザ・リング、エウゲニ・オネーギンのポロネーズ、喜歌劇「こうもり」序曲

高い音満載で、あとで言われちゃうだろうなーと思いながらも、ひたすらがんがん吹きました。

今まで(コンミス時代)もそうですが、初見の時は細かい音ははしょっても、曲の流れが止まらないように心がけています。
Ebクラは結構1st claと同じヴァイオリンパートの動きが多いので、さらに重要です。
決して音程をおざなりにしているわけではありません。

メロディーラインが止まれば(見失えば)曲は止まります。
別に初見だから止まっても問題ありませんが、初見だからこそ通しで演奏したい気持ちがあります。
初見限定ですよ!
そのあとはちゃんとさらわなくてはね!

コンサートが終わって、次のクールが始まりました。
次のクールがコンクールなのか、定期演奏会なのか、まだはっきりしていませんが、とにかく吹きますよ!


2014-06-10 00:46 | カテゴリ:まごちゃん
週末に出かける用があったので、娘に留守番を頼みました。
娘と言えば当然孫付き。

長男夫婦と叔母(私の妹)で焼き肉パーティーをしたようです。
孫が4人集まりました。

せっかくなので、リビングのbefore afterご覧ください。

P1030789.jpg

P1030794.jpg

え?
before after が逆ですって?

いえいえ、これでいいんです。

孫のいない普通の日が上の写真で、孫が来た日は下の写真になります。

じぃじが買ってきた場所をとるジャングルジムをメインにおもちゃや着替えやいろいろな物が散乱します。

うちも子供たちが小さい時は散らかっていたなぁ・・・。
片付けても片付けても、次々におもちゃを広げる子供たち。
床に何もないリビングなんて考えられませんでした。

やがて子供たちが散らかさなくなり(自室にこもったり、家からいなくなったり)、きれい好きのマエストロのおかげでまぁまぁ片付いたリビングになりました。

だからいずれ孫が来なくなると散らかることもなくなって、ちょっと寂しいかもしれません。
あ、その頃には私たち夫婦がボケて片付けられなくなるかも?
そのときは孫や子供たちに片付けてもらわなくちゃ!

2014-06-01 22:03 | カテゴリ:吹奏楽
6月1日(日)足利市民吹奏楽団プロムナードコンサート レポートです。

朝からものすごい暑さでした。
あとで館林(となり!)で35度と聞いて納得。
ホールの冷房代が恐ろしいですが、メンバーが本番までに力尽きてしまうと大変なので、早めに冷房をお願いしました。

ゲネプロも順調に進み、いよいよ本番。

たくさんのお客様が並んで待っていてくださったのですが、さすがに暑さが気になったので、10分前に開場。
前回の定期演奏会は例の希に見る大雪の日だったのですが、打って変わって真夏のお天気です。

開場後にサックスメンバーによるウェルカムコンサートです。
今回のテーマはディズニーでした。
サックスパートはここ何年かウェルカムコンサートを担当してくれています。

さていよいよ開演。
今回も名誉会長を受けてくださっている足利市長がいらしてくださったので、一言ご挨拶を頂きました。

実は現在の足利市長は朝日新聞出身の方です。
朝日新聞と言えば、吹奏楽コンクールの主催をしていて、現市長も現役時代はコンクールの会場へもいらしていたそうです。
それなので吹奏楽も含め、音楽のこともよくご存じです。

第1部

エル・カミーノ・レアル
イギリス民謡組曲
勇気のトビラ
青葉の街で
ラプンツェル

「ラプンツェル」はナレーション付きで演奏しました。

ナレーターは大竹みのりさんです。
彼女は足利出身で(実はうちの長女の中・高同級生。あれ?小学校も?)吹奏楽経験者です。
楽譜が読めるので、曲間に入るナレーションにも対応OKです。
タイミングばっちりのナレーションを入れてくれました。
お客様にもとても好評だったので、次にまたナレーションを入れるときはお願いしたいと思います。

第2部

ベイ・ブリーズ
グレン・ミラー・メドレー
ベイシー,ストレイト・アヘッド
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
枯葉
ミスティ
トゥー・ラブ・アゲイン

2部のゲストは「原 正夫」さん。
原さんにはファンがたくさんいて、今回のコンサートも大勢の方がいらしてくださいました。
今回の演奏はとても「キラキラ」した演奏でした。
リハーサルの時から、結構近くで演奏を見ていましたが、練習を重ねるごとに原さんのソロはどんどん素敵になっていきました。
そして本番は「サイコー!」でした。


第3部 打ち上げ

ほとんど冷えていないビールで乾杯、というアクシデントはあったものの、楽しい打ち上げでした。
もちろんTE with 原さん、という豪華な演奏もありました。

fc2blog_20140606001037b33.jpg

そして前回の打ち上げから採用されたお祝い品争奪じゃんけん大会、今回もやりました。
いただいたお祝い品などをじゃんけん大会で勝者にプレゼントです。
お酒等の場合は結構その場でたかりに来るメンバーに飲まれちゃうこともあります。

で、今回の目玉は原さんが初めて足吹と共演したときのDVD。
もちろん2002年なので、DVDはまだあまり一般的でなく、団員が記録映像として持っているのはビデオテープです。
そのビデオを撮影してくださっている業者さんに復刻版として編集してあったものを譲って頂きました。

fc2blog_20140605234234574.jpg

和気藹々と打ち上げは完了し・・・

第4部 2次会

はい、またしても我が家で2次会です。
原さんもお誘いして過去の映像など見ながら盛り上がりました。

fc2blog_20140606001116649.jpg