2015-04-29 23:30 | カテゴリ:吹奏楽
祝日ですが練習をしました。

今日の練習から合奏時間を前倒しということで、また祝日なのでなるべく早い集合をメールで呼びかけていたところ、なんとか都合を付けてみんな早く集まってくれました。

プロムナードコンサートの予定曲目(アンコール除く)全部を練習することができました。
限られた時間の中ではなかなか全部の曲を練習することはできません。
必然的に何回かの練習でローテーションして、全部の曲がまんべんなく練習できるようにしています。
(マエストロが練習スケジュールを組んでいます)

それなので少しでも合奏時間を確保するのが課題です。


そして恒例の招待状作成!

fc2blog_20150501010306780.jpg

我が家では「内職」と呼んでいます。

たくさんのお客様が来てくださることを祈りながら、がんばって内職します。

最近はこんな物があるので、ずいぶん楽になりました。

fc2blog_20150501013323520.jpg

でもテープが終わってしまって、最後はこれ!

fc2blog_20150501013729060.jpg

補充のテープも買っておかなくちゃ!!

2015-04-26 23:13 | カテゴリ:吹奏楽
昨日練習の時に録音をしました。
本当はバレエの練習用の音源を作ろうかと思っていたのですが、まだまだの曲も結構あるので、今回は楽譜をMIDI再生させて、そちらで練習していただくことにしました。

それなので、昨日の練習の様子は止まりながらでしたが、今の時点ではまぁまぁの仕上がり具合でしょうか。



思っていたよりは良かったので、ちょっと安心しました。

そして取り込んだMIDIからCDを作成し、夜、打ち合わせにお邪魔しました。
あ、CD作ったのは私じゃなくてマエストロです。



タイトルが手書きなのはご勘弁ください。

持って行ったCDを聴きながら打ち合わせを進めました。
その結果、カットになった曲と、部分的にカットした曲をフルサイズに戻したり、と若干の変更がありました。

本番用の楽譜を製本したメンバーもいるので、ごめんなさい、ですが、よろしくお願いしますね。
先ほど遅い時間にもかかわらず、取りあえずパートリーダーに変更点、曲順をメールで配信。

メールって便利ですよね。
今のように携帯が普及していなかった頃は、短時間での伝達経路がありませんでした。

急に練習が中止になったり(気象状況などで)、変更になったりしたとき、大変でした。
電話も家電だったし、練習会場に「練習場所が変わりました」とか張り紙したこともありました。

それを考えると今は信じられない位のスピードで情報が伝わります。
パートリーダーに配信すると、各パートのメンバーに転送されます。

状況によっては5分10分の間に連絡が行き届くこともあります。
パートリーダーが仕事中などの場合は少し遅れることもありますが、ほとんどが数時間のうちには配信完了しているようです。
また、足吹のLINEのグループもあり、こちらは全員ではないのですが、情報伝達に役立っています。

今回はパートリーダーへの配信時間が遅かったのですが、きっと明日中にはメンバーに伝わると思います。

「えーっ!製本しちゃった!」とか「ここ復活するの?大変、また練習しなくちゃ」とか「せっかくの美味しいところがカットになっちゃった」など明日はメンバーの様々な感情が・・・。

さぁ、あと約1ヶ月、がんばりましょう!


2015-04-25 22:26 | カテゴリ:吹奏楽
今日は練習会場を足利市民プラザの小ホールに移しての練習になりました。

今回も選挙の準備で練習会場が使えないためです。

天井を見上げると豪華なシャンデリアが・・・・



一昔前までは、この会場は結婚披露宴で頻繁に使われていました。
いまでこそ披露宴は結婚式用の施設(チャペルや披露宴がいっしょにある豪華なところ)で行われていますが、そういう結婚式場ができる前はこういう公共施設の小ホールなどでも披露宴が行われていました。

実は私もここで披露宴をしました。
足吹のメンバーにも何人かいます。

今時披露宴をする人たちは、こういうところで披露宴なんて考えもしないでしょうね。


さて練習の方は、ミュージカルから3曲、残りは眠りの森の美女です。

明日、バレエスタジオに伺って打ち合わせをしてすれば、眠りの森の美女の全体構成ができるはずです。
そうしたら楽譜もちゃんと製本できますね!
2015-04-24 00:37 | カテゴリ:PC関連
先日ネットワークHDが壊れたことを書きましたが、取りあえずソフトウェアにて救出を試みました。

でも今のところうまくいっていません。

まぁ、日常的にはそれほど困らないので、あとでもう少し試してみたいと思います。

fc2blog_20150424001158b68.jpg

これが壊れたハードディスクです。

これを元のケースから取り出して、別の外付けハードディスクの電源等の接続部に取り付けて、作業しました。
これはPCの入替などでデータを取り出すときによく使う手です。

fc2blog_20150424001139d2f.jpg

こちら作業中の画面です。
かなり時間がかかりましたが、うまくいきませんでした。

fc2blog_2015042400143622b.jpg

そして最初の写真の下にあるのが、プロムナードコンサートのチラシとチケットです。
HDの破損と関係ありませんが、宣伝です。

5月31日(日)プロムナードコンサート2015

メインはチャイコフスキー作曲 齋藤俊也編曲の「眠りの森の美女」、バレエとの協演です。

ぜひお出かけください。

詳細は近日中にあらためてupします。
2015-04-21 00:26 | カテゴリ:クラリネット
シングルリード奏者につきものの下唇の痛み。

クラリネットやサックスはこんな風に楽器をくわえるため、どうしても下唇が痛くなってしまいます。

そこで私を含め、多くの方がペーパーを挟んだりして痛みを緩和しているのですが、土曜日の練習にいつも使っているペーパー(コーセーのあぶらとり紙)でなく、布絆創膏を使ったら(これを使っている方がいるということなので、溶けなくていいかなと使ってみた)、今日になってものすごく痛くなりました。

ダウンロード

Bbクラを吹いているときより、Ebクラはペーパーを厚くして使っていました。
Ebクラの方が負担が大きいようです。

土曜日に吹いているときは、大丈夫だったのですが、なぜか一日おいて今朝になったらものすごく痛くなってしまいました。
もう午前中は熱いコーヒーとか飲めませんでした。

なぜ一日空いた?
筋肉痛じゃないんだからね?

もう何十年もクラリネットを吹いているのに、下唇って鍛えられないんでしょうか。

使っていない人も大勢いますが、多分もう使わずには吹けない気がします。

それでもBbクラの時はなくても吹けたのですが、Ebクラになってからは絶対ムリです。

水曜日までに回復するかどうか心配です。



2015-04-18 23:01 | カテゴリ:吹奏楽
前回の練習で、「眠りの森の美女」のカットが発表されましたが、終曲のカットが細かく、楽譜をうまく作ることができなそうだったので、マエストロにお願いして楽譜を出していただきました。

ついでにワルツもカット版の楽譜を作ってくれました。

助かります。
ついでに全部やってくれるとうれしいけれど、さすがにそこまでは頼めません。

あとは全体の構成を再度練り直さなければなりません。
別の大仕事が一段落したので、早速着手したいと思います。

大仕事とは・・・・

今日は練習を少し早め終わらせて、総会を行いました。

事務局としては、会計報告という大事な役目があるので、しっかりと準備をして総会に臨みました。




特に問題もなく、無事に終了いたしました。

演奏会も含めると、たくさんのお金が動きます。
任意の団体なので、余裕はありませんが、今年もどうにか赤字にならず年度替わりを迎え団員の皆さんに報告することができました。

きっとどこの団体の会計さんも同じような思いでしょうね。

・・・・・・他の団体さんのお財布事情、とっても興味がありますが、教えっこしましょ!っていうわけにも行きませんしね。

今年度がんばります。

2015-04-16 23:01 | カテゴリ:PC関連



何じゃこりゃ!

ひどい惨状です。

以下オタクっぽい話題が続くので、興味のない方はスルーしてくださいね。

私の普段使っているPCはsurfaceなので、内蔵のHDは容量が小さいです。
それなので今使っているデータ以外は「NAS」というネットワークHDに置いています。

ところが・・・


壊れました・・・


まぁ、HDは壊れるものなので、ちゃんとバックアップを・・・・・・・


取っていませんでした・・・・

さぁ、足吹の決算資料を作ろうとした矢先でした。

実はAccessというデータベースのソフトを使って足吹の出納帳を作っていました。
費目毎の集計とか楽かなぁと思ってもう10数年くらい前に作ったものなのですが、それもすべてNASに入れていたので、これじゃ決算の資料が作れません。

決算の資料といっても集計のルールは決まっているので、Excelでも問題はありません。

内緒ですが、Accessで出納帳を作った頃はExcelの「ピボットテーブル」という機能を知りませんでした。
Accessが使えたので、ピボットテーブルを使う必要がなかった、使うシーンがなかったというのが要因です。

ここ数年はAccessを使うほどでもない集計の時は、ピボットテーブルの方が楽なのに気づき(会社で他の人が使う資料を作成することが多いので)、ようやく使えるようになりました。

出納帳自体は別に+と-だけで事足りるので、簡単でした。
費目を間違えないように入力する必要がありましたが、コピペというアイテムがあるので、それもクリア。

集計も無事に済み、決算書類完成しました。

そしてNASはどうしたかというと、ケースからHDを取り出し、外付けHD用のインターフェースにつないで、救出を試みましたが、残念ながら駄目でした。
その過程が上記の写真です。

慌てて、違う規格のケースを開けてみたりして、こんなに散らかってしまいました。

片付けるのは明日にしよう・・・・

それでデータがすべてなくなったかというと、もう一つバックアップ用のHDがあったので、直近の何年かのデータ以外は大丈夫でした。

大事なデータは「写真」「足吹のデータ」「住所録」くらいでしょうか。
写真はデジカメとiphoneに残っているので、OK。
足吹のデータは演奏会関連と会計関連ですが、演奏会関連は以前のデータがあれば、そこから次の分を作れるし、会計関連は紙ベースでもあるので問題なさそうです。
プロムナードコンサートのデータはまだ作っておらず、一部眠りの森の美女のストーリーなどの資料はSurfaceにあるのでがっかりしなくて済みました。

決算資料作成完了後、NASにデータを置いたまま壊れた!ということになっていたら、とんでもない落ち込みかたになったかもしれません

住所録も前のものがあれば問題ありません。



今、一生懸命、据え置き型のHDの中身をポータブルの外付けHDにコピーしています。
取りあえずこれで一安心です。

さぁ、NASをあきらめてポータブルHDをメインで使うか、いっそのことファイルサーバーを構築するか、思案中です。

2015-04-15 23:16 | カテゴリ:吹奏楽
「眠りの森の美女」ところどころカットしました。
バレエの曲は同じフレーズの繰り返しがかなり多いです。
踊りが付くところはいいのですが、そうじゃないところはちょっとしつこく感じます。

あー!チャイコフスキーさん、失礼なことを、ごめんなさい!!

そんなわけで、カットすることになり、今日、発表されました。

こんな風に書き込みました。



最近は楽譜の書き込みように、こんなボールペンを用意しました。

はい、消せるボールペン、フリクションです。

これに変えてから、書き込んだ文字などがはっきり見えるようになりました。

それまではシャープペンシル(B)を使っていたのですが、やはり細いので薄くてあまりよく見えません。
このボールペンなら、はっきり見やすいです。
それに間違えたり、変更になったときなど、消すことができます。



色も黒、青、赤の3色なので使い分けもできます。
ぜひ皆さんにもおすすめしたいですね。

2015-04-12 03:15 | カテゴリ:吹奏楽
明日の選挙のため、本日は練習会場が使えません。

ということでボーリング大会を急遽開催いたしました。

前回(第7回)が2011年9月24日だったので、3年半ぶりでした。



今回は急遽開催を決めたため(練習お休みはその前に決まっていましたが)参加できない人も多く、20数名でした。

そのためなんと「始球式」が私に回ってきました。
そしてまさかのストライク!

こんなことってあるんですね。
始球式だからガーターにすべきだった?

各レーン4~5人で2ゲーム投げました。

あちこちで笑い声や声援でとても賑やかに楽しい時間が過ごせました。
やっぱり大勢でワイワイやるのって楽しいです。

個人の順位のほか、今まではパートのアベレージで優勝パートを決めていましたが、今回は参加者なしのパートもあったため、個人優勝兼パート優勝ということにしました。

優勝パートには次回開催時の幹事就任権および豪華なトロフィーが授与されます。

おめでとうございます!!

優勝はトランペットのMくんです!

ターラーララーラ、タラララランランラン(得賞歌)

IMG_4912.jpg

私は7位でした。
ラッキーセブンで商品をいただきました。

そのあとはもちろん飲み会です。
12時ちょっと前に二人ほど連れて帰宅し、そのうちの一人とマエストロは自室のPCの前で音楽を聴きながら飲んでいます。

ちなみにお相手の彼はマエストロにMacの手ほどきをした先生です。
今はWindowsに寝返ったらしいですが。

ただいま、3時15分。
さっき新聞屋さんが来たみたいです。

久しぶりに夜更かししています。

2015-04-11 17:46 | カテゴリ:未分類
ミュージカルの曲を中心に練習しました。

ミュージカルは結構知っている曲があるので、思い込みで楽譜を吹いてしまうことがあります。
特に有名なメロディーはリズムの違い、メロディーの動きの違いなど気づかずに吹いてしまうことがあります。

特に歌のメロディーを楽譜にすると、微妙に違うときがあります。
そんな時についうっかり楽譜通りじゃないメロディーを吹いてしまうことがあります。

しかも違って吹いていることに気づかないことがあります。
だって、私の知っているメロディーはこれだもん、というのが原因でしょうね。

これは誰でもやっちゃったことがあるかもしれません。
私もやったことがあります。

他の人と吹いているリズムの違いに気づいて慌てて直したり、、マエストロに指摘されたり、あとで譜読みして気づいたり・・・。

そんなことが起こらないためにも、楽譜をきちんと読むトレーニングをしなくちゃ。

「アイヒラー!」

通称アイヒラー。
Scales for Clarinet

これは音大生も使っているという、クラリネット吹きの定番教則本です。
表紙にもどうどうと国立音大と表示されています。
教則本といっていいのかな?




中はこんな感じで12音のスケール(長調、単調)と分散和音や跳躍などです。
これをタンギング、レガート、そしていろいろなアーティキュレーションでやりなさい。
最初はゆっくり、だんだん早く、というのが基本だそうです。



久しぶりに出してみました。
多分私が若い頃レッスンを受けていたときに使い、その後娘が音楽短大に行ったときにも使ったようです。

そのために結構外はボロボロ、製本もバラバラになっています。
その割には中はきれいですが・・・。

私は全音制覇などとてもたどり着かず、7パターンある音型もすべてやっていないので、この教則本はまだまだやり残しだらけです。
少し前から、クラリネット用のエチュードを練習前に吹くようにしましたが、多分それ以前にこのアイヒラーが必要かなと思ったので、次からはアイヒラーです。



価格は1,000円。
実は今も同じ価格で販売されているようです。
もっとも税j込みで1,080円ですが。

1ページ目から始めます。

足吹の皆さん、私がつまずきながらスケール吹いていても、温かい目で見守ってくださいね。




2015-04-05 23:17 | カテゴリ:その他
今日は5月に協演する「マツエ牧バレエスタジオ」さんの発表会です。

演奏会のチラシをプログラムに入れさせていただきまた。



今回のメインは「眠れる森の美女」全幕です。
所々飛ばした曲もありますが、全幕ということで見応えがありました。
他のメンバー(メンバーには勉強のために行くように伝えてありました)が、みんな楽譜を思い浮かべながらの鑑賞になったようです。

足吹のほうもこれからは、踊りのテンポに合わせた曲作りです。



さて先ほど昼間の「題名のない音楽会」を見ていたら、こんな楽器が!



コントラバストロンボーンだそうです。
初めて見ました。

追記:正しくはチンバッソという楽器でした。
2015-04-04 23:34 | カテゴリ:吹奏楽
練習会場のすぐ近くに市内の桜の名所があります。
毎年この時期は屋台もたくさん出て、すぐ裏手の小学校の駐車場が開放され、桜まつりが催されます。

もちろん練習会場は駐車場として開放されていないのですが、時々練習でたくさん車が止まっているので、お花見の駐車場と勘違いして、駐車してしまう方もいらっしゃいました。
結果どうなるかというと、遅れてきたメンバーの車がどんどん後ろに付けてしまい、帰ろうとしても車が出せない、という状況になってしまいます。

練習会場の駐車スペース(ちゃんと白線が引いてあるところ)は少ないため、メンバーの車はどんどん詰めて置いてしまいます。
帰りはほぼ同じタイミングなので問題はありません。
たまに用があって早く帰る人は、練習会場付近でなく、正門近くのもっと広い駐車スペースなどの出られなくならないところに駐車しています。

間違ってお花見の人が置いてしまわないように(足吹は困りませんが、置いた人は出られなくなってしまって困るため)声かけなどをしたこともありましたが、最近は門を開けないようにしています。
私たちが利用している西門は広い道に接しているので、開いているとつい入ってしまうのですが、閉めていれば正門からしか入れないので、紛れ込んでしまう人はいなくなりました。

メンバーもいつもと違う門から入らなければならないので、ちょっと不便をしますが、トラブル防止にここのところ毎年桜の時期は実施しています。
今年は今日の練習までで大丈夫でしょうか?
次の水曜日には散っていなければ夜桜見物の人もいるかもしれませんが、土曜日ほどは混雑しないでしょう。

さて足吹は花見もせずに、いや花見は昼間とか別な日とか、花より団子の飲み会だけとかにしておいて、練習でした。

ミュージカルの曲と眠りの森の美女。

ミュージカルの曲は今日配布したものもありますが、まだやる曲は決定していません。

眠り~は、もっと練習しなくちゃ。
当分、指をさらうだけの練習もやります!毎日!

あーあ、クラリネットがもう少し人数欲しいです。
今のメンバーでも曲は演奏できますが、もっとボリュームが欲しいところもあるし、何より人数がいれば一人一人は少しだけですが「吹きっぱなし」を回避できます。
誰か一緒に吹きたい方いませんか?
今回はバレエとの協演です。

今日は練習前にリードのチェックをしました。
育て中のリードの具合を確認です。
少し前に開けた2箱(20枚 バンドレンV12)、どうしても使えないというリードはありませんでしたが、その中でも当然善し悪しはあるので、20枚、同じフレーズを吹いて、吹きやすさ、高い音がスムーズに出るかなど比べてみました。
そして薄め、ちょうど良い、厚めの順に並べてみました。

その時の体調だったり、もしかしたら気圧のせい?とかで吹いた感じが変わるので、選びやすいようにしました。

fc2blog_2015040423343894f.jpg

Bbクラもちょっとだけ吹いたので、並べて撮影しました。
上から撮影したら、大きさがすごく違って見えます。

Ebクラ、半分くらいしかないように見えます。

今回は持ち替えするような曲がないので、Bbクラの出番はなさそうです。
さみしいので無理矢理出番を作る、というのもありかもしれません。

そして・・・・
今日から「○/○(○)練習」の後ろにサブタイトルを付けることにしました。
理由は、「この間○○のこと、書いたはずなんだけど、いつだっけ?」ということが頻繁に起こるからです。
せめてキーワードを入れておけば・・・という安直な考えです。


2015-04-03 00:42 | カテゴリ:吹奏楽
楽譜をどうしよう、とまだ悩み中です。

今のところ、少し光るのを我慢して、上下の帯タイプを使っています。

もうそろそろ曲やカットも確定しそうなので、楽譜の整理をどうするか決めなくちゃ。

いろいろ探していてネットでこういうノートを見つけました。

fc2blog_20150402231434171.jpg

ロザンの宇治原さんとナカバヤシが開発したそうです。

どこが優れものかというと、ノートのサイズに特徴があります。

普通のA4サイズより一回り大きいんです。

中はこんな感じ。

fc2blog_20150402231452b73.jpg

A4の楽譜を試しに置いてみると・・・。

fc2blog_20150402231512925.jpg

どっても良い感じです。

ここに楽譜を「貼って剥がせるテープのり」で貼ればOKです。
・・・・・ですが、この「貼って剥がせるテープのり」、そんなにきれいに剥がせません。
そこが思案のしどころです。
リユースせずに演奏会毎に1冊ずつもありかもしれません。
送料別1冊388円です。

でも「貼って剥がせる」わけではないので、割と本番の近くにならないと製本できなそうです。

やっぱりまだ悩む~。
2015-04-01 23:14 | カテゴリ:吹奏楽
今日から新年度です。

会社では入社式が行われ、足吹でも年度初めです。

今年はちょうど4月1日にこちらを配布することができました。



一年間、よろしくお願いします。


さて今日も「眠りの森の美女」を集中的に練習しました。

実はバレエの音楽はコンサート用のテンポと踊りと一緒の時のテンポは違います。

先日、バレエの関係者であり、足吹のメンバーでもある人から、テンポやため方で質問を受けましたが、当然です。

前回、白鳥の湖をやったとき、最初お渡しした音源は普通にコンサート用に演奏して録音したものです。
そのあと打ち合わせに伺ったとき、テンポが速いことを指摘いただきました。
テンポを落として再生し、練習してくださっていたそうです。

たとえば有名な「4羽の白鳥」、演奏だけだとさらっと行ってしまうテンポですが、実際の踊りは

「5歩歩いてクロワゼ タンジュで準備、フォーインで5番スス、前の足クッペ、
カウント1~4まで:クッペで下手側へすすむ、カウント5でトンベパドブレ5番 カウント7でパッセ クッペ、
顔は左下から右まで少しずつ変える、5番で左。パッセで右、クッペで右下。」(インターネット見つけたものを引用)

ということをやっているようです。
バレエ関係の方なら、上の言葉は普通に使われていると思いますが、素人には残念ながら解読不可能です。
もちろん解読できても踊れませんが(笑)。

「ここのフレーズはメロディー、もっとドルチェね。その音は3音だから20セントさげて!○小節目のゲネラルパウゼのあと、ソロだけアウフタクトだから、他は正小節からソット・ヴォーチェで入ってきて。」
なんて言われても音楽をやっていなければ、ちんぷんかんぷんですよね。

実際音楽家でも、すべて暗記しているわけではありません。
もちろん、暗記している人もいるとは思いますが(特に現役音大生)、あれ?何だっけ?という時のために、こんなものが必需品です。

fc2blog_20150402001311f15.jpg

これは内容は充実していますが、大きめなので持ち運びはしません。

普段持ち歩いて使うためには、こちらです。

fc2blog_201504020015380ff.jpg

まぁ、それも最近はネットですぐ調べられるので、持ち歩かなくても済んでしまうこともありますが、やはりちゃんとしたものは必要です。
何年か前まで、ニューグローヴ世界音楽大事典のWeb版(日本語)が無料で使用できたらしいのですが、今はないそうです。
ソフトウエアとしてならメッツラー音楽大事典があるようですが、価格、なんと5万円です。
もっとも紙の大辞典で一番高いものは60万円なんてありましたが、誰が買うのかしら?と思ってしまいます。

サボらないで、中学生に戻ったつもりで、楽譜の音楽記号に意味とか書き込んじゃおうかしら?
あれ?何だっけ?も出てくることがあるし、見て見ぬふりしていることもあります。(ホントは内緒ですが)

これから先は忘れることの方が多そうなので、こんなところからしっかりしなくちゃ。

すっかり話しが飛んでしまいましたが、4/5の発表会が終わったら、足吹との協演のための練習に入ってくださるそうなので、どんどんテンポのすりあわせとか、詰めていきたいです。