2015-10-31 23:58 | カテゴリ:吹奏楽
ウォーミングアップは海の歌

ハウルの動く城
ピーターと狼
足利市歌「われらのまちに」
県民の歌

月末のせいか、欠席が多かったです。

Eb、Bbクラリネットはフルメンバーでした。
頑張っています!

さてただいま「Tosca」が入院中のため、戻ってきていた「Festival」を使用中です。



あと1週間くらい入院が必要なので(入院と言っても調整です)、あと1~2回はFestivalです。

このFestival、1989年2月に購入しました。
夫がスキーに行っている間に、下倉楽器に行って買ってきました。

あ、もちろん内緒で買ったわけではありません。

購入して少したった時に、横川先生にお目にかかる機会があり、先生が私の楽器を吹いて、「スロートトーンが良い音しています」と言ってくださったのがうれしかったです。

それから19年半、Toscaを買うまでずっと吹き続けてきました。
ちゃんと定期的にメンテナンスもしていたし、Toscaを買ってからは後輩に吹いてもらっていたので、まだまだ現役の楽器です。



2015-10-29 22:21 | カテゴリ:吹奏楽
東京交響楽団 ホルン奏者 曽根敦子さんによる金管レッスンが行われました。

まだまだ呼吸法や音の出し方などの初歩的なレッスンです。

楽器の練習は「地道にコツコツ」やるしかないのですよね。

レッスンは練習するためのきっかけをくれるだけです。
または練習の仕方を教えてくれるだけです。

レッスンで学んだことを生かすも殺すも自分次第なんですね。

レッスンを受けた時に指摘されたことや教えてもらったことを、次のレッスンまでにどんな練習をして自分のものにするかが大切ですね。

私も昔レッスンを受けたことがあります。
果たしてそれが出来ていたかというと疑問ですが、多分出来ていなかったでしょうね。
できていたら、もっと上手になっていたはずだから・・・。

今、もう一度レッスンを受ければ、前とは違って、ちゃんと出来るような気がしますが、すでに技術や能力がついていけません。
残念!



2015-10-24 23:41 | カテゴリ:吹奏楽
ハウルの動く城
ピーターと狼
足利市歌

2曲を集中練習しました。
といってもピーターと狼は配ったばかりなので、さらっと。

ハウルは11月15日の市民音楽祭で演奏する予定です。

ハウルの動く城はついこの間、テレビで放映されました。
私も録画していたのですが、実はずっと見ないでいて、今日、やっと見ました。

音楽も最大耳ダンボで聴きながら、見ていたら、今回吹いている曲はほとんどそのまま流れていました。

練習を始める前に、見ていたら、曲もよく分からなかったかもしれませんね。

あと2~3回見ようかしら?


自作でクラリネット用のミュートもどきを作製したので、平日夜にも自宅で練習できるようになりました。
あとはやるかどうかだけです。

最近、指がなかなか言うことを聞いてくれないので、せめて繰り返し練習をして、頑張るしかありませんね。
練習しても出来るようになるかどうか心配ですが、努力は結果につながると信じます!

2015-10-24 00:59 | カテゴリ:その他
IMG.jpg

初めて生で落語を聞きました。
たくさん笑わせて頂きました。

テレビで見た(聞いた)ことはありますが、生で聞くのは全く違いました。

もう最初から笑いっぱなしで、生出囃子も聴くことが出来ました。

これは三遊亭小円歌さんの三味線と歌橘師匠の太鼓のデュオ(?)で、いろいろな落語家さんの出囃子を演奏(?)したのです。

次は12月13日(日)に開かれます。
ぜひお出かけください。

fc2blog_20151024011916fd3.jpg


2015-10-21 23:18 | カテゴリ:吹奏楽
「ピーターと狼」の楽譜が、配られました。

fc2blog_201510212316464aa.jpg


来る3月6日(日)に開催される第39回定期演奏会で演奏する曲です。

今日は初見なので、かる~く通しました。
時々止まりながら、ゆっくり目のテンポです。

新しい曲はやっぱりワクワクします。

今配られている曲で本番で演奏できるのは1/3か1/4でしょうか。
いつも一つのイベントが終わると、次のイベントのためにたくさんの曲が配られます。

その中から徐々に曲を絞っていったり、時には全く違う企画が採用されることもあります。

私個人とすれば、新譜は大好きです。

足吹は指揮者が編曲も手がけているため、年間かなりの曲数が配られます。
クラシック、ジョン・ウィリアムズ、久石譲、などがメインです。

オリジナルも時々配られますが、こちらは買わないと演奏できないという条件(?)があるため、そんなに手当たり次第というわけにはいかないのですが、編曲ものは現状本番にのせたものしか、編曲料を払っていないため、つい重宝してしまいます。

最近の邦人のオリジナル作品はなかなか演奏する機会がありません。
最近、コンクールの自由曲に何曲か取り上げましたが、好みもあり、なかなか掘り下げるのは難しいですね。

その点、クラシックは安心感があります。
まぁ、オリジナルでも昔ながらのアルフレッド・リードやホルストなどの作品は安心して吹けます。

これはもちろん私個人の感想ですよ。
足吹のなかにも邦人の曲が好きな人もたくさんいますので、私の意見に「えーーーー!!」って言う人もいるはずw

約50人のメンバーがいれば、好きな曲、吹きたい曲は50曲かもしれません。
でも実際に演奏できる曲は、1回の演奏会でせいぜい10曲前後。

だから選曲迷ってしまうんですね。

特に演奏会の場合は吹きたい曲よりも、お客様が聴きたいと思えるような曲を選ぶのが必要だと思います。

もし足吹がコンクールの全国大会常連で、足吹の演奏会には近隣の中・高校生が大勢来てくれるなら、中学生や高校生が自分たちの学校で演奏するような邦人のオリジナルや、課題曲全曲などが喜ばれるプログラムになると思います。

ところが足吹の演奏会に来てくださるお客様は、特に吹奏楽を聴きに来ると言うより「音楽」を聴きに来る方のほうが多いです。

映画音楽やミュージカルの音楽、ジャズなど喜んでくださるお客様に、リードの作品や邦人のオリジナルを延々と聴かせることになったら、これはもう自己満足の演奏会でしかないと思います。

その中でもクラシック、足吹で取り上げるようなよく知られているクラシックは比較的お客様も喜んで聴いてくださるようです。

オリジナルの曲が多かったときのアンケートには、かなりの確率で「もっとわかりやすい曲を、」など書かれることが多いです。
またアンケートの「足吹に演奏して欲しい曲」には「映画音楽、ミュージカルの曲、子供も楽しめる曲」などが毎回書かれます。

足吹もしばらく前までは、自己満足的な選曲も多かったのですが、最近はお客様にも喜んでいただける選曲を心がけています。

演奏だけでなく、ナレーションを入れるなどして、曲がもっとわかりやすくなる工夫もしています。


で、本題は「ピーターと狼」、子供のための音楽です。

ピーターは元気の良い男の子です。
口やかましいおじいさんに内緒でこっそり家から抜け出し、仲良しの小鳥、うるさいアヒル、気取り屋の猫と遊んでいるところに、森の中から狼がやってきます。
なんと狼はアヒルを大きな口で、ゴクン、と一飲み。
そして小鳥と猫も食べようと、狙っています。

ピーターは家からなわを持ってくると、小鳥と協力して、狼を捕まえました。

そこへ森の中から狼を追いかけて狩人たちがやってきます。
そしてピーターが捕まえた狼を見つけると、鉄砲で撃とうと構えました。

ピーターが叫びます!
「僕が捕まえた狼だよ。撃たないで!動物園に連れて行くんだ。」

狩人たちに手伝ってもらい、動物園まで行進です。
おじいさんも怒りながら付いてきます。

おや?狼のおなかの中からガーガー鳴く声が聞こえませんか?
なんと丸呑みされたアヒルの声です!

こんなお話です。

今回のナレーターは落語家の三遊亭歌橘師匠。
どんな「ピーターと狼」になるか、乞うご期待!!



【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-10-18 23:35 | カテゴリ:吹奏楽
10月18日(日)に栃木県吹奏楽連盟創立60周年記念の式典と演奏会が開催されました。

fc2blog_2015102000171090e.jpg

8/22、9/22、10/3、10/17の4回の練習を経て今日の本番を迎えました。
3回の土曜日練習の時は宇都宮でのリハーサルの後、急いで帰って足吹の練習に出るなど、慌ただしい状況でしたが、4回とも大井剛史先生のご指導ということで、とても貴重な経験となりました。

曲目は、コンサートマーチ’87、祝典のための音楽、アルメニアンダンス パートⅠの3曲です。

10/3には練習の欠席者も多く、心配しましたが、さすが大人の集まりなので、本番が一番良い演奏だったと思います。
大人の方が(ずるいのでw)本番にテンションを合わせるのが上手なんでしょうね。

中学生、高校生の演奏は聴けなくて残念でしたが、きっと良い演奏していたと思います。

fc2blog_20151019235440e01.jpg

コンサートマーチ’87以外の2曲は足吹でも本番で演奏しています。

祝典のための音楽は1stクラでソロを吹きましたが、結構難しかったです。

今回は3rdクラだったの、結構違うことをやっているので、それはそれで楽しめました。

今回のメモリアル・バンドでフルート、オーボエ、アルトサックス、トランペットは曲によって、パートを入れ替えておりました。
多分バスーンもかな?
ホルンとトロンボーンは未確認だし、バスクラ、テナーサックス、バリトンサックス、チューバ、弦バスは1パートなので変更の余地はありません。

クラリネットはパート移動なしでした。
私は後から申し込んだので、不足していたパートの3rdに入れていただきましので、パート割りをどうしたのか分かりませんが、基本的にクラリネットはパートの入替をあまりしない楽器なのかもしれませんね。
保守的なのでしょうか?

足吹でも曲でパートを入れ替えるということはほとんどしたことがありません。
以前、「クラリネットはたまにパート替えしない?」と聞かれたこともありますが、曲間にバタバタ入れ替えるには人数が多すぎるからでしょうかね。

いただいた記念品はこちらです。

fc2blog_201510200016598a1.jpg

マイクロファイバーのミニタオルです。
本番の前にこれで楽器を拭いていた人がいました。

うーん、私は取りあえず記念にしまっておきます。



【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-10-14 23:14 | カテゴリ:吹奏楽
先週の土曜日、旅行に出かけて練習をお休みしたので、1週間ぶりの練習です。
ウォーミングアップにセドナ、他はハウルです。

どうやら市民音楽祭の曲はハウルになるようです。

練習しなくちゃ!
もっと練習したいという気持ちはあるのですが、やはり練習日以外は難しいですね。

近くに安価で借りられるスタジオを見つけたのですが、仕事から帰ってくると時間が遅くスタジオも閉まる時間だし、日曜日はスタジオの空きはなさそうだし。

クラリネットはサックスや金管ほど大きな音じゃなくても練習できる楽器ですが、家で吹くとさすがにうるさいです。

この間の祝日、土曜日に楽器を吹いていないので、家でちょっと吹きましたが、遠慮がちに吹いてもよく聞こえちゃうし、ホントは夫の前で個人練習は避けたいところです。

一度スタジオを借りてみようと思います。

さて、今度の週末は栃木県吹奏楽連盟の60周年記念式典があります。
その中でメモリアルバンドに参加して演奏いたします。

・コンサートマーチ’87
・ミュージック・フォー・ア・フェスティバル
・アルメニアン・ダンス

指揮は大井 剛史さんです。

土曜日にリハーサル、日曜日が本番になります。

練習が十分かというと、胸を張っては言えないのですが、精一杯演奏したいと思います。

なかなかメンバー同士の交流が出来なそうなのが、ちょっと残念ですが、いつもと違うメンバーで、いつもと違うパートを吹くので、緊張感が良い感じですね。

招待券も届いたので、足吹メンバーに宣伝中!

足吹からは私を含め5名の参加なので、招待券もたくさん来ました。

足吹以外でもこのブログを読んで、聴きに行きたいという方がいれば、招待券を差し上げられるかもしれません。


もし、興味のある方がいらしたら、コメントください。


【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-10-12 15:40 | カテゴリ:その他
連休を利用して少し遠出をしました。
写真ばかりで、枚数も多いです。ご注意ください。

10/9(金)会社へ迎えに来てもらい、そのまま佐野新都市のバスターミナルに直行しました。

IMG_6062.jpg

乗り換えなしと言うことはもうこ~んな事するしかないですね。

IMG_6065.jpg

飲んで妹とおしゃべりしてる間に、あっという間に東京駅に着き、サンライズ瀬戸の乗り場です。
サンライズ瀬戸は東京駅から岡山を経由し、高松・琴平まで行く寝台列車です。
寝台列車に乗るのは生まれて初めてです。
今回の旅行の目的の一つです。

IMG_6067.jpg

IMG_6072.jpg

IMG_6075.jpg

22:00発の寝台列車の中はこんな感じです。
B個室寝台というランクです。
ベッドは十分とは言えませんが、そこそこの広さがありました。

IMG_6078.jpg

上善如水のスパークリングで乾杯。
適度な揺れが気持ちよく、すぐに眠くなってしまいました。

IMG_6081.jpg

夜中に何度か目が覚めましたが、すぐにまた眠ってしまい、気がつくと6時過ぎ。
外は明るくなっていました。まもなく岡山でサンライズ瀬戸とサンライズ出雲が切り離されますが、これを見に外に出るとサンライズ瀬戸において行かれてしまうので、残念ながらおとなしく社内で待っていました。

IMG_6082.jpg

岡山駅を出るといよいよ7瀬戸大橋を渡ります。曇り空なのであまりきれいな風景が撮れませんでした。でも初瀬戸内海なのでこういう風景は初めてなので、橋の欄干(とは言わないと思いますが)がじゃまでしたが、ついつい写真をたくさん撮ってしまいました。

IMG_6083.jpg


IMG_6085.jpg

IMG_6087.jpg

7:27 高松駅に到着、早速駅前で本場の讃岐うどんをいただきました。

IMG_6089.jpg

私はシンプルにかけうどん、妹はきつね、夫は肉うどん。

IMG_6088.jpg

IMG_6091.jpg

駅前でレンタカーを借り、スーパー銭湯(天然温泉)でさっぱりしたあと、平賀源内記念館に向かいました。
平賀源内と言えば、「エレキテル」が有名ですが、その他にも焼き物やいろいろな分野に長けている方らしいです。
ちょっと地味な記念館でした。

IMG_6098.jpg

その後はちょっと南下して「かめびし屋」という創業250年の醤油蔵へ行きました。

IMG_6101.jpg

店内は狭いのですが、風情のある「かめびし茶屋」でうどんをいただきました。メニューはお醤油屋さんらしく、醤油ともろみがメイン。
私と夫がもろみ、妹が醤油をいただきました。うどんに出しつゆがかけてあり、上にのっているもろみ醤油を混ぜ混ぜして食べます。
このもろみが味が深くて美味しいです。
もろきゅうでも美味しいらしいので、お買い上げ!

IMG_6099.jpg


IMG_6103.jpg

次に行ったのが、瀬戸大橋記念公園です。
瀬戸大橋を間近に見られるスポットと言うことで行って見ました。
晴れていたらもっときれいだったのに、という感じでした。

IMG_6105.jpg

建物の中では工事の模型なども展示されていて、一回り見学。
香川県でとれるサヌカイトという石で作られた鉄琴ならぬ石琴を演奏中。
この後パーカッショニストの妹が叩いていると(動画を撮影)、何やら周りが騒々しい。

IMG_6108.jpg

見ると「キンタロー」がいました。
この日、この記念公園でスタンプラリーをやっており、どうやらそのゲストのようです。
生キンタロー、やっぱり顔が大きくて足が太かったです。

IMG_6110.jpg

一番上の展望台が工事中だったのですが、そのワンフロア下からでもご覧の通り瀬戸大橋がよく見えます。
晴れていればもっときれいに・・・。
この瀬戸大橋、アンパンマンの列車が走っています。
うまく写真が撮れなくて残念。孫達に見せてあげたかった。

IMG_6111.jpg

この日一日高松をあちこち車で移動していたのですが、あちらこちらで山車というか御神輿というか写真のようなりっぱなものを、大人も子供も大勢で担いで練り歩いていました。

そう言えばこの香川県の名所、こんぴらさんも9,10,11が例大祭ということで混雑が予想させるので、今回参拝をあきらめました。
途中にあるレストランを予約するとその駐車場まで車で行けるとガイドブックで見て、電話をすると、「例大祭で予約いっぱいです」とのこと。
御本宮まで785段、レストランの場所が500段のところなので、そこからならば無理すればお参りできるかと思ったのですが、とても下から歩いて上るのは無理でしょうから。

IMG_6112.jpg

もうひとつやはり車から見た景色。橋の上から見た川ですが、水が少なく川底らしき土が見えています。この瀬戸内海ではモン・サン・ミッシェルのように、干潮になると海の水が引いて、道が現れるそうですが、この川の水も干潮で水が引いたようです。ちょうど干潮の時間帯で(小豆島のエンジェルロードを見に行こうかと時間を調べました)、同じ現象なんでしょうね。

IMG_6113.jpg

IMG_6114.jpg

その後、夕飯にはちょっと早かったので、気になっていた北浜alleyに行って見ました。
昭和初期の倉庫群を改装し、おしゃれな雑貨屋さんやカフェが並んでいる場所です。
とても雰囲気が良くて、雑貨も面白いものが並んでしました。
そして1軒の町屋(普通の古い家)で生け花の展示会をやっていたので、ちょっと見学。新しい感じの生け花で見ていて楽しかったです。

IMG_6120.jpg

IMG_6122.jpg

IMG_6121.jpg

その後レンタカーを返し、ホテルにチェックイン。ガイドブックで見つけた居酒屋に夕飯を食べに出かけました。

IMG_6124.jpg

みかん酒のソーダ割り
IMG_6125.jpg

お刺身はさすが瀬戸内海、新鮮です。

IMG_6127.jpg

これも名物の骨付き鶏、親鶏(歯ごたえがある)と若鶏(柔らかい)が選べますが、せっかくなので通の味、親鶏をチョイス。スパイシーで美味しかったです。


IMG_6129.jpg

ノドグロの塩焼き

IMG_6130.jpg

これは「とうがらし梅酒」。瞬間辛いですが、後味に辛みが残らずさっぱりと美味しかったです。
一つ残念なのが頼んだはずのかつおのたたきがオーダーが入っておらず、食べそびれました。

IMG_6132.jpg

ホテルに帰ってからもちょっと飲みました。おつまみはスイカです(笑)

IMG_6134.jpg

これは地ビール

IMG_6135.jpg

翌朝(10/11)、今度は高松駅からマリンライナーで岡山に向かいます。

IMG_6144.jpg

サンライズ瀬戸よりは瀬戸大橋からの眺めが良かったです。

IMG_6149.jpg

岡山駅前でレンタカーを借り、まずは倉敷に行きました。
お天気も良くなったので、観光客がたくさんいました。

倉敷の川沿いをきびだんごを食べながら歩きました。

IMG_6157.jpg

IMG_6159.jpg

IMG_6160.jpg

IMG_6162.jpg


IMG_6168.jpg

IMG_6170.jpg

そこからアイビースクエアに向かい、倉紡記念館を見学しました。
蔦が紅葉し始めていてきれいです。

IMG_6173.jpg

IMG_6179.jpg

IMG_6181.jpg

IMG_6182.jpg

桃太郎のからくり博物館を見た後、おそばで昼食です。

田舎そば(おろしそば)、天ぷらそば、天ざるそばです。
さっぱりしていて美味しかったです。

IMG_6187.jpg

IMG_6188.jpg

IMG_6189.jpg


IMG_6191.jpg

午前中歩いたので、倉敷から離れドライブ。道の駅に寄ってみたけれど、ちょっと期待外れだったかも?

紫芋ソフトは美味しかったです。
あと今回履いていった靴がちょっとかわいそうになっていたところ、フリマをやっていて、歩きやすそうな靴が1,500円で買えたので良かったかな?

IMG_6192.jpg

海辺をドライブし、岡山市内に向かいました。

IMG_6194.jpg

岡山城を見ようと思ったのですが、混み混みで断念。車の中からチラ見して、あきらめました。
右折しようと待っていたら、向こうから路面電車が!!!ひかれなくて良かった!

IMG_6198.jpg  

帰りはビューッと新幹線で帰ります。

IMG_6199.jpg

岡山発 17:16 まだ明るいです。こんな雲が出ていました。

IMG_6203.jpg

駅弁を食べて、ちょっと3DSでゲームをしてウトウトしていたら、あっという間に東京に着きました。

IMG_6204.jpg

帰りもバスで帰ります。
佐野新都心からは私が家まで運転する約束なので、新幹線でもバスでも夫はこんなです。
IMG_6205.jpg

久しぶりのスカイツリー、バスの窓からなのでいつもより高い位置からよく見えます。

IMG_6209.jpg

22:50 予定より10分くらい早く佐野新都市に到着。
無事に家に着きました。

楽しい旅行でした。
お疲れ様!
【ジャンル】:日記 【テーマ】:お出かけ日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-10-07 23:43 | カテゴリ:吹奏楽
セドナとハウル

11月の市民音楽祭にはハウルをやるようです。
ジブリアニメの「ハウルの動く城」のテーマ曲を主題とし、作曲者の久石譲さんによりシンフォニック・ヴァリエーションとして作られました。
「人生のメリーゴーランド」がテーマ曲です。
ところどころ難しい部分がありますが、楽しい曲です。

市民音楽祭は11月14日(日)です。
入場無料ですので、聞きたい方、ぜひお出かけください。

2015-10-03 23:32 | カテゴリ:吹奏楽
2時から吹連メモリアルバンドの練習でした。

行きは下道で行きます。
お供はセブンのアイスコーヒーLサイズ。

fc2blog_20151006002322e51.jpg


結構肝心なパートが抜けていたりで、指揮の大井先生もやり辛そうでした。

あとは前日と当日だけなので、ちょっと不安です。

取りあえず私のパート 3rdクラリネットは3人ですが、誰もお休みなしなので、本番も安心かな?


メモリアルバンド、一般の合奏練習前に舞台袖で、高校生のバンドの演奏を聴きました。

高校生の皆さんは大人より一生懸命取り組んでいるようで、いい演奏をしていました。
負けないようにがんばらなくちゃ!


さてメモリアルバンドの練習後、高速を飛ばし戻ってきて、足吹の練習に参加しました。

セドナ、風紋、海の歌、天国と地獄、詩人と農夫、ハウルの動く城。

あれ?あと何やったかしら?もしかしたら記憶違いもあるかもしれません。

詩人と農夫 全413小節 うち休みは合計23小節、その休みも冒頭30小節で終わりです。
つまり後半は休みなしです。
これはきちんとコントロールしないと、あっという間に口がへばってしまいます。

今、アンブシュアを研究&調整中。
と言っても大幅な改造ではなく、へばらない吹き方を模索中です。


水曜日の練習は出られないメンバーがいるため、つい無理をして吹きすぎてしまいがちです。
そうならないためにも、基本に戻って、正しいアンブシュアで吹けるように・・・・・なりたいです。

fc2blog_20151006002335512.jpg

今日のセッティングはこちら。

クリスタルでがんばってみようかと思ったのですが、やはり無謀なことは控えておきます。

まだBbクラに復帰して、4ヶ月程度、やっと落ち着いてきたところなので、無理のないセッティングじゃないと、ですね。

落ち着かない間は、マウスピース、リガチャー、リードと彷徨いました。
今も最終決定ではないのですが、少し何かが見えてきた気がします。





【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-10-03 23:16 | カテゴリ:吹奏楽
タイトルの通りでございます。

来る3月6日に開催する足吹の第39回定期演奏会、メインのゲストが決まりました。

落語家 三遊亭歌橘さんです。

12081400_712709795525976_1041225077_n.jpg


演目は、プロコフィエフ作曲の「ピーターと狼」です。
「ピーターと狼」はプロコフィエフが子供のために作曲した作品です。
ストーリーはとても単純ですが、いろいろな楽器の音で登場人物を表現し、お話を交えながら演奏する楽しい作品です。

まだ企画が決まったばかりで、詳しいことはこれからですが、とびきり楽しいステージになること間違いなしです。
歌橘さんの「ピーターと狼」、どんな語りになるでしょうか。

私たちも今からとても楽しみにしています。

三遊亭歌橘さんは、足利市のご出身の落語家(真打ち)で、現在、足利市の「あしかが輝き大使」をつとめていらっしゃいます。

詳しいプロフィールはこちらから → 三遊亭歌橘プロフィール (三遊亭歌橘公式ブログ)


さて、その三遊亭歌橘さん、10月23日(金)に ふるさとまちおこし寄席3周年スペシャルとして開催される、三遊亭圓歌一門会に出演されます。

IMG.jpg


圓歌師匠ともちろん歌橘師匠の落語を生で聞くいいチャンスです!

もう少しお席があるようですので、ぜひお出かけください。


【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)