2013-07-27 23:18 | カテゴリ:吹奏楽
練習開始時間にゲリラ豪雨でした。

練習会場へ向かう道路はどこもかしこも冠水状態(大袈裟か?)で、私はハイドロプレーニング現象でブレーキがきかなくなるのでは?とドキドキしながら車を運転していました。

ハイドロプレーニング現象とは「面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残り、ハンドルもブレーキもきかなくなる」現象のことです。

実は遙か昔、「よろしくメカドック」というアニメでハイドロプレーニング現象という言葉を知りました。
このアニメは長男が子供の頃、ビデオテープがすり切れるほど見たアニメです。

足利はゲリラ豪雨と言っても、被害が出るほどではないので恵まれているとは思いますが、場所によっては交差点などがかなり低くなっており、水しぶきがすごく、「大丈夫かな?」と心配になってしまいます。

また、冠水した道路でエンジンに水が入り、車自体がダメになってしまう、と言うことも聞き、こわごわ運転して練習会場に向かいました。

練習会場に着いたものの降りるのがためらわれるようなどしゃ降り。
かと言ってずっと車の中にいるわけにもいかず、意を決して雨の中に出て行きました。

ほんの数メートルなのに傘をさしていても足元はびしょ濡れです。
もちろん濡れても大丈夫なように素足にサンダル、スポーツタオル持参です。

夏の間、何回くらいゲリラ豪雨に襲われるのかしら。
だいたい練習開始くらいの時間が多いから、、、。

雨のせいもあって、集まりの出足が遅く、合奏開始も遅れました。
コンクール前の貴重な練習時間がもったいなかったです。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1058-ed75e284