2013-10-16 23:58 | カテゴリ:吹奏楽
先日、ひょんなことから樹脂リードを製造している会社さんと足吹のメンバーが面識のあることが判明しました。
FORESTONE、というリードです。
こちらの会社のリードを製造しているメーカーさんですが、なんと身近なところで製造していたようです。

前からネットで見たことはあって興味はあったのですが、このタイプのリードはいろいろな厚さを試してみるには高すぎて、躊躇していました。

Bbクラのものは別なメーカーのものを1枚持っているのですが、やはり若干薄く結局使わなくなってしまいましたが、今回試奏させていただけるというバスクラ用はなかったのでテナーサックス用を試してみました。

fc2blog_20131017003819c8f.jpg


吹いた感じは普通のリードとあまり変わりないように感じました。
良い点は、練習時間中ずっと使っていてもリードがヘタレないことです。
少しの間、使ってみたいと思います。

普通のリードは5枚買っても気に入るのは1枚くらいなので、リード選択の基準用にしてもいいかな、と考えています。
リードを選んでいるうちにわからなくなってしまうことが時々(度々?)あるのですが、基準があると振り分けやすいかも?

実際の音は自分ではよくわかりませんが、マエストロが気づいてなかったようなので、大丈夫そうです。

まだアンブシュアが怪しい部分があるので、音がひっくり返ったりすることもあるのですが、これは普通のリードでも同じなのでリードのせいではないようです。

今度ぜひBbクラも試してみたいです。

だんだんリードの材質も悪くなっているので、今後、樹脂製のリードの需要はあるかもしれませんね。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1100-b927ddc7