2013-11-30 23:21 | カテゴリ:吹奏楽
カルメン、久石 譲の曲を練習しました。

練習の合間に久石譲さんの曲の原曲を聴きました。
YOU TUBEなどでも聞くことはできますが、楽譜を見ながら聴き、すぐ後に合奏練習をしたので、ただ聴いただけより効果があったと思います。

やはり実際の演奏を聴くことは重要ですね。
次はカルメンを聴きましょうか。

聴いて影響を受けすぎるのも困りものですが、まったく聴かないのはもってのほかです。
演奏する曲は積極的に聴きましょうね。

さて入院させていたLOW Cのバスクラリネット、調整が終わって引き取ってきました。
全体のバランス調整とパッド7個交換だけで済みました。

キーの動きが格段に良くなりました。

あとはテクニック?

キーが大きい分、当然動きがもたつきます。
今もそうですが、キーを押さえる力が無意識に足りないときがあります。

Bbクラリネットの場合、そんなに意識して押さえなくても大丈夫ですが(もう40年吹いているからね)、バスクラリネットは意識しないと力が足りないときがあります。
特に小指と薬指、そしてこの小指はLOW Cの分、余分なキーがいくつか付いています。
なので、特に小指を使う替え指が違うキーを押してしまったり、押さえ切れていなかったりして、時に(頻繁に?)意図していない音が出るときがあります。
ご迷惑をお掛けしていますが、しばらく吹いていれば、感覚が身につくはず(と信じて)なので、がんばります。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1123-f1815d05