2014-01-25 23:47 | カテゴリ:吹奏楽
久石譲さんの曲を中心に練習しました。
久石譲さんは宮崎駿さんの作品をはじめ、日本の映画などに数々の楽曲を提供している方です。

素敵な曲が多いので、演奏していても楽しいです。
でもBbクラリネット、大変そうですよ。

バスクラリネットも簡単ではありませんが、Bbクラに比べれば・・・。

先日はLow Cまで出るんだよな、と気付かれて音が増えました。
ソbシレファと下線2本のソから始まる動きです。
レとファ、どの指使いが良いかまだ定まりません。
最低音のドとド#とレ、指使いがわかったのですが、両手の小指か右手の親指を使います。

バスクラ、右手小指、キーが6個

fc2blog_20140127001733304.jpg

Bbクラ、右手小指、キーが5個、ただし一番端は最低音の補正用(通常のクラにはついていない)

fc2blog_20140127001826f5b.jpg

バスクラ、左手小指、キーが5個

fc2blog_20140127001750342.jpg

Bbクラ、左手小指、キーが4個、真ん中のキーは下位の機種には付いていない替え指用)

fc2blog_20140127001841b91.jpg

バスクラ、右手親指、キーが2個

fc2blog_20140127001809950.jpg

Bbクラ、右手親指、キーなし

fc2blog_20140127001856dfd.jpg

ちょっとずつキーが多く、また小指なので力が入りにくく、スムーズに指が動くようになるにはもう少しかかりそうですが、頑張らなくちゃ。
この部分の運指はとにかく覚えるしかないのですが、とっさに必要なキーに指が行かない時があります。
Bbクラの小指のポジションは指が覚えているのですが、同じつもりで動かしてもバスクラを吹いている時には違うキーを押してしまうことが多々あります。

そんなとき予期せぬ音が出て、自分でびっくりすることがあるので、きっと私の前に座ってるテナーサックスさんは「あ、また間違えた。」と思っているでしょうね。
結果的に間違っているのですが、本人としてはキーをちゃんと押さえたつもりで、隣を押さえているだけなんです。
と、言い訳にしかなりませんが。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1147-6268f6a0