2014-05-28 23:26 | カテゴリ:吹奏楽
日曜日に引き続きホール練習です。
ゲストは入らないので、第1部の曲がメインです。
ナレーションを入れる「ラプンツェル」で曲間の移動のタイミングを確認したい、という要望がパーカッションからあったので、代理でナレーションを入れました。
自分で書いた原稿のくせにカミカミでした。

本物のナレーションは土曜日のゲネプロであわせになります。

さて今日は娘が子連れでの練習参加になってしまいました。
平日でパパが来られないので、託児所に連れて行ったのですが、泣き叫んで拒否したので連れてきた、とのことでした。

この間の日曜日も我が家の長男家と別の団員が子連れで来ていました。
長男のところはまだ3ヶ月弱なので託児所にも預けられず、夫婦交代で練習に参加していました。
別の団員のところは幼稚園に行っている子なので、おおむねおとなしくパパの隣に座っていました。
時々ママに連れ出されていましたが・・・。

昔から時々練習会場に子連れが現れます。
私もやりましたし、今日は預かってもらえないので、とりあえず連れてきちゃいました、という感じです。

もちろんずっとおとなしくしている子はほとんどいません。
途中でママがリタイアすることも多いのですが、団員のほうも結構慣れっこになっています。

まぁ一番気が気じゃないのが連れてきた親なんですがね。
子供は関係なく声を出しますし、さすがに動き回る子は連れ出されてしまいますが、そのたびに親は「しーっ!」。
言うこと聞くわけないですよね。

昨日はちょうどマエストロが振り始めようというタイミングでなんかしゃべっていましたが、さすがに孫の声は聞き慣れていて耳を素通りしたか、止めることなく指揮棒を下ろしておりました。

多分、大人がしゃべれば指揮を止めてしまいますが、子供の声はあまり気にしていないのかもしれません。
時々本番中も静かなところで客席から子供の声が聞こえることがあります。
ステージまで聞こえるときは泣き叫んだ、とかですが、それも結構慣れっこになっていますね。
保護者の方はすぐ連れ出してくれるので、問題ありません。

客席にいる時は逆にひそひそ話でずーっとしゃべっているほうが気になりますね。
特に年配のおばさま方(私も同年代ですが)。

それに比べたら練習中の子供の声なんかかわいいものです。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1210-4d57bdc4