2014-07-20 21:26 | カテゴリ:吹奏楽
fc2blog_2014072020202793a.jpg

吹奏楽フェスティバルでした。
足吹の定例行事です。

いつもよりは気温が低めだった気がします。

いつもより参加団体が多いらしく、足吹の出番は17時過ぎ。
集合は16時とゆっくり目です。

12時に打楽器をトラックに積んで、休憩時間を利用してステージ裏に搬入しました。

さてそれから集合までだいぶあったので、お昼を食べて、学生たちの演奏を聴いたりしながら過ごしました。

今年の控え室は中学校2団体と一緒でしたが、学生さんたちは本番前に控え室に入り、演奏が終わると速やかに撤去してしまうので、控え室が3団体でごった返す、ということはありませんでした。
中学生さんたち、偉いですね。
2団体とも佐野市の中学校さんでした。

足吹は出番が夕方なので、だいたいお昼頃から打楽器を搬入したあと、控え室でウォーミングアップしたりしながらチューニング時間まで待機していることが多いです。
コンクールの当日も、結局早めに会場入りして時間までだらだら時間をつぶします。
もちろん早めに会場入りしないと駐車場探しが大変なので・・・。
フェスティバルも結構駐車場で苦労します。

それなので楽器搬入で会場に入ったら、取りあえずそのままで出番までだらだらしてしまいます。
とても疲れるんですが。

16時に着替えを済ませ、楽器を用意して集合。
16時15分にリハーサル開始、16時45分まで、チューニングと曲の確認のみ。

ステージ手前でちょっと待たされますが、いつものことなのでこそこそおしゃべりしながら過ごします。

いよいよ本番。
慣れているつもりでも、やっぱり緊張します。
指揮台の上に乗ったマエストロが一瞬、後ろの足元を見ました。
「あ、落ちるの心配してるかな?」とうっかり笑いそうになったのは私だけかもしれません。

課題曲無事終了。
自由曲の途中でアクシデントがありましたが、フルートとバスーンがちゃんと入れてくれたので、何とか破綻せずに行けました。

皆さん、お疲れ様でした。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1240-f2232268