2014-07-26 23:42 | カテゴリ:吹奏楽
地域や幼稚園の夏祭りがあり、若干集まりが遅れたパートがありました。
いつもならとりあえず無視して合奏練習に入りますが、コンクール間近なので、合奏練習は始めたものの、今配ってある定期演奏会などの候補曲をぱらぱらと吹きました。

後半休憩後にある程度メンバーもそろい、自由曲の練習をすることができました。

他の一般バンドはどうなんでしょうね。

あまり情報はありませんが、うちのように指揮者が常任でいる場合は毎回指揮者の指導で練習ができますが、指揮者が毎回出られないところは、指揮者が来ない日はパート練習、というのも聞いたことがあります。

他には代振りやメトロノームなどもあるようです。
最近はいろいろな団体のブログや吹奏楽関係者とみられる個人のブログなどでも、「こんな練習だった」というのを垣間見ることができるので、何となく情報収集になったりしています。

いつもおじゃましているブログで「週末、県大会なので、水曜日からは毎日練習・・・・」という内容を見ました。
全国大会にも出ている市民バンドのようなので、さすが!とも思いましたが、練習の集まり状況はどうなのかな?とも考えてしまいました。

週1~2回でも必ず練習に参加できるとは限りません。
特に同僚や後輩が仕事をしているときには抜け辛い時もありますよね。

あとは、周りに自分の趣味をいかに理解してもらうかですね。

学校を卒業して就職したばかりの人がまず躓くのが、ここだと思います。
さすがに入社したばかりで「水曜日は練習があるので残業しません」などと言えるはずもなく、週末に歓送迎会や会社の納涼祭などがあったらそちらをキャンセル、というわけにもいきません。

この時期を悩みながら乗り越えて、会社での自分の立場を少しずつ確立し、だんだん図々しくなっていくのです。

仕事の種類によっては、どうしても抜けられない場合もあると思います。
あとは自分がどのくらい楽器を吹きたいのか、というところです。
趣味の楽器ではご飯は食べられませんから。

今、自分から楽器演奏を取ったらどうなるかな?と考えたことがありますか?

誰しも「やめちゃえば楽になるだろうな」と思ったことはあるはず。
仕事が詰まっているときに、本番近いから練習行かなくちゃ・・とかなった時。

でもいざ本番が終わると、「やっぱり無理してでも練習出て、本番のれて良かった!」とか思うんですよ。


仕事が忙しくて、または遊びが忙しくて、足吹を休団しているあなた。
そろそろ落ち着きましたか?

コンクールが終わったら、足吹も少し、落ち着きます。
その時が復帰のチャンスですよ!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1246-dd1fe6d9