2014-07-30 23:34 | カテゴリ:吹奏楽
コンクールが近づいたので練習時間の前倒しです。
なかなか全員集まることはできませんが、何とか仕事をやり繰りして早めに集まりました。
おかげで水曜日でしたが、充実した練習ができたと思います。

Ebクラリネットは高い音が合わず2カ所ほど1オクターブ下で演奏することに・・・。
修行が足りませんでした。

「コンクールなので」とマエストロに慰めの言葉をいただきましたが、まぁ実際に音が合わなかったので、やむを得ませんね。
実音ハイFやGなどはほんのちょっとの加減で、飛び抜けてしまったり、ぶら下がってしまったり。

なまじ前任のEbクラ吹きが結構耳が良かったので、マエストロの中では彼女が標準のEbクラ吹きとしてインプットされているようです。

娘に負けていられない!
がんばらなくちゃ!

楽器を変えてだいぶ音程は安定してきたのですが、まだまだ自分のものにはなっていません。

この音は上がってしまう、この音は下がってしまう、という楽器の癖と自分の癖を早く習得して、安心できる音程を目指します。

楽器の癖や自分の癖を知って、それを補正した演奏をすることはとっても大事です。
足吹の中にも結構できていない人がいるかもしれません。

一音一音ロングトーンをきちんとすることが克服の第一歩らしいですよ。
皆さん、私と一緒にがんばりましょう!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1247-2c963e08