2014-12-01 19:07 | カテゴリ:吹奏楽
明日の本番に向けて最後の練習です。
集まりも良かったので、どうにか曲をまとめることができました。

今日は足利で活動している和太鼓集団 黎明座の方が見学にいらっしゃいました。
今度の定期演奏会で和太鼓の入る曲を演奏するため、お手伝いを打診したところ、練習を見に来てくださった、という次第です。

以前に同じ曲を演奏した時は、パーカッションの人数が多く、通常のパーカッションパートと和太鼓パートをうまく分けられたのですが、今回は人数が足りないため、どうせならと和太鼓専門の方にお願いしてみようとなったのです。

和太鼓の入る曲を聴いていただき、ついでにその他のクリスマスコンサートの曲も聴いていただき、一緒にやってみましょう、というお返事をいただきました。

和太鼓専門の方と共演するのは初めてなので、楽しみです。

さてさて、そんなこんなで、いよいよクリスマスコンサート当日です。

毎年のことなので、準備その他は慣れたもの。
いつも早めに集合し、演奏会場となる足利中央特別支援学校体育館でお客様がいらっしゃる前から、本番直前まで、ウォーミングアップをしたり、おしゃべりしながら、開演を待ちます。

開演10分前にチューニングと簡単な音階チェックを行い、いよいよ開演です。



前半はポピュラー、後半はクリスマスソングが定番ですが、目下の悩みはクリスマスソングが同じようなものになってしまうことです。
ニューサウンズインブラスの曲を何曲かを代わり番こに演奏しているので、そろそろマエストロをおだてて、新しい曲を仕込んでもらわなくちゃ、と思います
実は今年1曲新譜のクリスマスソングメドレーを書いてくれたのですが、直前だったため、のせられませんでした。
来年は、さらにもう一曲くらいいかがでしょうか?

児童、生徒さんがお客様なので、全部でも1時間半くらいのミニコンサートですが、ずっと続けられたら嬉しいです。

さてとうとう11月も終わり。
カレンダーも残り1枚になってしまいました。
本格的な定期演奏会の練習を始めます。




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1286-aac480d9