2015-03-04 23:03 | カテゴリ:吹奏楽
さぁ、今日から3月の練習始まりました。
ウォーミングアップにホルストの組曲 第一番をやっています。
あれ?第一組曲?

ちょっと前までは全楽章吹いていましたが、今は1楽章のみの場合が多く、あとは課題曲を吹いています。
課題曲は5は購入していません。
4曲を届いてすぐ演奏してみましたが、3は断念しました。

今日はそのあと、眠りの森の美女の終楽章を集中して練習しました。
なかなか全部を細かく練習する時間がとれませんが、まだもう少し時間があるので、がんばります。


さてクラリネットのリードに新製品が出ました。

バンドレンのV21です。



開封後の写真なので、一部破れています。
雑な性格がバレバレですね。
バンドレンのリードはトラディショナル(青箱)、V12(銀箱)、ルピック56(黒箱)というラインナップがありますが、今回のV21は何色箱と呼べば良いのかしら?

今日届いたので、早速練習の時(合奏前ですが)、試してみました。
先に試した人のコメントをfacebookなどで見ていたので、最近使っているリードが青箱3番なので、3半を購入。



実物のリードはこんな感じです。
最近のバンドレンは後ろにV12など刻印があるので、トラディショナルと混ざらなくて良いですね。
昔はよく分からなくなって、厚みを比べて確認したのですが。(私だけ?)



いつも使っているM30、ヴィルシャー5、クリスタル(バンドレンA1)で試しました。
どれでも結構鳴りました。
でもちょっと薄く感じました。
今日時間がないので3枚しか試せなかったので、残りは土曜日に確認です。
最初吹いたとき薄く感じるリードも、次に吹くとそれなりの抵抗を感じることもあるので、まだ結論は出せませんが、3枚とも同じような厚みのようだったので、ばらつきが少ないかもしれません。
4番でも鳴らせそうな気がしました。

上から下まで均一に鳴るような印象を受けました。
実際の練習で使ってみたいですが、当分Ebクラだし・・・。

Ebクラのも出ないかしらね。
バンドレン様、ぜひお願いします。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1329-292413e4