2015-03-18 23:33 | カテゴリ:吹奏楽
眠りの森の美女、何曲かキーが変更になりました。

おかげ様で「絶対ムリっ!」と思っていた曲が、「がんばればなんとかなるかも、」に昇格(?)しました。
練習しても、練習しても、練習しても、思うようにできないと、悲しくなってしまいます。
若い時にもっと練習しておけば良かったなぁ・・・。

毎日楽器を吹いていたのは中学校の実質2年間くらいです。
高校は吹奏楽部がなかったので、足吹で吹くくらいでした。
社会人になってレッスンについたりしましたが、毎日吹くほど厳しいレッスンではなかったので、まぁ足吹+α。

「後悔先に立たず」なので、うじうじ考えずに今の自分のできる限りのことをしようと思います。

まずは音楽に対するイメージトレーニングです。



先日観てきた映画の原作コミックです。
長男に借りました。

こういう音楽系のコミックや小説は無条件に読みたくなってしまいますね。
たとえそれが腐女子が好むジャンルの小説だったり、絶対あり得ない設定の漫画だったり、タイトルと中身、あまり関係ないじゃん!っていう小説だったりしてもです。

実は昔小説家になりたい、と思ったことがありました。
一番最初は小学生の時。
少女小説的なものを書いたのですが、もちろん取っておいたりしていないし、ストーリーすら覚えていません。
きっと、なんかのパクリっぽいもの程度しか書いていなかったと思います。

中学校は吹奏楽三昧だったので、書き物は今思うと赤面ものの「詩」です。

そのあとは子供が大きくなって、うちの中にライトノベルが増え始めた頃。
あまり深い部分は書かずにストーリーや表現方法だけで成り立っている(ように思えた)ので、書けそうな気がしましたが、もちろん書けるはずもなく、そもそも実際は書こうともしませんでしたが。

最近は携帯小説などのジャンルもあるようですが、携帯で長い文章を打ち続けるのは嫌なので、これはムリです。

仕事を辞めたら書いてみたいとも思いますが、多分書かないでしょう。
本当に書きたかったら、今までに絶対書いているはずですから。

あ、でも数年後の足吹創立50周年には「実録!足吹の裏側を暴く!」みたいな足吹の50年の歴史を書いてみたいかも・・・。


そして・・・・
話しがあちらこちらに飛んでいますが、噂のインシュロック・リガチャーを試してみました。
サックスではやっている方が結構いるし、クラリネットでも試した方がいらっしゃるみたいなので、ちょうど良いサイズのインシュロックを見つけて装着!




2本くらいつけると安定しますが、これでも十分固定されます。
前にあり合わせのインシュロックで試したとき、ちゃんと固定されていなかったにもかかわらず、結構良い感じの音が出たので、調子に乗ってやってみました。
さすがに合奏では試せていませんが、リガチャーが壊れたときの予備には十分使えそうです。
(もちろん予備のリガチャーは持ってますが)

そのうちこっそり合奏でも試してみようと思います。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1337-0e1ed0d3