2009-03-03 21:13 | カテゴリ:未分類
録画しておいた「フジテレビ バラエティ50年史」を見ているのですが、珍しくスタジオに生バンドが入っています。
番組自体も生番組で(もちろん間にVTRは入っていますが)、SEも生で演奏していました。
今でこそ、SE(サウンドエフェクト)は電子音ですが、その昔は生演奏でした。
タイミング、難しいですよね。

バンマスが司会の言葉を聞きながら、タイミングを合わせて演奏しています。

足吹も演劇や式典の時は同じようなことをしています。
この間の演奏会の音楽物語でも似たようなことをしました。

生演奏は指揮者にすべてがかかっているといっても過言ではないと思います。
絶妙のタイミングで音楽が入った時はうれしいですね。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/134-609da053