2015-04-16 23:01 | カテゴリ:PC関連



何じゃこりゃ!

ひどい惨状です。

以下オタクっぽい話題が続くので、興味のない方はスルーしてくださいね。

私の普段使っているPCはsurfaceなので、内蔵のHDは容量が小さいです。
それなので今使っているデータ以外は「NAS」というネットワークHDに置いています。

ところが・・・


壊れました・・・


まぁ、HDは壊れるものなので、ちゃんとバックアップを・・・・・・・


取っていませんでした・・・・

さぁ、足吹の決算資料を作ろうとした矢先でした。

実はAccessというデータベースのソフトを使って足吹の出納帳を作っていました。
費目毎の集計とか楽かなぁと思ってもう10数年くらい前に作ったものなのですが、それもすべてNASに入れていたので、これじゃ決算の資料が作れません。

決算の資料といっても集計のルールは決まっているので、Excelでも問題はありません。

内緒ですが、Accessで出納帳を作った頃はExcelの「ピボットテーブル」という機能を知りませんでした。
Accessが使えたので、ピボットテーブルを使う必要がなかった、使うシーンがなかったというのが要因です。

ここ数年はAccessを使うほどでもない集計の時は、ピボットテーブルの方が楽なのに気づき(会社で他の人が使う資料を作成することが多いので)、ようやく使えるようになりました。

出納帳自体は別に+と-だけで事足りるので、簡単でした。
費目を間違えないように入力する必要がありましたが、コピペというアイテムがあるので、それもクリア。

集計も無事に済み、決算書類完成しました。

そしてNASはどうしたかというと、ケースからHDを取り出し、外付けHD用のインターフェースにつないで、救出を試みましたが、残念ながら駄目でした。
その過程が上記の写真です。

慌てて、違う規格のケースを開けてみたりして、こんなに散らかってしまいました。

片付けるのは明日にしよう・・・・

それでデータがすべてなくなったかというと、もう一つバックアップ用のHDがあったので、直近の何年かのデータ以外は大丈夫でした。

大事なデータは「写真」「足吹のデータ」「住所録」くらいでしょうか。
写真はデジカメとiphoneに残っているので、OK。
足吹のデータは演奏会関連と会計関連ですが、演奏会関連は以前のデータがあれば、そこから次の分を作れるし、会計関連は紙ベースでもあるので問題なさそうです。
プロムナードコンサートのデータはまだ作っておらず、一部眠りの森の美女のストーリーなどの資料はSurfaceにあるのでがっかりしなくて済みました。

決算資料作成完了後、NASにデータを置いたまま壊れた!ということになっていたら、とんでもない落ち込みかたになったかもしれません

住所録も前のものがあれば問題ありません。



今、一生懸命、据え置き型のHDの中身をポータブルの外付けHDにコピーしています。
取りあえずこれで一安心です。

さぁ、NASをあきらめてポータブルHDをメインで使うか、いっそのことファイルサーバーを構築するか、思案中です。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1349-c1acaeb8