2015-05-24 23:07 | カテゴリ:吹奏楽
5/23(土)

コンサート前、いつもの練習会場での最後の練習です。
明日からはホールでの練習になります。

集まりもそこそこで(若干は空席がありましたが)、早めに合奏を始めることができました。


5/24(日)

本番1週前の日曜練習です。
いつもは午後の時間帯なのですが、ホールの都合で夜の練習になりました。

さて今回のメインがバレエとの共演なので、今日のホール練習が初合わせになります。

まずはステージ作り。

IMG_5252.jpg

IMG_5250.jpg

バレリーナが踊るためにステージに「リノリウム」を敷きます。

1m巾くらいのリノリウムのマットを広げ、合わせ部をテープで留めます。
そしてそのテープの上をモップの小さいのみたいなので押さえていきます。

このモップもどきですが、「グーリ」という名前が本日付きました。
1人のメンバーが「リノリウム」を敷いている時に「テープをぐ~りやるやつ、あったよね?」と言ったことから周りのメンバーが「グーリ」と呼び始めました。

ちなみに「テープをぐ~りやるやつ、あったよね?」を標準語に訳すと「テープをぐ~ってやるやつ、あったよね?」となります。
「~り」というのは足利含む上州あたりの方言です。

前回(2011年)の作業を覚えているメンバーもいて、サクサクっとステージ完成です。

さてバレリーナさん達の登場です・・・・・・が写真は撮っていません。
本番までのお楽しみ!

合わせが始まると出のタイミングを確認しながら、ピースピースでテンポを調整します。

一通りピースのテンポ確認後、ナレーションを入れて通しをしてみました。

中間部は演奏だけなので端折って、前半と後半を通しました。

ナレーションは代役(私)なのでアレですが、結構いい感じで通せました。

本番に向けての手応え十分です。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1369-7c34e557