2015-09-05 23:45 | カテゴリ:吹奏楽
今日は午後、夫が大腸の内視鏡検査をやるので、朝からムーベン(下剤)を飲んでいます。
そんな夫はそっとして置いてあげるに限るので、私は朝一で耳鼻科に行き、それから百均行ったり、PCデポ行ったりして結局帰ってきたのが、お昼ちょっと過ぎ。

帰ったら一昨日の夜注文したPC用バッグが届いていました。

fc2blog_20150906084435ae4.jpg

何に使うかというと、楽器その他一式を持ち歩くためのものです。

ケースカバーは5月にEbクラ用にやっと見つけて買い(その時の記事は→こちらから)、Bbクラに戻ってからも使っていました。

しかし小物、楽譜などは十分入るものの、譜面台までは入らない・・・。

そこで目に付けたのがPC用のバッグ。

条件はPC適用サイスと手持ちとリュックタイプになること。
クランポンのEbクラケースより、Bbクラのケースの方が小さいんです。
しかもEbクラケースの方が厚みがあります。

こういうビジネスバッグって15インチ適用くらいまでしかなく、Ebクラは絶対ムリ(寸法上)と思えたので、前に探したときは対象から外れていました。

今回、譜面台が入るサイズのものを前提に探したところ15.6インチワイド適用、内寸430です。
譜面台のサイズが41.5なので十分です。

迷わずポチッ!ポイントを使ったらクラリネットのケースカバーの半分以下の価格(4,000以下)で買えました。

外にも中にもポケットがたくさんあり、小物の仕分けに便利そうです。

ペットボトルを入れるスペースにはチューナーがぴったり!

fc2blog_20150906084829a10.jpg

もちろんリュックになります。

fc2blog_20150906085425a31.jpg

こちらのHE MARCATOのバッグよりは大きいですが、中身が同じなので(譜面台は入らない)重さはそれほど変わらず、楽に背負えます。

fc2blog_20150517235256f8e.jpg

しかもファスナーを広げると多分本番の衣装(ブラウスとロングスカートですが、ほぼしわにならない素材なので、ドレスバック不要)も入りそうです。

ということは自主演奏会以外の演奏に出かけるときはこのバッグ一つで済みますね。

ちなみにPCを入れるはずの部分はファスナーが上部だけなので、Ebクラのケースは入らなかったのですが、マチを広げればEbクラケースも入ります。
Ebクラのケースカバーをお探しの方、ポイントを使わなくても6,000円弱で買えるのでお勧めです。

いそいそとバッグの詰め替えたあと、今度は下剤でトイレ通いをしてへろへろになった夫を病院へ連れて行きました。

検査は30分ほどで済み、そのあとちょっと待って一緒に先生の説明を伺いました。

ポリープを3つほど切除しましたが見た感じでは悪性のものではなく、他もそれほど心配な所見はないようです。
ただし「下行結腸」というところのひだひだに(腸の中にはひだひだがたくさんあります)少しむくみのようなものが見られるので、そしきを取って検査に回すそうです。

その結果(ポリープの生検も含め)を確認してみないと、完全無罪放免ではありませんが、ほぼ心配なしとのこと。

しかし、相変わらず肝臓の値は悪いし、糖尿の値も今回引っかかってしまったので、食事に要注意です。
当面ダイエットは続きます。

そしてへろへろの夫におむすび(20時間くらい絶食でした)を用意して、練習に向かいました。
「激しい運動は避ける」ということなので、机の片付けは私ががんばりました!

練習中はちょっとつらそうでしたが、なんとか最後まで持ちました。
お疲れ様でした。

今日の練習はオリジナル&ポピュラーの新譜が3曲配られました。

セドナ・・グレード3.5くらいのオリジナルです。
ところどころいろいろな楽器のソロがありますが、グレード自体は高くないので、吹きやすい曲です。

シンデレラメドレー・・今年のニューサウンズインブラスの中の1曲です。昨年公開のディズニー映画「シンデレラ」の曲だそうです。映画見なくちゃ!

海の歌(レックス・ミッチェル)・・1980年に上尾市民吹奏楽団がコンクールの自由曲に取り上げ、全国大会に出場したことで有名になったと記憶しています。その時の指揮者は小長谷宗一さんです。
ちなみにその年足吹は同じレックス・ミッチェルの「序奏とファンタジア」で関東大会に出場し、銀賞を頂いています。
さらなる補足としてその関東大会出場を機に足吹の名称を「足利市吹奏楽団」から「足利市民吹奏楽団」に変更しました。

前年までほぼ無名だった上尾市民吹奏楽団が、小長谷さんの指揮で一躍全国大会に出場!と相まって、とても印象に残っている曲です。
足吹でもその2年後1982年に演奏会に乗せています。
懐かしいなぁ。

そのほかは今までに配ってある楽譜から(順不同)
・シンフォニック・バリエーション「ハウルの動く城」
・ハリウッド万歳
・ポップス・コンサート序曲(ヘンリー・マンシーニがボストンポップスのために書いた曲だそうです)
・軽騎兵序曲
・天国と地獄序曲
・セビリアの理髪師序曲
・風紋
・第2組曲(A・リード)

個人的な課題
口の支えが悪いのか、だんだんリードがきつくなっていきました。
途中で何度かリードを交換。
合わないマウスピースを使うと良く起こる現象(自分限定かもしれませんが)です。

コンクールまでは自由曲・課題曲の2曲だけで、ずっと吹きっぱなしではありませんでしたが、上記の曲数を吹くためには、クラリネットはほぼ吹きっぱなし。
そのせいもあるのかもしれませんが、その前はEbクラでチャイコフスキーの長丁場に持ったのだから、出来ないはずはありません。
もう一度、見直し&練習ですね。



コメント欄にお問い合わせがあったので追記します。

このバッグはサンワサプライの商品です。

クランポンの純正ダブルケースなら、入れることが可能です。
Ebクラはマチを広げないと無理ですが、A・Bbダブルケールは広げなくても入ります。

fc2blog_20150908070049a1f.jpg

fc2blog_20150908070100870.jpg


ファスナーも無理なくしめられるので、いいかもしれません。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1414-32840589