2015-09-12 23:06 | カテゴリ:吹奏楽
ウォーミングアップにセドナ
風紋
海の歌
シンデレラ・メドレー
第2組曲(リード)
交響曲第5番終楽章(チャイコフスキー)
ハリウッド万歳
ポップス・コンサート序曲
シンフォニック・バリエーション「ハウルの動く城」
「天国と地獄」序曲

久しぶりにA管を吹きました。

チャイコの5番、原曲はクラリネット、A管です。



通常はソロクラのみA管で、テュッティパートはBb管なのですが、A管の楽譜を出してもらっちゃいました。

出だしはA管が圧倒的に楽なのですが、途中からはAでもBbでも難しいです。

今のところ本番でやる可能性は低いと思うので(いつもどんでん返しはありますが)、若干あきらめています。

久しぶりでしたが、楽器自体はちゃんと鳴ってくれたので、良かった~。

合奏前、早い時間に戻ってきたFestivalを吹いてみました。
ずっと吹いてもらっていたし、調整して返してくれたので、まだまだ活躍できそうな楽器です。

手元に置いておくなら時々吹いてあげなくちゃ。

あ、手元に置くというのは、売るとかじゃなくて、誰かに貸さなければ、と言う意味です。

今日はいつもの楽器に加えてダブルケース持ち。

fc2blog_2015091300362383a.jpg

本番に乗せるなら、またケースを変えなくちゃ。
その時はDACオリジナルの3WAYケースですね。

今日はマウスピースも吹き比べ。



クリスタル祭りです。
facebookでクラリネットのT先生が、ポマリコのクリスタルをずらっと並べて選定しているのを見て、クリスタルが吹きたくなってしまいました。

左から、ポマリコのサファイヤ、ルビー、バンドレンのA1が3つとA2が一つ。

ポマリコのサファイヤはお借りしているもの。
ルビーは自分で試奏して買ってきたもの。
バンドレンのA1はずっと吹いていたものが一つ、廃盤になってかなり経つのですが、偶然見つけて購入できたものが一つ、現行商品だった頃に買ったけど、先端にほんの少し傷が付いてしまったものです。
A2は現行商品のころにA1とどっちがいいか購入して、結局合わなくて吹けないもの。昔一時貸していたときがありました。
A2は絶対吹かないので、いっそのこと、オークションに出してしまおうかしら?


前半はポマリコのルビー、後半はバンドレンのA1。

ルビーはいい音ですが、ちょっとピッチが低めで、若干息の入りが苦しい感じがします。
A1は以前吹いていたので、慣れているはずですが、久しぶりのクリスタルで、ルビーほどではありませんが、抵抗感があります。
ちょっと息が足りませんでした。

これからも続けてクリスタルを使うかどうかは、ハーフ・ハーフです。



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1418-496d53c5