2009-03-22 20:49 | カテゴリ:未分類
いよいよ本番です。
9時半頃ホールに到着です。
ゲネプロは10時からなので今日は楽勝で間に合いました。

ゲネプロは足吹ではやった記憶のない、ステージの出入りからです。
考えてみると足吹は当日の人の動きは、企画ものなどがない限りやらないですね。
新しく足吹に入団した人は先輩たちの動きを見ながら、次第に空気を読んだ動きをするようになります。

ゲネプロは司会も入れ、曲順に通しました。
その後気になるところをチェックし、ゲネプロ終了です。

うちの団長も見に来てくれて、そのほかにも数名来る予定です。
目立つミスはできません。

昼食後、戸田先生の楽屋にお邪魔して(うちのマエストロが常駐していましたが)話をしていたら、いつの間にかチューニングの時間になっていました。
慌てて着替えて、チューニングに参加しました。
いつも足吹の時はチューニングの時間は本部楽屋で、まったりとしながら、遠くに聞こえるBbの音に合わせているようないないような。

今回はまじめにチューニングし、本番に臨みます。
1部がオリジナルとクラシックです。
なんやかやトラブルはありましたが、無事1部終了。
戸田先生が若干苦い顔をしていたのは、気のせいと言うことで。
戸田先生の曲は今度足吹でもやりたいと思います。

そして2部、ミュージックエイトがメインですが、これも吹いたことのない曲ばかりでした。
こちらも若干のドキドキを交えての演奏でした。

全体的には順調に演奏会を終えることができました。
少しはお役に立てたところもあるようなので、一安心です。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/146-544a63d9