2016-02-13 23:22 | カテゴリ:吹奏楽
詩人と農夫
ハウルの動く城
ピーターと狼
コッペリア

もう本番まで1ヶ月を切ってしまったので、練習もだいぶ真剣になりました。

練習をお休みするとついて行けなくなっちゃうよ~!!



そろそろ本番で使うリードを選ばなくちゃなりません。

といっても何枚か良い感じのリードをチョイスしておいて、その中から前日や当日の調子で最終的にリードを決めます。
他の人はどうしているのかしらね。

人それぞれらしいですが、全く悩まない人っているんでしょうか。
そんな人がいたら「うらやましい」の一言ですね。

金管楽器は自分の唇が振動体だからだから取り替えるわけにも、調子悪いからスペアを、という訳にもいかないし、木管と金管、どっちがいいのかしら?

さてリードの調整ですが、リードのおしりの部分を爪切りなどでちょっと切ると、鳴りがよくなると言うのを小耳に挟んだので、ちょっと重たいリードで試してみました。

すると、本当に鳴りが良くなりました。

fc2blog_20160214131948c8b.jpg

失敗が怖いので、新品でなく、「いいリードだけど、長時間吹くのはちょっと無理」なリードで試してみました。

本番用候補のリード、5~6枚くらいはキープします。


少し前から使い始めたストラップ。

どうかな~と、取りあえず家にあった多分Bbクラ用かアルトクラ用っぽいストラップを使ってみましたが、ストラップを使うととても楽なのがわかり、クラリネット用のストラップを購入しました。

気になっていたバードストラップです。

im.jpg

実際購入したものはこちらの廉価版(?)で通常品の半額くらいのものです。

fc2blog_2016021414140367e.jpg

違いがあまり分かりません。
多分素材が違うんだと思います。

使った感じはGood!でございました。
ますますストラップが手放せなくなりました。


【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1468-c5ddb1ec