2009-03-29 20:24 | カテゴリ:未分類
課題曲1〜4、ポピュラー3曲(たぶん)、ティル(楽譜が変更)、エジプト舞曲

ティルの楽譜が変更になりました。
自分のパートでいえば、ディビジだったところがユニゾンになったので、楽譜が見えるようになりました。
1st claは上に加線がある音を吹くことが多いので、そこに2つの音を書かれると、瞬間、何の音かわからないのです。
前の楽譜は細かい動きのところが分かれていたので、楽譜にカナ(ほんとにカタカナで、ソ、とかファ#とか書いてあります)を振ってあります。
それが上のパートだけ、とかなったので、楽譜が単音になり読めるようになったのです。
もちろん読めたからって吹けるわけではありませんが・・・。

うちのマエストロアレンジは必要とあらば、その時の編成にぴったりの改訂版が出せるので、それが強みです。
とはいえ、特殊楽器等の妥協はなかなかしないので、希望の編成と現実にギャップがあるのはどうしようもないです。

今日の練習では、練習中の反応を指摘されてしまいました。
足吹は練習中、大きな声で「ハイ」と返事する文化を築いて来なかったため、返事もとても消極的です。
まぁもともと学生の「返事だけ元気よく」みたいな文化が嫌いだった事もあり、何となく頷き程度の反応しかしてこなかったのです。
昔のように気心が知れた少人数のバンドであれば、それでもかまわなかったのでしょうけれど、時代が変わり、若い人たちも増えたので、改めて指揮者の要求に対する反応について、ちゃんと言葉に出そうよ、っていうことです。

「お返事 ハイ! 元気でハイ! ニコちゃんでハイ!」
ってきっと足吹団員で知っている人少ないよね。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/149-b32b8b11