2016-06-25 23:36 | カテゴリ:吹奏楽
今日の練習は足利市の音楽連盟の総会と懇親会があったため、遅刻です。
といっても先に練習会場準備と楽器を用意してから、総会に参加したので、リードだけ付けてすぐ合奏に参加してしまいました。

まぁウォーミングアップはなしですが、合奏の中で少しずつやっています。

残業で合奏に遅刻したときも、自分の席で楽器を用意してリードはある程度当たりを付けて、あとは合奏に混ざって曲の中でウォーミングアップという乱暴なことをやっていますが、それはそれでなんとかなるもので・・・。

合奏に入ったとたん、次のフレーズがソロ、なんて言うこともありましたが、間に合わなければ2ndの方が吹いてくれるので、自分の都合で吹いたり吹かなかったりと、ずいぶんいい加減なこともやりました。

前回水曜日から楽器をセルマに変えたためピッチが心配でしたが、チューナーの電池はしっかり入れ替えたので、ちゃんとチェックします。

fc2blog_2016062617044636b.jpg

右端にEbと表示されているのは、音を拾ったときにEb調で表示してくれるので、自分の吹いている実際の音でなく、楽譜上の音で判断が出来ます。
まだ自分の感覚がBbなので、BbクラだとCの音階でも理解できるのに、Ebだとまだインプットされていないというお恥ずかしい状況なので、しばらくの間、こちらの表記を使うことにしています。

Cの楽譜を見ながらでもBbクラなら何とか吹けるのですが(#とかたくさんあったり早いパッセージとか無理だけど)、Ebクラではまだ出来ません。

新譜を配られたときなど、オーボエがまだ来ていなかったりすると、オーボエの楽譜を見ながらソロの部分をBbクラで代吹きしたりしましたが、Ebクラだと読み替えできないんですね。

出来た方が良いのかな?
代吹きはしなくてもC読みで音名を言われたとき瞬時に判断できないとまずいですよね。

「ここの音を”F"に替えて」と言われても、指折り数えるとまではいきませんが、いまのと心頭の中で考える必要があるため、これじゃ駄目ですものね。



セルマのEbクラ、もしかしたらまたクランポンに戻すかもしれませんが、取りあえず今回のコンサートはEbクラなので、いろいろと頑張ります。



さて今日はお昼に会社のBBQがあったため、朝一で美容室、そのままBBQに向かい、帰ってきて音楽連盟の皆さんに配る招待状を用意したら、練習に出かけるというバタバタした日でした。

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1501-2c63bed1