2016-08-20 23:04 | カテゴリ:吹奏楽


いよいよ明日、プロムナードコンサート2016本番です。

初めての時期の開催なので、実感のないまま練習が進み、やだ~!明日本番じゃない!っていう感じです。
もちろん必要な準備は、知らない間に誰かが、じゃなくて自分でちゃんとやったようです。

今日は午後から会場入りし、最後の原稿を仕上げているうちに、ステージの準備も整いました。

fc2blog_2016082022324965e.jpg

団員も集まり始め、ウエルカムコンサートをするサックスパートとフルートパートの練習、個人練習で賑やかなステージでしたが、こちらの登場で静まりました。

fc2blog_20160820223300221.jpg

ハープです。

いつもお願いしている足利出身のハープ奏者、邊見美帆子さんです。

ハープのチューニングの間はステージは静かになります。

そしてリハーサル開始。

実は今回のコンサートは45周年と言うことで、金管トレーナーの曽根敦子さん(東京交響楽団 ホルン奏者)が一緒に演奏してくださいます。

ホルンパートさん、ちょっと贅沢じゃないですか?
合奏の後もレッスン受けてたし。


不安定なお天気だけが心配ですが、きっと言いコンサートになりそうです。

まだまだお席に余裕があります。
当日券も用意してありますので、ぜひお出かけください。



【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1518-c844f901