2016-09-10 23:23 | カテゴリ:吹奏楽
配られている曲

春の喜びに(ジェームズ・スウェアリンジェン)・・足吹 創立30周年委嘱作品 節目には必ず演奏
祝典序曲(ショスタコービッチ)・・節目の演奏会ではかなりの確率で演奏している
喜歌劇「こうもり」序曲(ヨハン・シュトラウス)・・1983年 1988年 2005年に演奏
11人のカウボーイ(ジョン・ウィリアムズ)・・1998年 1995年 2001年
戦没者への讃歌(ジョン・ウィリアムズ)・・2012年

以下は新譜。
ジェーン・エア(ジョン・ウィリアムズ)
スーパーマン組曲(ジョン・ウィリアムズ)・・以前配ってちょっとだけ練習した(少し前)
スペイン奇想曲(リムスキー・コルサコフ)・・以前別な楽譜で練習した(だいぶ昔)


まだ3/5の定期演奏会までには半年近くありますが、油断しているとあっという間です。
これから配られる曲もあるし、配っている曲をすべて演奏することは出来ないので、今の時期はあまり本格的な練習はしていません。
どちらかというと曲の雰囲気をつかんでもらうような練習です。

足吹と一緒に吹いてみたいという方は、今の時期がチャンスです。


このラインナップをEbクラで吹くのは、かなりキツいです。
締めすぎないように、と注意しながら吹いているのですが、やはり気づくと強く噛み締めてしまうので、約2時間半の練習の最後の方は「制御不能」状態になってしまいます。

こればっかりは慣れるより仕方ないですね。
翌日は下唇が痛いし、実は若干「たこ」のようになっています。
ちょっと恥ずかしいかも?


【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1522-54311f32