2016-09-12 00:14 | カテゴリ:その他
先日の台風(9/7)で、我が家の屋上から雨漏りしました。
その前に防水工事をしたので、そちらの雨漏りはまったくなかったのですが、敵は別のところにいました。
屋上からの排水パイプが詰まっていたようで、屋上に水が貯まり、ドアの立ち上がりを越えて浸水してしまいました。

リビングから一番遠いところだったし、外の雨音で全く気づかず、夜の11時を過ぎてトイレに行った夫が初めて気づきました。

屋上への階段スペースと洗面所から、ポタポタどころじゃなくすごい勢いの雨漏りです。
もちろん階下の義両親スペースへも雨漏り。

もう寝ていたのを慌てて起こして、大騒ぎになってしまいました。

以前にも古いボイラー用のタンクから水漏れがしたりと、何かと被害がある家ですが、今回は実質的な被害はほとんどありませんでした。
天井の壁紙などは結構かわいそうなことになっていますが、階段スペースの天井はクロスではないので、そんなに気になりません。

元々排水口への勾配があまりなく、何回かの地震でさらに勾配が足りない?ということもあるようですが、一番は排水パイプの詰まりのようです。

先日の花火の時も結構燃えかすのようなものが飛んできました。
その後、風で結構飛ばされているかと思っていたのですが、排水口を詰まらせているものもあったようです。

夜中に先日工事してもらった防水屋さんに電話したら来てくれて、夫と二人、排水を何とか通るようにしてくれました。

あくまで応急処置なので、もうちょっとちゃんとメンテナンスしなければなりませんが、取りあえず水が流れてく入れたので雨漏りは納まりました。

応急処置をしている間、私と義両親は濡れたところの処置です。

真夜中の大掃除ですよ。

でも、時間帯がまだ起きていた時間で良かったです。

雨漏りしたのが、あと1~2時間後だったら、熟睡していて気づかなかったかもしれませんでした。

【ジャンル】:日記 【テーマ】:雑記
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1523-98b7c459