2016-09-23 23:41 | カテゴリ:クラリネット
夫が入手した「良いスピーカー」で初めてモーツァルトのクラリネットコンチェルトを聴きました。

初めて、は「良いスピーカー」で、と言う意味ですよ。
クラリネットコンチェルトを聴くのはもちろん初めてではありません。

ランスロ
ウラッハ
ライスター

聴き比べて、やっぱりライスターが良かったです。

ランスロは縮緬ビブラートが気になったし、ウラッハは録音も古いせいか、音が地味~な感じ。

ちなみにモーツァルトのクラコンは、レコードだけで、預かり物も含めると6~7枚あるようです。
そんな中で、ライスターのものは、全く録音が同じでジャケットだけが違うものが2枚!





久しぶりにクラリネットの良い音を聴いて、ものすごーくクラリネット吹きたくなりました。
Ebクラだけど!

さてライスターの音の余韻に浸る間もなく、レコードは谷村新司に変わりました。

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:音楽のある生活
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1530-e4cb08d5