2016-09-24 00:35 | カテゴリ:その他
2007年1月18日の記事です

およそ10年前です。

この頃はトスカを買うなんて思ってもいなかったし、ましてEbクラだなんて・・・。
PC環境も格段に良くなっています。

音をいじる必要がなくなったので、そんなに高スペックのPCはいらないので、もっぱらsurface、時々ノートPCです。
音はもっぱらマエストロがMAC様でやっていらっしゃいますので、やる必要がなくなってほっとしています。

あと5年で50周年です。
何歳になっているかなんて恐ろしい・・・。

その前の45周年に向けて、そろそろ資料の準備始めなくちゃ!


******************************************************************************************************
プログラムができました。
今回は35周年記念でボリュームアップ版。
今日持ち帰った団員のうち、何人くらいが「足吹の歩み」を見ただろうか?
4ページにわたる足吹創立からのトピックス。
結構、こういう記録は大事なんだなって、20周年の時に思いました。
たかが市民のサークルだから、記録なんてなくたって困るわけじゃないけれど、やっぱりたくさんの人が関わってきた「足吹」だから、何か残しておきたいというのが私の思いです。
いつか、暇になったら(なるかどうかが疑問だけど)本格的に記録をまとめたいと思う。
たぶん早くても5年や10年先だから、PCの環境やいろいろ進化するはず。
そうすれば個人でも良いものが作れると信じて、今は日々の記録を残すことを心がけよう。
思えば、1998年頃音源を取り込んでCD化できるとう環境が普及し始めて、とてもうれしかったです。
あの頃、わからないながらもいろいろ試して、演奏会のCDを作ったりもしました。
取り込んだ音が音飛びして、いろいろ条件を変えて試しても解決しない、とかありました。
PCのスペックだったかサウンドカードのスペックだったかわかりませんが試行錯誤の連続でした。
今、結構ストレスなくそういうことができる環境ですが、何しろ時間がない。
2006年は過去のコンクールの音源をデジタル化しました。
今後の課題は?
実は足吹の音源のほとんどはデジタル化されています。
アナログのオープンリールのテープも数年前、HDに取り込んであります。
転写が始まっていたけれど、とりあえずその時点のデータ化は完了しています。
DATも結構取り込み済み。

50周年までには(いくつになるんだろう!)頑張ろう、、、、と思い、、、ます。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:吹奏楽
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/1531-19e34363