2009-11-01 21:08 | カテゴリ:未分類
昨年に引き続き「尊氏公マラソン」の式典、及びアトラクション演奏をしました。
朝6時半というあり得ない時間での集合に一日が始まりました。

進行状況が予定と結構違っていたのですが、特に問題もなく式典前の演奏、開会宣言のファンファーレ、国旗掲揚の君が代、ヘリコプターによるメッセージ降下時の演奏、とスムーズにすすみました。

そして今回はスタート時の演奏を、とのことだったので、ハーフ、10Km、5Km、3Kmと4曲用意しました。
さぁ、ハーフマラソンのスタートです。
スタートの合図とともに一斉に走り出すランナー。
演奏時間は5分、と指定されていたのですが、ほんの1分ほどでランナーは競技場の外へ。
途中で曲を止めましたが、サビの部分までたどり着きませんでした。
続く10Kmもあっという間に競技場の外へ。

次も?じゃ、サビから始めようということで段取りを変えたら、スタート位置がグラウンド半周長いところからになりました。
あ、これは変更になったのではなく、私たちが知らなかっただけなのですが。
これは良い感じで曲のサイズが収まりました。
というのも5Km、3Kmは仮装してのランナーがいるため、スタートもかなり時間がかかります。
今年はワニを連れた「○もと」とか馬に乗った(?)武将とかいました。
こういう何か小道具があるランナーは、他の人の邪魔にならないように、後ろの方からスタートするようです。
3Kmは予定通りのサイズを演奏し、無事、ランナーを見送りました。

今回、足利出身の原選手(我が地元山辺中出身、多分長男の1学年上)とタレントの勝俣 州和さんが走りました。
勝俣さんは何年か前にも尊氏公マラソンを走ったそうです。
今年ゲスト、というわけでなく一般エントリーだったとか。
原選手は10Kmコース、勝俣さんはハーフ、結果はどうだったのでしょうか。

その後のイベント演奏はラストだったので、他の団体のアトラクションをまったりと見ながら、待ち時間を過ごしました。
会場には売店もあり、ちょっと買い食いをしました。

イベント演奏はたくさんの方が聞いてくださり、演奏も滞りなく終えることができました。
皆さんお疲れ様でした。

※演奏とは関係ありませんが、某ゲームの「すれ違い通信」を会場で設定しておいたら、違法改造で作られた宝の地図をもらってしまいました

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/216-a612f84b