2011-01-23 21:44 | カテゴリ:未分類

いつもなら1週前の日曜日からのステージ練習ですが、バレエあわせのため2週前の今日、ステージ練習でした。
打楽器の移動とステージのリノリウム貼り。
この「リノリウム」というのバレエを踊るためにステージの床に貼るマットのようなもの。
そういう専用のマットがホールに備え付けられています。
90cm巾の、よく体育館に敷くマットのようなものです。
もちろん敷いただけではバレリーナさんが引っ掛かってしまうので、専用のテープで固定します。
敷き方、テープの貼り方、結構こつがいります。
本日就任したリノリウム部長○本さん、本番までよろしくお願いします。


そしてバレエとの合わせ練習。
練習段階から足吹の演奏の音源を使っていただいたので、思ったよりスムーズに行きました。
18日にレッスンを見せていただき、テンポの再確認ができたのも良い方向に作用しました。
1時からの練習で、リノリウム貼りが1時半頃までかかり、そのあと合奏練習。
3時からバレエ団の方に入っていただき、まず場当たり(今回、後ろに足吹、前にバレエ、という状況のためバレエ団の皆様、踊るスペースが変則的です)。


この間、約30分程度でしたが、足吹のメンバーはバレエのレッスンを見ている観客風でした。
それもそのはず、「バレエ」は音楽としては結構触れる機会があるのですが、実際にバレエを見る機会はほとんどありません。
録画されたものや、ステージを客席から、見ることは可能でも、実際に踊る人たちと同じステージ上で、というのは音楽に携わる人間の中でも何割かの人だと思います。
オケピットで経験するのでも滅多にない機会です。


その後、曲順に合わせバレエを入れての練習をしました。


結構手こずるかと思ったのですが、ほぼ一発OKの状態でした。
事前に演奏の音源をお渡しし、それで練習してくださったので、それも良かったと思います。


さらに本番が楽しみになりました。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/376-32bd7039