2011-10-01 23:51 | カテゴリ:未分類

10日ぶりの練習です。
新しくなった足利市歌「われらのまちに」の楽譜が配られました。
市民音楽祭で歌伴の予定です。
もう一曲新譜はウォルトンの「クラウン・インペリアル」です。
日本語の題名は戴冠式行進曲「王冠」だそうです。
譜面はあまり難しくないのですが、吹いていてキツイです。
一応行進曲なので、テンポはそんなに変わらず、なのに曲は長いのでかなり疲れました。


足吹は新譜を配っても、一番最初(初見)は若干テンポは落としたりするものの、基本的に止まらずに通します。
難易度の高い曲で、吹いているメンバーが大勢脱落したりすると、止まりながらになりますが・・・。


初見でも結構落ちずに通ります。
木管は長い休みが少ないので、音符をたどっていれば何とかなりますね。
休みが多いパートは大変かも?


ずれたり、見失ったりした時は曲想、テンポ、拍子の変わり目で復帰できるときもあるし、ほかのパートが同じフレーズを吹いたりしたところへ合流してしまうこともあります。


月末の練習がお休みだったので、今日は早めに練習を終わらせて音楽室の掃除をしました。
一応月末の恒例行事です。
いつもお借りしている練習会場に感謝です。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/628-0d07d955