2011-10-12 23:41 | カテゴリ:未分類

今週は月曜日がお休みだったので、なんか水曜日、っていう感じがしませんでした。
でも練習です。


今日は11月、12月のイベントに向けてポピュラーが2曲配られました。
その他は5月のチャリティーコンサートで演奏した曲や定番の曲を合わせて、演奏する予定です。
そちらの楽譜は各自土曜日までに用意するように(←業務連絡)。


さて今年から変わった足利市歌ですが、新しく市歌となった「われらのまちに」は昭和57年に制定された市民愛唱歌です。
確かにこれまでの市歌は歌詞が難しかったのですが、長い間慣れ親しんできたのでちょっと残念な気もします。
知らない市民もいっぱいいるでしょうけれど・・・。


さて団員諸君、私たちはメロディーはよく知っていても歌詞はうろ覚え(もしくは全く知らない)です。
これを機会に歌詞もインプットしておきましょう。


足利市役所のホームページに演奏(オーケストラと合唱など)ものっていますので興味のある方はどうぞ。


1.さわやかな 光の糸に
 織られゆく みどりの夜明け
 足利の 風あたらしく
 明日に向け ひろがる夢が
 いまひらく いまひらく   われらのまちに
2.励みゆく こころにかおり
 競い咲く 文化の花よ
 渡良瀬の 川いきいきと
 あふれわく ちからも若く
 いまはずむ いまはずむ  われらのまちに
3.由緒(いわれ)ある 史跡のさとに
 よろこびて 住みゆく誇り
 大日の 塔なつかしく
 すこやかな くらしの歌が
 いまひびく いまひびく   われらのまちに


参考までにこれまでの足利市歌、歌詞が難しいです。


1.至聖(しせい)の殿堂 稀世(きせい)の古典
 戦塵(せんじん)揚(あ)がれど 学徒は集ひ
 昔は東国 教化の巷(ちまた)
 科学の精粋(せいすい) 時代の思潮
 機械に意匠(いしょう)に 表現しつつ
 今しもわが国 機織(きしょく)の都
 足利 足利 わが足利市
2.守りて聳(そばだ)つ 両崖山(りょうがいさん)や
 抱(いだ)きて流るる 渡良瀬川や
 自然の恵の 集まるところ
 煤煙(ばいえん)み空を おほひはすれど
 曇らぬ心に 親しみ交し
 共存共栄 忘れじわれら
 足利 足利 わが足利市


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/640-301441aa