2006-11-09 00:23 | カテゴリ:未分類
市内の音楽団体による音楽祭、合唱・ギター・オカリナ・弦楽合奏・オーケストラ、そして吹奏楽。大人の団体の発表会です。
今年の足吹はバーンスタイン作曲ウエストサイド・ストーリーよりシンフォニックダンスでした。
なぜいきなりこんな曲かというと、吹奏楽コンクール終了後、上の大会に出ればたぶん9月いっぱいコンクールの曲メイン。
しかし今年は8月上旬でコンクールシーズンが終わってしまった為、市民音楽祭まで微妙に空いてしまった時間。
つい市民音楽祭用に一曲仕上げては?なんて言ったことから始まってしまったこの2ヶ月半。
マエストロがその気になってしまって始めちゃったのがこの曲なのです。
本気?できる気がしない!etcの団員の言葉をものともせず、初心を貫いたマエストロの執念か、本番も何とか満足のいく演奏ができました。
プレイバックを聞くのが恐い、というのが本音ですが、やった甲斐はあったという感じですね。
これで終わらせるのはもったいないと言っているメンバーもいるようですが、これからの練習はまた気持ちを入れ替えて頑張りましょう。
次は12月の養護学校でのクリスマスコンサート、そして一大イベント第30回定期演奏会です。
谷啓さん、スーパーマーケットさんとの楽しい共演のためのまた練習に励みたいと思います。
ひとつひとつの演奏、それがどんなステージであっても満足のいく演奏をしたいです。
結構難しい課題ですね。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/686-bcac0e4c