2012-04-27 23:05 | カテゴリ:その他音楽
マエストロの秘蔵レコードです。

DSCF1471.jpg

今はボストン・ポップス・オーケストラといえばジョン・ウィリアムズですが、その前の常任指揮者はアーサー・フィードラーでした。

このレコードには今回演奏する「ラ・マンチャの男」と「屋根の上のヴァイオリン弾き」の元アレンジ版が収録されています。

実は数年前にコンクールの自由曲で「ラ・マンチャの男」を演奏した時には、このレコードのことはすっかり忘れていました。
その時思い出していれば、ずいぶん参考にできたかもしれません。


さてボストン・ポップス・オーケストラはボストン交響楽団でできています。
あ、言い方が変だな。
もともとはボストン交響楽団が夏にポピュラーコンサートを行うため、ボストン・ポップス・オーケストラと名前を変えてコンサートを開いているそうです。

足吹もスプリングコンサートは「足利市民・ポップス・吹奏楽団」で開催するというのはいかがでしょう?



今日のお弁当

DSCF1469.jpg




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://solocla.blog.fc2.com/tb.php/835-f3b9164f